2008年03月27日

生きることを楽しむ

小生が子供の頃、
「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだぁ〜」
と歌って踊って、会社内をどデカイ声で闊歩して、スイスイスーダラダッタ、と出世していく映画があった。

植木等主演の「無責任シリーズ」のサラリーマン映画です。

映画好きの父に連れられて観たものの、
「なんだか、いいかげんなオッさんだなぁ」
と子供ながらに思いつつ、しかし、見終わったあとは、
なんとなく爽快な気分になっていた覚えがあります。

さて、悲しい出来事が・・・、
小学6年生の男子児童が、゜
「死んでおわびします」と遺書を残して、
自宅マンションから、飛び降り自殺をしました。

なにを「おわび」したかったのか──、
どうやら、死ぬ数時間前に行われた卒業式の際、
門出の言葉で、
「大好きな学校」を「大嫌いな学校」
と言い換えたらしいのです。

親からも学校からも注意をされた男子児童は、
帰宅し、短い遺書をしたためると、自ら尊い命を絶ちました。

小生、男子児童に同情などしません。
むしろ、どうして、そう簡単に死を選んでしまうんだ!
と言いようのない怒りさえ感じています。

君は、死んで、何が言いたかったんだ?
注意をした親や学校の先生に対して、「おわび」をしたつもりなのか? そんな死に方をされて、親や先生が喜ぶとでも思っているのか? 、

小生は、何度も『自殺・ちょっと待った』等のタイトルで、
「自殺した人の“命”は“黒縄地獄”という、この世では考えられないほどの苦しみに堪えていかなければならない」
と、釈迦の宇宙観をブログに書いてきました。
小生は無宗教ですが、
残されたお父さんやお母さんの気持ちを考えると、
残念ながら・・・この男子児童の“魂”は、ご両親の苦悩の分だけ、苦しみ続けることになるでしょう。

可哀そうに・・・君は、そのような死を選んでしまったのだから、仕方ない・・・。
出来るものなら、早く深い反省をして、また両親の元に生まれ変わってきて、やり直して欲しいものです。

「大嫌いな学校」・・・か、
植木等の『無責任サラリーマン』に言わせれば、
「大嫌いな学校、けっこう! 大嫌いな会社、けっこう!」
と、クヨクヨしないで、笑い飛ばすことでしょう。

それでいいんだと思う。
釈迦曰く、
「人は、生きることを楽しむために生まれてきた」


合掌。



posted by 井上誠吾 at 10:11| 日記

2008年03月18日

総理・庶民 そして生き方(3/16のブログを再掲載)


テレビで「困ってます」を福田総理が連発していました。

日本・・・大丈夫かぁ?
年金、防衛、格差、食品、道路、環境等々・・・、
挙げればキリがないほど問題は山積しています。

うーん。困っているのは、庶民なんだよね。

世知辛い世の中で、
仕事に追われ、時間に追われ、家事に追われ、情報に追われ、息つく暇もなく、毎日、何かしらに追いまくられ、
それでも、周りの人を大切にして、正直に、頑張って生きていこうとしている。

来る日も来る日も、いつも何かに困りながらも、
人を大切に、正直に、頑張って生きようとしているのは、
美しく強いことなんだ、と思う。

「困る」ことにおいて、
総理大臣も庶民も、その差は同じだ。
単なる置かれた立場の差だけであり、「困る」ことになんら変わりはない。
国のトップに君臨しながら、なす術もなく生きるのと、
平凡だけど周りの人を大切に、正直に、頑張って生きるのと、
どちらが、人間らしいのか?

出来るものなら、
人を傷つけないで生きていきたい。
人のためになるように生きていきたい。
庶民の多くは、そう願いながら生きている。

しかし、世の中、そうでない人がなんと多いことか・・・。
組織の長でありながら、自己の保身のために平気で人を傷つけてしまう輩がのうのうと生きている。

おそらく、彼らは、体験が足りないのだろう。
泥の中を這い回るような、深い苦しみや悲しみ、そんな体験を経てきた人は、自己の保身のために人を傷つけたりはしない。
先ずは、自分が悪いんだ、と自戒する。

福田さん、あなたも「困っている」かもしれない。
しかし、
年金を貰えず困っている人々もいれば、
イージス艦事故で困っている人々もいれば、
教育・賃金・地方などの格差で困っている人々もいれば、
挙げればキリがないほど、山積した問題の裾野には、困った人々が存在しているんだ。

「困っている」場合ではなく、
「困っている」人々を幸福にするのが、
総理大臣の役目ではないのですか?

