2007年09月26日

この国の最高指導者

新しい最高指導者たちが決まりました。
さて、福田丸は国民をどこへ導いてくれるのでしょうか?

例え、新内閣が発足しても、
北朝鮮問題、特措法問題、日米&日中等々の外交問題、
国内に目を向ければ、横領・着服する公務員の不祥事問題、
経済格差、教育格差、地方格差、と問題は山積しております。

新内閣の布陣を見て、
ミスや失敗やボロを表に出さない“政治屋”が揃った。だから、画期的に変わることはない。
と、見ている人は多いのではないしょうか・・・。
果たして、それで良いのか?
まだ、ぶっ壊すだけぶっ壊して辞めてしまった小泉さんの方が、なぜだか、爽快さを感じてしまう。

以前にも書きましたが、
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困る。この始末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬ」
西郷隆盛にそう賞賛させたのは、山岡鉄舟であります。

鉄舟を評した西郷自身もまた私心を捨てた人でした。
説によれば、西郷は、敵側の山岡鉄舟の生き様に感銘し、それ以後、無欲を貫いたとも言われています。
二人だけではありませせん。
幕末の時代、私心を捨て、行動した英雄は数多くいます。
小生、彼らの生き様には圧倒されるばかりです。

その生き様を尊敬している吉田松陰然り、
その生き様に憧れている坂本竜馬・高杉晋作然り、
その生き様に共鳴している河井継之助・土方歳三然り、
皆、それぞれ敵味方であったり、置かれた立場が違うにも関わらず、私心を捨て、信念ある生き方を貫き通しています。

人として、見事、というしかない!

当然、あの時代も人の世です。
命にも名にも官位にも金にも、すべてに執着し、私利私欲に走る輩が大勢いたことでしょう。
しかし、時代を変えたのは、そんな輩ではない。
例え、敵同士でも“肝胆相照らす”度量を持ち、私心を捨て、英雄たちがぶつかり合ったからこそ、時代の変革がなされたのであります。

私心を捨てる。
果たして、新内閣の中に、そのような美学を持って国政にあたろうという、心意気のある人がいるのだろうか・・・。

国の最高指導者ならば、
少しは英雄たちの美学を見習って欲しいものです。
posted by 井上誠吾 at 10:04| 日記

2007年09月23日

医は仁術なり

昨日は、『医は仁術なり』を感じた素晴らしい日でした。

世界最細のカテーテルを開発された竹下医師を囲み、
そして、当道場の“現代の赤ひげ”宇田川医師も加わり、
一般道場生も多数参加しての稽古、そして、汗をかいた後は居酒屋での懇談会、と楽しいひと時を過ごせました。

宇田川さんからすると、竹下さんは雲の上のような存在の医師らしいのですが、竹下さんは、
「開発は以前から、メーカーに言ってきたことです。自分だけで開発したわけではありません」
と謙虚に話をされていました。
驕りのない、素晴らしい人柄です!

かたや、開業医・宇田川さんも立派です。
手間ひまがかかり利益が少ないので敬遠されがちな小児科に力を入れ、これまた手間ひまがかかる在宅訪問医療を行い、患者側に立った負担のかからない医療システム作りをし、地域に貢献されているのです。

職業に貴賤がある、とは思いませんが、
往々にして、医者という職業の地位は高く見られがちで、
それを自負している御仁たちが数多くいますが、
竹下さんと宇田川さんは、それら医師たちとは違う!

まさに『医は仁術なり』です。
仁とは、“おもいやり”です。
ご両人とも、それを実践しておられるところが素晴らしい!

お二人の活躍で、
これから、どれほどの人々の命が救われていく事でしょう。
そこには、職業の地位うんぬんではない、
正しく荘厳なる人の真価が存在しています。
小生、深い尊敬の念を抱かずにおられません。

お二人とも、時々、このブログを覗かれているので、
「やめて下さいよ」と照れて否定されることでしょうが、
小生の素直な思いを述べているだけです。

今の時代、
友達がメールで文句を言ったからと、友達を殺し、
妹が暴言を吐いたからといって、妹を殺し、
お父さんが嫌いだからと、父親を殺し、
“おもいやり”の欠片もない、すぐにキレてしまう子供たちが続出しています。

人の命を救う、お二人のような人もいれば、
人の命を奪う、キレる子供たちもいる。

小生、お二人の足元にも及びませんが、
せめて、キレる子供たちの相談相手にはなれる。
そう自負して、指導にあたりたいと思っております。

市井の名医に感動の押忍!
参加した一般道場生の人たちに感謝の押忍!

posted by 井上誠吾 at 14:24| 日記

2007年09月20日

大ニュース!

