2007年11月28日

日本人の美徳 そしてお詫び

先ずは、お詫びから。
パソコンのメールが開けない状態です。
どこをどうしてしまったのやら?
なんだか、触っているうちにメールの場所へ行けなくなって
しまったのです。
小生にとって、パソコンは未来から来た不思議な機械です。
毎日、おっかなびっくりで触っています。
使いこなしていません。使われっぱなしです。

というわけで、メールを送った方には申し訳ありませんが、
返信したくても、できないのです。
どうか、ご理解を!
また、やっちまったな、と笑ってやって下さい。



閑話休題。
日本人の美徳、です。

またしても嫌な事件ばかりが続いています。
省庁の汚職、自治体の失態、食品会社の偽装、そして、全国各地で起こる悲惨な殺人事件・・・!

なぜ、こうも次から次へと起こってしまうのか・・・。
弱者に対する情がどんどんなくなっていく。
そして、純粋さも、潔さも・・・!

自分が、どんな最悪な環境に置かれていようが、
弱者に対する「情」や「純粋」や「潔さ」が内在していれば、
あのような事件は続発しないのではないでしょうか・・・。

以前にも、ブログに書きましたが、
日本にやってきたヨーロッパの宣教師F・ザビエルは、
「日本人ほどに優秀な者はない。彼らは親しみやすく、善良で悪意がない。武士や平民を問わず、貧乏を恥だと思わず、徳が高く、理性的な民族だ」
と、自国へ報告をしています。

また、幕末にやってきたロシアの宣教師ニコライも、
「武士から町人に至るまで、礼儀正しく、弱いものを助ける美しい心を持ち、忠義と孝行を尊び、これほど精神の美しさを持った民族は見たことがない」
と、書き残しています。

これが、本来の日本人なのではないでしょうか。

武道には、間違いなく、その美徳が内在しています。
要は、それを自分のものにできるか、できないか、です。

小生、胆に銘じて、精進せねばと思っております。

パソコンも然りですよ、とかの御仁の声が届きそうです。
ハイ。自分のものにできるか、できないか、ですね。
これまた精進あるのみです。押忍!

posted by 井上誠吾 at 10:51| 日記