ふと思う・・・、
生きていく中には、困ることや嫌なことが沢山あるけれど、
その数の分だけ、楽しいことも沢山ある、と信じて、
人を傷つけたり、憎んだり、妬んだりすることなく、
周りの人々を大切に生きていきたい、と・・・。

そして、
きっと、それが幸せな生き方なんだ・・・と!





さて、
タイトルの(3/16のブログ再掲載)の理由ですが・・・、
また、消してしまったのです!
3/16(日)に、同じタイトルの文章を二つも掲載してしまい、今日になって気がついて、その一つだけ消そうとしたら、なんと、二つとも、見事に消えてしまったのです。

下の下・「また、やってしまった!」のブログから読んでいただければ、小生のドタバタ騒動が、少しはお判りいただけるかと存じます。

笑って下さい。押忍・・・。
posted by 井上誠吾 at 10:12| 日記

まじっ!

消えてしまいました。

Wバーガー・・・残したと思ったら、
消えてしまいました。
つまり、二つとも残します、と報告した、その舌の根も乾かないうちに、
「総理・庶民 そして生き方」
が、消えてしまったのです。

たく、消そうとしたら、消えないし、
残そうと報告したら、消えてくれるし、
このパソコン・・・、
小生をそんなにいじめて何が楽しいのやら。


ここから読み始めた人は、
なに、ボケまくってんだ?
と思われることかと存じます。

か、か、・・・書いていたんです。
W、じゃなく、総理・庶民 そして生き方、のブログを・・・!
それが二重箱に、いや二段階に、いやWバーガーに、
あ、いえ、その・・・もう、何が何やら判りましぇん。
なんで、消えてしまったのか、説明のしようもありません。
いや、しようはあるのでしょうけど、
小生にその能力がないのです。

しかし、大丈夫です。
いつも、このようなことを繰り返しているので、文章は必ず、下書きに残すことにしているのです。
今、見ましたら、残していました。

それでは、
上に「総理・庶民 そして生き方」を、
気分も新たに載せたいと思います。

失礼しました!

posted by 井上誠吾 at 10:04| 日記

また、やってしまった!

先日、書いた「総理・庶民 そして生き方」が・・・、
ふ、ふ、二つもある!

なんで?
いつ? どこで? 誰が? 何を? なぜ? どのように?

わかりましぇん。
いろいろ操作しているけど、何だか無茶苦茶、大混乱!

クドク、ナガク、シツコク、
だけはしないように心掛けできたのに、
「総理・庶民 そして生き方」の文章が二つも載ったまま。
二重箱というか、二段階というか、Wバーガーというか──、

いわねーよ、んなこと。
と、道場生のプチニート君に笑われそう。

ところで、脱線ついでに──、
このプチニート君、なかなかの“つわもの”なんです。
先日、彼のケータイに、以下のメールを丁寧に送りました。
「いじめられっこの高校生が、体験入門したい、と電話をしてきました。ぜひとも、君が頑張っているところを、その高校生に見せて、元気づけて欲しいと思っていますので、道場に来て下さい。では、待っております」

すると・・・、

「まじっ!」
と、ひと言だけの返信。

プチニート君、最強です。

ん?
なんの話でしたっけ?
55才も過ぎてくると、話してる最中から言いたいことを忘れてしまいますから・・・、

それでは、今日はこの辺で、さようなら。








あッ、思い出した!
なにが、さようなら、だ。
説明しなきゃ。
「総理・庶民 そして生き方」が二つも載ったまま。
二重箱です、二段階です、Wバーガーです!

いわねーよ、んなこと。
と、道場生のプチニート君に笑われそう。

ん?
なんだか、デジャブ。
とっても、デジャブ。
しかも、クドク、ナガク、シツコクなりそうな、デジャブ。
プチニート君に笑われそう、
「まじ、クドいし」


反省・・・!