嬉しい大ニュースが届きました!

このブログにも何度か紹介してきたT医師が、
※注 かつて、小生のブログを『アプローチのまったく異なる2つのブログが完成しました。まるでひらめの刺身とムニエルとが並んでいるようで、脱帽です』と評していただいた、そのT医師が、です。

なんと、『世界最細の治療用カテーテルを開発した』とのニュースが昨日の夕刊で報じられていました!
もう、新聞報道されているくらいですから、匿名ではなく、名前を公表いたします。

小生が誇りたいそのT医師とは、
国立循環器病センター・心臓血管内科医長の竹下聡さんです。

実は、このニュースは、当道場の与那覇本部長より、
「夕刊に載っている極細のカテーテルを開発した竹下聡さんとは、あの竹下さんでしょうか?」
と電話があり、調べたところ、な、なんと、あの竹下さんだったのです!

小生、嬉しさの余り、少々興奮しつつ、早速、お祝いの電話を竹下さんに入れたところ、
「そうです。自分です。こんなに大きく報道されるとは思いませんでした。ブログに書いてくれますか」
と謙虚に仰る。
あれ?・・・いつもの竹下さんと違う、なんか、声のトーンも落ち着いているし、とツッ込もうとしたら、
「暗い世の中で、明るいニュースになれば嬉しいです」
と、超イカしたセリフを吐かれる。
「本当ですね。いや、実に素晴らしい。竹下さんの開発で、これから計り知れないほどの人々の命が救われるのです!」
小生、興奮も覚めやらぬままに電話を切りました。

まさに暗い世の中です。
閣僚が次々に不祥事を起こし、社保庁等の国家公務員から自治体の公務員までもが、横領・着服をする時代です。

しかし、世の中、捨てたものじゃない。
すべての公務員が悪い事をやっている訳ではありません。
市井の中で役立とうとする、立派な人が必ずいるものです!
国立循環器病センター・心臓血管内科医長、
その国家公務員の役職にある人こそ、
竹下さんその人なのです。

現在、単身赴任で、大阪の国立循環器病センターに勤めておられるのですが、
数年前に勤め始めた頃は──、
たった一人の部署で部下は誰もおらず、孤独な状況下で患者さんたちに接して来られたのです。
その努力の結果、最近では、数多くの部下を指揮する医長となり、さらに今回の画期的な大開発に至ったのであります。

その竹下さんが、帰京され、明後日の稽古に出たいと仰っています。大歓迎であります!
当道場には、開業医のUさんという現代の赤ひげのようなお医者さんもいらっしゃいます。
きっと、今度の土曜日は、人間味あふれる素敵なお医者さんたちを囲んで、みんなで楽しい時間が過ごせそうです。

ともあれ、大開発おめでとうございます!
嬉しさと驚きと誇りを込めて、押忍!

posted by 井上誠吾 at 15:35| 日記

2007年09月18日

自殺・ちょっと待った

以下、今日の新聞記事です。

『今年の7月、神戸市の高校生が飛び降り自殺した際、同級生から金を要求されていたことを示唆するメモが残されていたことが判明。兵庫県警は、17日、恐喝未遂の疑いで、同級生の少年を逮捕。少年は携帯メールで金を要求したことを認めており、複数の生徒によるいじめがあった疑いもあり、事情を調べている』

また、いじめによる自殺です。

死者に鞭打つつもりはありませんが、
いじめられたからって、簡単に死ぬなよ!
同級生からメールでお金を要求されたからって、死ぬなよ!
もちろん、金を要求した同級生は悪いさ。
しかし、死ぬ勇気があるのなら、
どうして、死ぬ気で、その同級生と闘わなかったんだ!
と憤りを感じます。

いとも、簡単に、
死を選ぶ子供たちが増えています。

以前にも『ちょっと待った』のタイトルで書きましたが、
小生は無宗教ですが、釈迦の宇宙観は信じています。
その釈迦の法話に、
「自殺したら黒縄地獄へ行き、熱い炎に焼かれ、鉄の刀が林立する地面につき落とされ、鉄の牙をもった犬にくわれ、その苦しみは千年も続く」
とあります。
自殺した人の『命』は、その苦しみに堪えていかなければならないのです。

今、自殺した高校生は後悔していることでしょう。
例え、死んでも罪業は消えず、その『命』は、生きていたころより、更なる苦しみと恐怖の中にある・・・!

