2008年05月25日

祭りの演武&交流試合

昨日の24日(土)は西荻窪の祭りで空手の演武!
そして、今日の25(日)は吉澤俊一君が交流試合に参加!

吉澤君は、昨日、祭りで四人掛けの迫力ある演武を披露したかと思ったら、今日は試合と、連日の大活躍であります。

先ずは、西荻窪の祭り。
朝から雨が心配されましたが、天は我々に味方をしました。
演武開始前、今にも降りそうだったのですが、少年部の気合が雲を打ち払ったかのように、30分の演武の間、なんとか持ちこたえ、終わったあとに雨が降り出しました。

親子で参加し、親子スパーリングを披露した粉川パパ曰く、
「僕たち親子は晴れ男なんです。必ず晴れると信じてました」
との事。
そうか、粉川パパと息子・耀君の“晴れ男親子”のお陰だったのか・・・それを信じて、お二人に感謝!

演武には、今回、初めて参加した子供たちも沢山いたのですが、全員が気合いも大きく、稽古をしてきた成果を充分に発揮してくれました。
昨年に続き、二回目の参加となる子供たちは、ある種の風格さえ感じさせるほどに成長し、演武を進行しつつ、内心、ひそかに感動をしておりました。
参加した少年部&一般部の皆さん、そして、見守り、手伝っていただいた保護者の皆さん、無事に終了しました。お疲れ様でした! そして、ありがとうございました!

さて、今日の試合です。
入門して、来月で一年になる吉澤君。まだ新人もいいところですが、気合いも気力も申し分のない頑張り屋です。
今回の試合は、親しくさせていただいている先生から、つい先日、急遽、「交流試合があるのですが」と声をかけられ、誠真会館より、たった一人の飛び入り的な参加と相成りました。

そして──、
決勝戦まで進出して、迎えた対戦相手は、なんと!
八年ほど前まで、かって小生が教えていた道場生のSさんだったのであります。
仕事にも空手にも何事にも真面目に取り組むSさんとは、
例え、今は道場は違っていても、互いに心が通じ合う仲です。

今の教え子VS昔の教え子、の決勝戦!
正直申しまして、複雑な心境でありました。
実は、Sさん、試合前に、小生に小声で、
「10日前、練習で親指の骨を折ったんです。自信ありません」と洩らしていたのです。
失礼だが、今やSさんも少々ロートル、しかも骨折中、吉澤君の若さと勢いで押し切れば勝つのでは、と思いました。

開始、と同時に相手の動きをよく見て、頑張る吉澤君!
しかし、次の瞬間、下突きで腹を効かされてしまい、残念!
完膚なきまでに、一本負けを喫してしまいました。

それにしても、Sさん、骨折の身で優勝とは素晴らしい!
そして、吉澤君も大、否・・・小、否・・・中健闘でした!

昨日、今日と、連日で参加&応援をしていただいた山内さん、小宮さん、このみさん、そして広田君、お疲れ様でした!
感謝です。ありがとうございました!

演武と試合の模様は、イベント欄に載せますが、写真や管理人の関係上、もう暫く、お待ち下さい。
posted by 井上誠吾 at 19:12| 日記