2008年08月16日

指導者とは

指導者次第で、栄えもすれば、滅びもする!
これは国でも、会社でも、組織でも、各部署においても、
同じことがいえるでしょう。

昨日は、終戦記念日でした。

平和の祭典・オリンピックの開催期間中に、
日本は、終戦記念日を迎えたのです。
戦争が終わって、63年も過ぎてしまいました。
小生の自戒も含め、わが国の戦争が風化しつつあります。

悲惨で残酷な争い事など、風化するほうがよいのでしょうが、
そこに、尊い人々の命が奪われてしまったという現実は、
けっして風化させてはならないのです。
正しい戦争など、ある筈がないのだから・・・!

「何のために負けたんだ!」
と、誰かの言葉が、小生の記憶に残っています。
テレビなのか、新聞・雑誌・本なのか、それとも、友人・知人なのか、まったく思い出せないけど・・・、
素晴らしい言葉です!

戦争に負けたのは、何のため?
空襲をされたのは、何のため?
原爆を落とされたのは、何のため?

それは、二度と戦争を起こさないため!
原爆を落とされた国ゆえに、声高に、毅然と、
戦争の悲惨さを訴え続けるべきです。

しかし、指導者たちは学習していない。
平和の祭典・オリンピックの裏で、中国では、およそ平和とは無縁の争いが起こり、尊い血が流されています。
ロシアとグルジアの戦闘では、クラスター爆弾が投下されたとの報道も流れています。
そして、忘れもしない、アメリカは「大量破壊兵器の保有」を理由に掲げ、イラクに戦争を仕掛け、多くの血を流しました。

戦争を仕掛ける側は、必ず何らかの「大義」を設けてきます。

何が「大義」だ。
人の命を奪っていくものに「大義」などあってたまるか!
「大義」の仮面の裏には、醜いばかりの私欲・国欲が蠢いているだけじゃないか!
と、怒りが込み上げてきます。

日本は勿論、すべての国々の、
指導者の責任が、厳しく問われるべきであります。

「命もいらず,名もいらず,官位も金もいらぬ人は始末に困るものなり,この始末に困る人ならでは,艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」
山岡鉄舟は、西郷隆盛をして、こう感嘆させました。
その鉄舟の私欲なき下働きがあってこそ、勝海舟は江戸城を無血開城することに成功したのです。

武道の「武」とは、「戈(ほこ)を止める」を意味します。
つまり、争いをなくすこと、平和であります。
空手の指導者として、日本の武道空手の繁栄が、平和の一助になることを願ってやみません。

posted by 井上誠吾 at 10:28| 日記