可哀そうに・・・。
苦しいだろうけど、仕方ない。
そんな死に方を選んでしまったのだから・・・。

子供たちに訴えたい。
簡単に死んではいけない!
死んだあとの世界は必ずあり、
君の『命』は、そこで地獄の苦しみを味わうことになる!
それだけではない。
残されたお父さんやお母さんは、どうなる?
君が、そんな死に方をしたことで、
子供を死なせてしまった罪を背負い、
生き地獄のような日々を過ごすことになる!

いじめに負けない子、いじめをしない子を育てる。
小生の空手の指導は、そこに行きつきます。
少なくとも、小生に関わる子供たちには、そのような死の選択をさせないように全力を尽くす覚悟でおります。

それにしても・・・自殺する子供を止めなければ・・・!
大人たちが、社会が、政治が!

亡くなった高校生に、合掌!

posted by 井上誠吾 at 11:25| 日記

2007年09月14日

退き際

人間、退き際が大事です。
突然、安部総理が辞意を表明しましたが、
今、辞任してどうする? と首を傾げるばかりです。

「美しい国づくり」
小生、この言葉の持つ意味においては、大賛成でありました。
戦後レジームからの脱却・新しい価値観で愛国心教育を行う、も反論者は多いけれど、小生は大賛成です。
しかし、高邁な理想を掲げていながら、中途半端な教育再生会議然り、任命した大臣たちの不祥事然り、その人身掌握力に問題あり、と苦言を呈してきたのであります。

辞任することと責任を取ること、は同意ではありません。
よく「辞めて責任を取れ」と言われますが、
小生は、そうは思っていません。

一国の指導者たる者、退き際の美学が問われます。

その退き際を見事に行ったのは、
徳川最後の将軍・徳川慶喜その人であります。
慶喜に関しては賛否両論いろいろな評価がありますが、
世界情勢と開国論を論じ、徹底して非戦の立場を通し、“退くことの勇気”を持った人だと思っております。
もし、慶喜が最後の将軍として、
薩長土率いる西軍と徹底交戦していたら、
さらに多くの尊い血が流され、
維新は大きく後退していたことでしょう。

封建時代の権力者にあって、
慶喜という人は、世界に類を見ないほど、私的な立場に固執せず、退き際を極めた人だと思います。

幕末の時代、
将軍慶喜は勿論、佐幕派・倒幕派を問わず、
日本という国がどうあれば良いのか?
当時の指導者たちは命を賭して行動していました。

混沌たる平成の現代、
「美しい国づくり」を謳ったその足元で、
大臣たちが次々と不祥事を起こし、
社保庁や自治体の公僕が、横領・着服を繰り返している。

「美しい国づくり」は、そんな今の日本にこそ必要なのです!
薄っぺらい美辞麗句で終わって欲しくない。
安部さんは、例え胃に穴があこうが断行すべきなのです。
悲しいかな、命を賭けて行動するまでの深い信念がないから、辞任に至ったのでありましょう。

かつての日本は、
世界に誇る「美しい国」だったのです。
その精神は、名もない市井の人々の中に残っているはずです。
人の道(倫)が、今こそ、問われています。
為政者にも、そして選挙権を持つ我々にも!

posted by 井上誠吾 at 10:52| 日記

2007年09月10日

よくやった!

第一回飛翔試合が終わりました。
出場した選手の皆さん、保護者の皆さん、
お疲れ様でした!

人は頑張っている人を見て感動する。
特に、小生の場合はそれが強い傾向にあります。

勝ち負けではない。
懸命に頑張っている、その姿を見て素直に感動してしまう。
それぞれの子供たちが、
それぞれの思いを抱いて、
自分の力を精一杯に出し切ったと思います。

今回、我が子の頑張りぶりに泣いた親御さんが、
数多くいたのではないでしょうか。
それほど、誰一人欠けることなく、
全員がよく頑張りました。

試合に真っ向から挑む、
その姿勢こそが大切だと思っております。
全員、見事でした!

今回の試合を自分の“栄養”にして、
また大きく成長してくれるのだろうな、と確信しております。
実は、それこそが指導者としての、小生のこの上ない喜びなのであります。

子供たちに感動の押忍です!

