2008年01月26日

地域の情・社会の情・国家の情

昔は、「向こう三軒両隣り」で近所同士が親しく交流をしていました。
「味噌貸して」とか「醤油貸して」とか「赤飯炊いたから、どうぞ」とか、物の貸し借りから、おかずの交換まで・・・。小生が子供の頃、ごく普通の光景でした。

そして、近所には恐いオジさんや口うるさいオバさんがいて、我が子だろうが、人様の子だろうが、子供たちが悪さをすれば叱り、良いことをすれば褒め、厳しくもあたたかい眼差しで見守ってくれていました。

今は、隣りは何をする人ぞ。
個人のプライバシーを重視するあまり、地域の中での人間関係が希薄になり、それと共に情さえも薄れてしまった。
地域で薄れた情は、社会へ、国家へと蔓延しています。

いつしか、日本人の間には、拝金主義や市場原理主義がまかり通り、損得勘定で人との関係を計り、自分に不利益となれば切り捨てる。
情などにはまったく価値を置かなくなってしまった。
年金、福祉、介護、地域格差、経済格差、どれをとっても、情の欠片もない政策ばかりが目に付き、弱い立場の人々を益々苦しめています。

情けない──まさに“情け”がない、時代です。

為政者が情を見失い、上からの権威だけで事を成そうとすると、人心は乱れ、国は疲弊していく。
歴史がそれを物語っています。
優れた指導者や政治家たちは、情の機微というものを見事に把握しており、それに則って、物事を推し進め、民を富ますことを心がけていました。

時には、情けが命取りになる事もあったかもしれません。
時には、非情に対処しなければならない事もあったでしょう。
されど、すぐれた指導者たちは、根本において情を捨て去るようなことはしなかった。

「情けは人のためならず」
情こそ、もっとも日本人らしいものだと思います。
まずは、家族の中に情があり、そこから地域の情へと広がり、さらに社会の情へと広がり、さらにまた国家の情へと広がり、やがて、国民一人一人の幸せとなって巡り還ってくる。

日本人の遺伝子に、情は深く刻まれている筈です。
その情がふつふつと溢れ、善の連鎖となって広がっていけば、世界に冠たる、それこそ“美しい国づくり”に繋がっていくのではないでしょうか。

情とは、なさけ、人へのおもいやりです。
誠真会館では「仁とは、人へのおもいやり」と捉えて、道場の精神支柱にしております。
稽古を重ね、級や段が上がり、強くなればなるほど、弱者に対しての“おもいやり”が身につかなければなりません。

空手の修行は「その為にこそある」といっても過言ではありません。
道場で培う情、こそが大切です。
その小さな情が、地域の人々へと伝わり、そして社会の情へ、さらに国家の情へと、善の連鎖をしていって欲しい、と願っております。

押忍!


posted by 井上誠吾 at 10:16| 日記