2008年09月26日

小泉”劇場の終演──“磨心頑”劇場の開演

「小泉元首相が政界引退」のニュース。
さすが、パフォーマンスの小泉さん。
自分の人生を演出するのに、これほど上手い人はいないな、と感心してしまいました。

安倍さん、福田さん、と引き際の悪い引退が続き、
そのあとを受け、麻生さんが首相になった翌日、を選んで引退を宣言する。
見事なまでの自己演出です。

コメンテーターの誰かが言いました。
「十年後、二十年後に評価される歴史的な名首相でしょう」
と・・・。

ナニ言ってんだ、コイツ?

今、大騒ぎしている格差問題、年金問題、後期高齢者医療制度問題、はすべて小泉政権が打ち出したものじゃないか!

小泉さんは、
“弱者を切り捨て、虐げる社会”の生みの親であり、
更に、イラク戦争への参戦、北朝鮮ら致問題も未解決、道路公団民営化の骨抜き、と挙げていけば、キリがないほど問題を山積したまま、辞めていくのです。

小泉さんのどこを取って、
「名首相」と言えるのか、「迷首相」と言うのなら、まだしも、否、それも違いますね。おそらく、小泉さんの辞書には「迷い」という文字はないでしょう。
「迷い」がないから、途中で投げ出しても、本人は投げ出したと思っておらず、傍から見ると、潔く見えてしまうのでしょう。

誤解のないように、小生、一応、褒めているつもりです。
小泉さんは、政治家としては、問題山積ですが、
自己の人生を演出する能力は天才肌、と!

安倍さん、福田さん、麻生さん、そして・・・、
小泉さんも、世襲されたお坊ちゃん議員でありました。
なにやら、小泉さんは、次男を後継者にするらしいとの事。
いつの間に、日本の政治家は世襲制になってしまったのか!

知人の区議会議員がポツリと洩らした言葉を思い出す。
「9割の政治家が真剣に政治と取り組んでいない。政治は残りの1割の人で動いている」
政治の無駄は、公共事業だけではなく、政治家にもあったのです。

世襲制は、政治家に限らず、俳優の世界でもあります。
しかし、政治家のように、そう簡単にはいきません。
デビュー当時は、親から、運も才能も受け継ぎ、羽ばたこうと飛び立っていくのですが、辛酸をなめる二世、三世の俳優たちは数多くいます。

そんな不遇の女優が、今、小生の目の前にいます。
真瀬樹里・・・千葉真一と野際陽子の愛娘であります。
“小泉”劇場ならぬ、“磨心頑”劇場で、今、闘っています。
両親の庇護から離れ、女優としての可能性を求め、自ら研鑽しようと闘っています。
彼女らしく羽ばたいて欲しい、
彼女らしく女優の位置を築いて欲しい、
演出を担う小生も、その力添えになればと稽古に取り組んでおります。

さて、
“磨心頑”劇場は、“小泉”劇場と違って、
弱者を切り捨てず、虐げず、
弱者に対して、優しいまなざしを向けた劇場です。
皆さん、是非とも、劇場に足を運ばれ、涙あり、笑いありの、
生の俳優の魅力を堪能して下さい!



posted by 井上誠吾 at 11:00| 日記

2008年09月20日

磨心頑「モンスター・ルーム」詳細案内

申し訳ありません。
ブログを見た方々から、もっと日程等の詳しい情報が欲しいとの声が届きました。
当然ですよね、そう言われてみれば、公演日も劇場も、何も書いていませんでした。
こりゃまた失礼しました!
以下、その詳しい情報であります。

劇団ユニット ☆磨心頑  第一回旗揚げ公演
タイトル 「モンスター・ルーム〜大人たちの放課後〜」

公演期間・2008年10月16日(木)〜19日(日)
開演時間・16日(木)19時公開ゲネ
     17日(金)19時開演
     18日(土)14時開演  18時開演
     19日(日)13時開演  17時開演

劇場:てあとるらぽう(西武池袋線東長崎駅より徒歩1分)

出演・大葉健二 関根大学 岡本美登 真瀬樹里 春田純一

   和田圭市 町田政則 鈴木一成 喜多川務 松井功
   田中美唯 橘佳世 山田慶子 佐々木美和 橋本有希 
   大穂恭平

物語 無差別通り魔犯が、
   授業参観中の小学校の教室に突入!
   犯人 VS 先生・保護者たちによる、
   一夜の戦争物語が勃発する!

   人は 誰か一人でも 
        自分を分かってくれる人がいればいい・・・

   今の大人、今の教育、今の社会を、痛烈に批判し、
   且つ、痛快に笑い飛ばし、現代人の希望と絶望、
   そして還るべき場所・・・!
   それらを清濁あわせ悲喜こもごもとした、
   娯楽作品として叩きつけたい!

   作・演出:井上誠吾

   企画・大葉健二 関根大学

   音響・山本淳
   照明・吉川秀樹

   台本監修・神波史男

   マイム指導・松井功

   制作・松岡正勝

以上です。
チケットは、前回、ご案内した通りであります。
よろしくお願いします。

posted by 井上誠吾 at 08:16| 日記

2008年09月18日

「モンスター・ルーム」舞台のチケット案内

いつも、ここへ覗きに来られている皆さん、
申し訳ありません。
書きたい事は山ほどあれど、忙しさに流され、ブログを更新していません。
でも、少々、チケット案内を兼ね、書いてみたいと思います。

ああ、情けなや、今の日本。
“武道”という明鏡で、現代日本を照らし出せば、
首相の辞任問題然り、汚染米の流通事件然り、あれもこれも、人が生きるべく、根本的な答えが、道しるべが、
武道の中にあるじゃないか!
と、嘆きたくなることばかりであります。

彷徨える日本人が、
何に目覚めて、どう行動すれば良いのか、
その明確なる答えが、“武の道”の中に伝承されている!