※ 写真と共にイベントコーナーに試合結果を載せたいのですが、カメラが手元になく、もう少し時間を下さい。




posted by 井上誠吾 at 08:35| 日記

2007年09月08日

小さな闘士たち

明日、いよいよ試合です。

少年部の子供たちが試合に初出場します。
それぞれの小さな胸に、大きなやる気を抱いて、
道場で培ってきたすべてを、
思う存分に出し切ってくれることでしょう!

入門時に、落ち着きがなく、集中力もなかった子供たちが、
今や、堂々たる選手です。
小生、何が嬉しいかと言えば、
子供たちが良い方向へと成長してくれることほど、嬉しいものはありません。

勝っても、負けても、
どっちでもいい。
ただ、試合を体験する、
それだけでいい!
きっと、
その体験は、
子供たちにとって、
何らかの形で、
それぞれの“栄養”になっていくはずです。

がんばれ、小さな闘士たちよ!

押忍!

posted by 井上誠吾 at 10:09| 日記

2007年09月04日

怒ると叱るは違う

少年部の保護者の方から、嬉しいメールが届きました。
「先日、先生がうちの子供に、『お母さんにそんな口の利き方していいのか! お母さんじゃなくて、自分が出来る事は自分でやれ!』と注意して下さった事、とてもありがたく思います。今の時代、祖父母ですら、お互いの嫁や婿の顔色を窺い、孫にさえ注意が出来ないように思います。また時々叱ってやって下さい」
と有り難いほど深いご理解をいただいたメールでした。

“怒る”には、個人的な感情や私憤が込められており、
“叱る”には、相手への成長の願いが込められています。

さて、我が道場にはゲーム大好きのニート君がおります。
訂正します。ニート君といえば、本人が、
「僕はニートじゃありません。働く気はあるんです」
と前向きでやる気の反論をしてきますから、ニート君呼ばわりは御本人様が不快でしょう。
そこで、愛を込めて、「プチ・ニート君」と呼ばせて頂きます。

で、このプチ・ニート君、先週の土曜日、やってくれました。
小生が・・・、
一日がかりで、何度も何度も書き直し・・・、
やっと完成した血と涙の結晶・『押忍の精神』の掛け軸!
こともあろうか、これに寄りかかり、破っちゃったのです。

プチ・ニート君、破った瞬間。
「ヤバイ!」と遁走しかけたそうですが、
先輩たちに説得され、小生の前に自首してきました。

小生、無残に変わり果てた『押忍の精神』を見て、あ然!

しかし、小生、怒りません。
次男坊に皮肉を込めて「木鶏の話」を諌言されたこともあり、
ここは・・・涙を呑んで、木鶏になりました。
いえ、正確には、開いた口がふさがらなく固まった、というのが正しいでしょう。

小生、こんな時こそ“叱り時”だ、心に決め、
「少年部さえも壁に寄りかからず、姿勢よくしているのに、大人の君が、壁ではなく、よりによって掛け軸に寄りかかるとは何事だ」
と叱ってやりました。
すると、
「こんなところに掛けてあるのがよくないんです」
とユニークキャラのプチ・ニート君が反論。
これには、小生もプチ切れつつも、私憤を抑えて、
“自分のやったことを棚に上げ、責任転嫁することの卑怯さ”
を噛んで含んで話してやりました。
道場内では、プチニート君の先輩や同期の道場生の皆さんが、愛情あふれる眼差しで、彼を見守っていました。

強く叱られたから、もう道場には来ないかな、と心配しておりましたら、
プチ・ニート君、昨日、稽古に現われました。
さすが、ユニークキャラです。こちらの心配をよそにケロッとしたものであります。
ともあれ、道場へ来て、稽古を続けていくことが大切です。
稽古を繰り返すことで、やがて、きっと、小生は勿論、先輩や同期の道場生の皆さんの期待に応えて、大きく成長してくれることでしょう。

な、プチ・ニート君。
きみ、このブログ、ゲームに飽きた時に、時々、見ているんだろう?・・・そうゆーこと、がんばれ。

最後に、冒頭の保護者の方への小生の返信文を載せたいと思います。
「そういえば、隣近所のコワイ叔父さんや叔母さんもいなくなりましたね。小生が“叱る”役目にまわり、子供たちを見つめていきたいと思っております」

小生、これからも叱り続けさせて頂きます。押忍!
posted by 井上誠吾 at 12:00| 日記