2008年07月29日

負の連鎖・善の連鎖

先日、八王子の書店で、また無差別殺傷事件が発生し、
そして、昨日は平塚で、女が刃物で7人に切りつけました。

事件は、秋葉原の無差別殺傷事件と似たような構図があり、
模倣という「負の連鎖」が続いております。

昨日の事件は、被害者が軽傷だったことが幸いですが、
何の関係もない無防備な人を襲うことは許しがたいものがあります。
仕事がうまくいかず、親を恨み、社会を恨み、
そして、不満や欲求の吐け口として、何の罪も、縁もない、無防備な人を次々と狙う。
八王子の被害者は、
これから社会へ羽ばたこうとする女子大生、
一瞬にして、殺され、将来への夢も希望もすべてが閉ざされてしまった!。

犯人たちよ、
おまえさんに、いったい、なんの権利があるというんだ?
自分が辛い思い、苦しい思い、そして酷い待遇を受けてきたから、他人を傷つけても構わない、とでも思っているのか!

何も、おまえさんたちだけが、
辛い目、苦しい目、酷い目、に遭っているわけではない!
弱い自分を省みず、親のせい、社会のせいへと責任を転嫁するな!
逃げてばかりで、甘ったれるんじゃない!

今の時代、このような卑劣で卑怯な人間を生まないような、
「社会つくり」が必要不可欠です。

大ホラ吹き、と笑われるかも知れませんが、
誠真会館を創立した目的は、そこにあります。
「武道を通して、強くなった分だけ、弱者にやさしくなれる」
強くやさしい日本人、になることを共に志向する!

このような事件が起こるたびに、
誠真会館で稽古に励む人々が、強くやさしい道場生となり、
そこから、身近な人々へ「善の連鎖」となって広がっていき、
さらに、地域や社会へと広がっていくことを強く望むものであります。

今、10月に行う舞台の稽古に入っておりますが、
まさに、この舞台劇は「負の社会」がテーマであります。
「負の社会」でもがき苦しむ人々が、希望を抱いて生きようとする姿を描いた物語です。

劇団ユニット・『THE☆磨心頑』。
磨心頑──後ろから読むと、頑張って、心を、磨く!
大葉健二、関根大学をばしめ、
特別参加の春田純一、岡本美登、真瀬樹里、
そして、ゲストの方々が、
それこそ、それぞれの厳しい状況や環境の中、
頑張って、心を、磨く、ような稽古に突入しております。

小生の欲張りな願望ですが──、
誠真会館も然り、
THE☆磨心頑も然り、
そこに関係した道場生や俳優たちの力で、
「強くやさしく生きる事」が、
「善の連鎖」となって社会へ広がっていき、
頑張る人々が正当に報われ、
「富めるに誇らず、貧しきを見捨てず」の社会になれば、
小生、その場で、死を迎えても構わない、とさえ、覚悟しております!



posted by 井上誠吾 at 09:46| 日記