2006年12月27日

集中力&やる気



驚きました。
感心しました。
教えられました。

少年部の子供たちにです。
道場を開設して、まだ2ヶ月しか経っていません。当然、年内に審査する予定などまったくありませんでした。
しかし、基本、移動、型、すべての技において、来年の春の審査まで待つ訳にはいかないほど、子供たちの上達が早かったのです。

最初は、二人か三人くらいは受けさせられる、と思っていたのが、四人、五人となり、最終的には七人も受けることになったのです。
しかも、その中には、二人も飛び級がいます。
飛び級とは、オール10点を取らなければいけないのです。

当館の名誉顧問である神波先生に審査を見ていただきましたが、神波先生自身が「私はまだ基本も覚えていないのに」と脱帽されていました。
ちなみに神波先生は体力作りのため、週一回ペースを目標に汗を流されており、ご自身が稽古されているがゆえの実感ある発言なのであります。

入門時に、
天井をボーッと見ていた子もいれば、
ニコニコ笑ってヨダレ垂らす子もいれば、
稽古中にペラペラ喋りだす子もいたのですが・・・、
あの子たちは、いったいどこに行ってしまったのでしょう。

もう、ボーッとなんか見たりしません。
もう、ヨダレなんか垂らしたりしません。
もう、ペラペラなんか喋ったりしません。

正直申しまして、
この子たちには手が焼けるぞ、
と思っていたものですから、ちょっと拍子抜けしました。
なにせ、
あまりにも急成長されてしまったものですから、
もう少し位は、手を焼かせてくれても良かったんだぞ。
なんて、贅沢な注文もしたいくらいです。

小生は、日頃から、
集中力が大切だ、とか、
やる気は自分で作るんだ、とか、
ほとんど口癖のように言っています。

その小生が、子供たちを見て、
おおぉ、
集中力を大切にしているよ。
やる気を自分で作ってるよ。
すごいなぁ。
と、他人事のように感心してしまいました。

いやはや、立派なものです。
人は、集中力とやる気を持って事にあたれば、短期間でも成長できるんだぞ、と教えられました。

少年部の子供たちよ。
先生、教えられちゃったよ。
ありがとうな。

小生、
集中力とやる気でもって来年も頑張るぞ。
と、決意したところです。

posted by 井上誠吾 at 13:29| 日記