小生、そう強く確信し、心ある多くの日本人が、それに気づいて欲しい、と願って止みません!




と・・・もっと書きたいのですが、またナカグなりそうです。

今、舞台の稽古中で、チケットの案内をさせていただきます。
なにせ、ここをご覧の人が、
「ブログを見ても、申し込み先がわからないのですが」
と、制作のほうにチケットの購入を問い合わされたようです。
そこで、舞台のチケット案内と現状報告をさせて頂きます。

涙あり、笑いあり、そして、深い感動あり!
極上のエンタテインメントに仕上がってきました!

チラシのキャッチコピーに、

「 人は 誰か一人でも
   自分を分かってくれる人がいればいい・・・ 」

と、書きました。

病んだ現代社会の“人間”に焦点を絞っています。
このキャッチコピーこそ、彷徨える日本人の、
「小さな幸せ」、されど「大きな幸せ」、だと思っています。

感動の舞台になることは間違いありません。
現在、CM監督の小宮雅哲氏と映画化の話も進めており、
その前に舞台で大いに観客を沸かせたいと奮闘しています。
よほどの天邪鬼ではない限り、
観劇して良かった!
と、泣いて笑って感動するに違いありません!

是非とも、ご覧下さい。
チケットをご希望の方は、
お気軽に、道場、もしくは直接、小生に連絡をいただければ、チケットを用意いたします!

井上・090-6512-6266
メールアドレス gosei_f_t@yahoo.co.jp

電話でも、メールでも受け付けます。
お待ちしております。

ブログの更新は、舞台が終わるまで、また少し間が空くかも知れませんが、ご容赦下さい。



posted by 井上誠吾 at 09:15| 日記

2008年09月02日

えッ、首相が辞職!?

10月に公演する演劇ユニット・磨心頑・『モンスター・ルーム』の旗揚げ公演へ向け、稽古に入っており、
忙しさに流され、このブログも半月ほど空いてしまいました。

何人かの方から、書いていませんね、との声をいただき、
ご心配をおかけして、申し訳ありません。
もう少し、この忙しさに流されてしまおう、とちゃっかり開き直りを決め込んでいたのですが・・・、

今朝、テレビを見て、驚きました。
福田首相が辞職!

おおッ、これは、
忙しさに流されている場合じゃないぞ、
開き直ってる場合じゃないぞ、
と、“ひとこと言いたい症候群”が発病してしまいました!
で、少しだけ、書かせていただきます。

先ず、
人事を尽くして天命を待つ、
福田さんは、その上での英断だったのでしょうか・・・?

ねじれ国会になっていようが、
獅子身中の虫がいようが、
そんなの関係ねぇ!

人として、やるだけのことをやったのか?
福田さんなりに、やった、というかも知れないが、
誰が見ても、やったとはいません。

辞めて責任を取る、事も必要でしょうが、
続けて責任を取る、事も時には必要です。
その狭間の中で、常に揺れ動き、試行錯誤し、悩み、闘い抜いた上で、辞める決意を出したのであれば判ります。

しかし、
福田さんは、大臣たちにも、奥さんにも、誰にも相談しないで、一人で、勝手に、辞める決断をしたようです。
それは、果たして、いかがなものでしょうか・・・?

周りに相談すれば、「辞めるな」ということが判っているから、相談せずに決断したのでしょうが、
それは、一国の指導者の英断とはいえない!

組織の指導者というのは、孤独、なものだと思います。
ましてや、国の指導者となれば、その比ではなく、孤独な決断を強いられる事が多々あるでしょう。
だからこそです。
人は、一人で生きているわけではない。
自分で見極めきれない事に関しては、客観的に見てくれる人が必要不可欠なのです。

福田首相誕生の背景には、大臣を含め、支えてくれた周辺や奥さんの存在は否定できない筈、その人たちに、何の相談もしないで勝手に辞めたのは、けっして賢明とはいえません。
あまりにも急なことゆえに、我が儘と取られても仕方ないでしょう。

孤独な決断、は強いられでも、
勝手な決断、を強行してはいけない!

なんとなく、
安倍さん、福田さん、続く麻生さん然り、二世お坊ちゃん議員の甘さ、を感じてしまうのですが・・・、
小生の杞憂に終ってほしいものです。

ああ、また、ナガクなってしまいました。
この件については、まだまだ書きたいことが山ほどありますので、いずれまた、ということで、少々、宣伝を!

劇団ユニット・磨心頑 第一回旗揚げ公演 
『 モンスター・ルーム 〜大人たちの放課後〜 』
10月16日〜19日 劇場・てあとるらぽう 東長崎駅1分 
前売り・当日共通 日時指定 3500円
出演 大葉健二・春田純一・関根大学・岡本美登・真瀬樹里
作・演出 井上誠吾

観終わったあと、
人は 誰か一人でも 自分を分かってくれる人がいればいい・・・
そんなふうに感じて貰えれば、最高です!
福田さん、観に来たら・・・?

皆さんに、涙あり、笑いあり、感動あり、のエンタテインメントをお届けしようと、スタッフ&出演者・全員一丸となって、稽古に励んでいます。ぜび、観に来て下さい!


posted by 井上誠吾 at 09:24| 日記