2008年04月25日

聖火

ついに聖火が日本に到着しました。
日本でも、物々しい警備態勢を敷いて、聖火リレーがおこなわれるのでしょうか・・・。

思い出されます。
小生が小学6年生の時です。
東京オリンピックの聖火が日本全国を回る、ということで、
聖火ランナーの応援に沿道へ駆けつけ、心を躍らせながら、手をふって見送ったことを・・・。

そして、小学校の授業では、担任の女の先生が、オリンピックの創立者であるクーベルタンの言葉を引用しながら、
「オリンピックは参加することに意義があるらしいの、勝ち負けじゃなく、参加することが大切って、いいよね」
と教えて貰いました。
女の先生の人柄もあり、「勝ち負けじゃない」という、その言葉は、物忘れの多い小生ですが、この年になってもハッキリと覚えております。

東京オリンピックは、
自国・ホームでの大会ということもあり、数多くの金・銀・銅のメダルラッシュとなりました。
東洋の魔女と呼ばれた女子バレーボール、男子体操、そして、マラソンで感動の銅メダルを獲得した円谷幸吉!
小生、円谷選手には本当に感動しました。

しかし、その後、
円谷選手は、メダルの重圧、組織の重圧、日本国民がかける期待の重圧・・・様々な重圧に耐え切れずに、自ら命を絶ってしまいました。
日本中がショックを受けた事件でした。

あれから、40有余年。
今、聖火が別の意味の注目をあびて、北京へと繋ぐべく日本の地を走ります。
第一走者に選ばれた星野監督は、
「警備は必要ない、五輪、スポーツを愛する人と走りたい」
と会見したらしい。
まさに、その通りです。
平和の象徴であるオリンピックは、
政治や企業はもちろん、民族や宗教や思想にも利用されてはいけない。
真なる聖域でなければなりません。
選手たちは、純粋に競技に参加してくるのだから・・・!

人が動き、組織が動き、国が動くと、何らかの軋轢を生むのは、なぜなのか?
答えは、間違いなく、裏に利権が絡んでいるからです。

少なくとも、武道・武士道では、
利権で動く事を、
“恥ずべき行為”としております。
さらに、人を陥れたり、懲らしめたり、苦しめたりする事も、
“恥ずべき行為”として戒めております。

聖火が届いた今こそ、警備においても応援においても、日本人は世界に毅然とした態度を示すべきです。

人として、良心の命ずるところ、恥かしくない行為を!





posted by 井上誠吾 at 09:39| 日記

2008年04月19日

武道・武士道に生きる人はカッコイイ!

小生がいうところの、カッコイイとは、
「生きざまが美しくて強い」
ということであります。

武士道といっても、
鎌倉時代や戦国時代の武士道があり、
山鹿素行や山本常朝が著した江戸時代の武士道があり、
新渡戸稲造や山岡鉄舟が著した明治時代の武士道があり、
それぞれの時代に、様々の人物たちが武士道に関する書物を残しており、ひとくちに語るのは至難の業です。

そこで、ここでは現代社会に適応しうる武士道として、
小生が感服している文章なり言葉なりを、小生なりの現代語解釈と手法で書き進めたいと思います。

総じて、武士道では、
「不正、狡猾、卑劣、な行為は恥ずべき事と蔑み、義をみれば、死をも恐れず、勇を遂行すること」
としております。
義、とは──打算や損得のない、人としての正しいすじ道、
であります。

さらに、日本武道教範の中にある、以下の訓戒は、武道・武士道の精神の真髄を表しております。

『嘘や偽りを言わずに、自分勝手なことをしないで、
外見ではなく、素直なこころで、礼儀作法を正しく行い、
偉い人に媚びへつらわず、貧しい人を馬鹿にせず、
金持ちだからといって誇らず、貧しい人を見捨てず、
人を非難せず、自分ばかりを主張せず、
陰口を言ったり、傷つけたりしてはいけない』

簡単な文章ですが、
現代人が失いつつある、人の倫(みち)を的確に、そして見事に教え諭しています。

「人として生を受けたからには、けっして、威張らず、昂ぶらず、冷静に善と悪、真と偽、を見極めて、私利私欲に走らず、公のために尽くし、義のために勇を遂行する」
公、とは──社会や世間のこと、正しいすじ道のためには、勇気を持って行動しなさい、というのです。
生きるとは、かくあるべきだ、との厳しい精神を内在した道徳律であることがひしひしと伝わってきます。

まとめとして、もっとやさしく現代的に意訳するなら、
「人にやさしくあれ」「正直であれ」「約束を守れ」「弱いものをいじめるな」「卑怯なことはするな」「人に迷惑をかけるな」
そして、「勇気をもって生きろ」というのです。
なんのことはない。どれもが、親が子供を育てる際の言葉であります。

このような簡単な道徳律を、今の政治家や官僚たちが実践をしたら、政治不信など生まれはしないでしょう。
ましてや、お年寄りをいじめるような医療制度なんか、考え出したりはしない筈です。
彼らの中で、一人でもいい、権謀渦巻く泥沼の政局で、このごく簡単な道徳律を頑固に貫いてくれたなら、
どれほど、カッコイイことか!