とりあえず、Wバーガー。
消えましぇん。消えてくれましぇん。
仕方ありましぇん。
すんましぇん。このまま、Wバーガー残します。

パソコン幼稚園クンより、愛を込めて、
おチュ!

posted by 井上誠吾 at 09:35| 日記

2008年03月07日

都心支部が始動!

前回、新宿支部の契約解除の報告をいたしましたが・・・、

稽古のほうは予定通り、3月5日より、
五反田駅から徒歩5分の品川総合体育館にて、
稽古を始めることが出来ました。

JACの研究生や各芸能事務所に所属する俳優の卵たちが、アルバイト等の時間を調整してまで稽古に参加しようとしていただけに、ほっと胸をなでおろしました。

さらに、
ジャーナリストやモデルの方々からも、
「空手を習いたい」
との参加希望の声が届いております。
皆さん方の有り難く、熱い情熱に支えられ、なんとか軌道に乗りそうな予感がしております。

気分も一新!
仮称ではありますが「都心支部」と称して、
品川総合体育館を中心にして活動を広めて行きたいと思っております。

あくまでも正式な支部としての発足ではありませんが、
近い将来、都心のどこかに支部を開設することを目標に置き、前述の皆さん方と共に汗を流しております。

参加を希望される方は、先ずは電話にて申し込みください。





posted by 井上誠吾 at 10:09| 日記

2008年03月02日

新宿支部について・お詫び

恥ずかしながら、ご報告いたします。

一昨日まで、新宿支部の開設へ向け準備をしてきて、
お陰様で、体験入門には、5件の申し込みがあったのですが、
断腸の思いで、2月29日の体験入門会を中止させていただきました。
そして、スポーツ会館の理事長様・専務様・部長様方と、
胆を割って話し合いを行った結果、契約解除に至りました。

理由は──、
残念なことにJACの契約が4月で切れ、それ以降の契約が継続不可能にあることです。

誠真会館とスポーツ会館の契約は、
あくまでもJACとスポーツ会館の契約が継続される場合にのみ有効であり、JACとの契約が継続されない限り、
誠真会館との契約も履行されない、のであります。

これまで、スポーツ会館様からは、
新宿支部の開設にあたり、チラシを配っていただいたり、
館内においての道場生の勧誘宣伝をしていただいたり、
と全面的に、それこそ、至り尽くせりの協力をしていただいて参りました。

さらに有り難いことに、JACとの契約とは別途に、
スポーツ会館様から、誠真会館との新たな契約話の提案も頂戴いたしました。

しかし、JACが契約を継続しない限り、
道義的に誠真会館の再契約もありえない旨をお伝えし、
断腸の思いで、丁重にお断りをさせていただきました。

スポーツ会館様には、心から感謝し、同時に、様々なご好意にお応えする術もなかった事を申し訳なく思い、ただただ、深くお礼を申し上げるばかりであります。

すでに新宿支部には、
新道場生としてJACの研究生や各芸能事務所に所属している俳優・タレントの卵たちがいたのですが、それも一旦、中止とし、あらたに再出発すべく動いております。
しかし──、
彼らのほとんどが、新宿支部の稽古時間に合わせ、アルバイトの調整をして空手に取り組もうとしていただけに、このまま閉鎖するわけにもいかず、予定通りに稽古を実行しなければなりません。

新宿支部の開設は、一旦、白紙に戻しますが、
“都心支部”とでも申しましょうか、都心のどこかの施設を借りて、予定通りに稽古は行うつもりでおります。
詳しくは、後日、ご報告を申し上げますので、体験入門を希望されていた方々は、もし、よろしければ、ご連絡下さい。

今回、新宿支部開設のチラシ制作にあたり、
道場生の皆さんや保護者の皆さんにご協力をいただいたのにも関わらず、このような結果になり、心底から申し訳なく思っております。
また、電話やメールにて入門希望をされた方々にも、あらためて、この場にて、お詫びを申し上げさせていただきます。

ご迷惑をおかけしました。押忍!
そして、
新たな出発へ向け、よろしくお願い致します。押忍!
posted by 井上誠吾 at 13:48| 日記