2007年11月16日

ご挨拶

ご心配をおかけしております。
このところ、ブログの書き込みをしておらず、いろいろな方
から、ご心配のメールや電話や声をかけていただきました。
皆様のお気遣いには、心より感謝を致しております。

何かと雑事に追われて、書く時間が・・・、
と言い訳したいところですが──、
自分に嘘はつけません。

正直に申し上げます。
「空手を通しての人づくりこそが使命」
との信念の元、ブログを書いてきた小生でありますが、
その大切な「人づくり」を自負するゆえに、小生の中で自己
葛藤に陥る出来事がありました。

そのような状態で皆さんへ向け、
薄っぺらい文章などを書いてはいけない、
気持ちがこもっていないと自己欺瞞になってしまう、
との思いから、断筆を致しました。

何の出来事があったのかをここで書く事はご容赦下さい。
ただ、何人もの方が、ご心配されておられますので、事件や
事故があったわけではないことだけは明言しておきます。

断筆の間。
「人づくり」をやるからには、「己れの徳づくり」に励むべ
きだ、と深く反省し、戒めて参りました。
浅い“才や知恵”ではなく、深い“徳”なんだ、と・・・!

時は薬なり、とでも申しましょうか、
やっと、最近、気持ちの整理がつきました。
人は、概して、ボタンの掛け違いや意見の相違があるものなのだから、自分自身が、常に真摯でいよう。
そして、自分に関わるすべての人に「至誠を尽くす」との思
いを益々強く持とう、と決意いたしました。

ありがたいことに、このブログを楽しみに見ていただいてい
る方が沢山おられ、大いに励まされました。
いろいろと、ご心配をおかけしましたが、
「空手を通しての武道教育」においては、その信念の揺ぎな
ど、全くございませんので、どうか、ご安心下さい。

折しも、昨年の11月初旬に道場開設し、一周年となりました。
いつまでも自己葛藤している場合ではありません。
今回の経験を、天の試練として、
一人ひとりを大切にしていきたい!
それぞれの個性を尊重し、活かしていきたい!
と、再認識し、奮闘努力をいたします。

精進あるのみです。押忍!
posted by 井上誠吾 at 10:13| 日記