小生が見ていて・・・一人、そんな政治家がいます。
宮崎県の東国原知事です。
今のあの方を見ていると、小生なりにですが、「サムライ」を感じます。

どのみち、国政を担う政治家や官僚たちには期待はできません。
ならば、庶民の一人ひとりが、
「美しく強い精神」を根本に生きればよい、
と、小生は念願するばかりです。
個々の「美しく強い精神」は、
庶民の間で広がり、次世代の子供たちへと受け継がれ、
やがては、その子供たちが大人になり、各分野で活躍するようなリーダーとなって成長していく。
その時、日本は、
世界に誇れる“美しい国”に大変貌していることでしょう。

小生が、道場で子供たちと向き合っているのは、
「この事のためにある」
といっても過言ではありません。
できるものなら、少しだけ長生きをして、生きている間に、自分に関わった子供たちが大成長した姿を見届けてから、死にたいものです。

武道・武士道は、
人生を美しく強く生きるための“活きた哲学”です。

日本には、そんなカッコイイ生き方を示した文化遺産が歴然とあるのです。

人は、みんな、死に向かって生きています。
どうせ、死ぬ、この身ならば、
カッコイイ生き方、を貫き通してから死ぬ!
小生、そう肝に銘じております。



やはり、ナガク、クドク、シツコクなりました。
このテーマでは、まだ多くのことを書きたいのですが、今日はこの辺で終わりたいと思います。
最後まで、読んでいただき、ありがどうございました。
押忍!



posted by 井上誠吾 at 10:33| 日記

2008年04月12日

いじめ・後期高齢者医療制度

「あれは、社会的いじめ、だよ」
先日、小生の大先輩にあたる脚本家が、ふと洩らされました。

あれとは、後期高齢者医療制度、のことです。

大先輩は、現在、一人暮らし。
何度も大病を患い、入退院を繰り返し、現在は持ち前の気力で健康を取り戻されておるだけで、いつ再発してもおかしくない状況にあり、これから先の医療費負担を考えると、不安でたまらないのであります。

「俺なんか、まだいい方だよ」
と、その大先輩が心配そうな顔でぽつり。
どうやら、知り合いのご夫婦が、僅かな年金だけで暮らしており、ご夫婦とも病気がちで、働き場所がないらしい。
しかし、例え収入がなくても、今回の医療制度では、僅かな年金からでも徴収されるので、「彼らの生活はますます困窮するだろう」と心配されているのです。

これらは氷山の一角の話です。
全国では膨大な数の老人たちが苦しむことになるでしょう。

老人をそのような心境に追いやる、
なんという制度を考え出す国なんでしょう、この国は!

天下り先を数年ごとに転々と渡り歩き、そのたびに莫大な退職金を貰っている輩がいると思えば、何百億、何千億単位の金を無駄な公共事業に湯水のごとく使っている輩もいる。
もう、この国は狂っているとしか言いようがありません!

江戸時代初期、山鹿素行という兵学者がいました。
「武士は、耕さず、造らず、商売せず、の境遇にある。何の職分もなく徒食するのではなく、民の見本でなくてはならない。日常身つつしみ、心清く、恥を知り、国の安泰を保ち、民の平安を守るべし。地に足をつけ、確かな希望を民に感じさせてこそ、武士の尊厳は保たれる」
と説いた人物です。

武士が特権階級であるがゆえに、道徳律として人の倫(みち)が必要だとされたのであります。
人道を無視した“不正”“狡猾”“卑劣”な行為は恥ずべき事なのだ、と蔑みました。

山鹿素行のいう武士とは、戦国武士とは違います。
軍人から役人へと変貌した、泰平の時代の行政官です。
つまり、今で言う政治家や官僚のことであります。

さて、後期高齢者医療制度。
“後期”は失礼だから、“長寿”医療制度に変えるって?
政治家や官僚どもの、この空恐ろしい人に対する鈍感さには怒りが込み上げてきます。
小生、以下のような荒い言葉は嫌いで使いたくないのですが・・・、
てめーら、なめてんのか!
お年寄りをなめんじゃねーぞ、コラ〜ッ!

いじめ、はよくありません。
ましてや、自分たちを育て、見守ってくれた老人たちを追い込むような社会的いじめは・・・!

次回は、この続きとして、
「武道・武士道に生きる人はカッコいい!」をテーマに書きます。
また、ナガク、クドク、シツコクなりそうなので、
なるべく、ミジカク、タノシク、ワカリヤスク、を心がけながら書きたいと思います。
押忍!




posted by 井上誠吾 at 10:54| 日記

2008年04月04日

清瀬支部道場の開設!



東京都清瀬市に新道場を開設いたします。
西武池袋線清瀬駅から徒歩3分の場所です。

杉並区西荻窪に道場の居を構える前、
清瀬に道場を開くべく、何度となく足を運びましたが、
気に入った物件が見つからずに断念!

しかし、今回は駅からも近く、良い物件が見つかりました。
広さも本部道場の3倍近くはあります。
誠真会館の道場生の皆さんなら、どなたでも通うことが出来ますので、遠慮なく立ち寄って汗を流して下さい。

但し、突然、無断で訪ねて来られると対応に困りますので、
行く前には、各道場の指導員に「行く旨」を伝えてからにして下さい。そうすれば、指導員の間で連絡を取り合い、丁寧に出迎えることができますので、よろしくお願いします。





さて、相も変わらず、不快な“出来事”が続いております。

少年の自殺、少年による殺人、母親による子供殺し、
さらにガソリン税、国交省の埋蔵金、後期高齢者医療制度、
他にも、挙げればキリがないほどブログで物申したいことが山ほどあるのですが、このところ何かと慌しく、書けずにムズムズしておるところでございます。

その中から、一つ。
小生の身近な方々が困っておられる事を、次回のテーマとして書かせていただこうと思っております。
そのタイトルは、
「いじめ・後期高齢者医療制度」
です。

では次回にて、押忍!



posted by 井上誠吾 at 10:17| 日記