2008年11月28日

この国の子供教育を憂う

これまで、このブログでも、
何度となく書いてきた「教育再生会議」ですが、
なんと、11月24日、廃止が決定されておりました。

安倍内閣で設置され、福田内閣に後継され、
「教育再生懇談会」として麻生内閣に受け継がれていたのですが・・・やはり、こうなってしまったか、と憤りを感じます。

安倍さんが、「美しい国つくり」の中で、
「教育再生会議」を設置した時は、既存の中教審と違い、
官邸が主導することで即効性が期待できるのでは、と希望的観測を持って見てきました。
特に、以下の2項目には大賛成でした。

@ 塾に頼らなくても学力がつくようにする。
A 教育格差を絶対に生じさせない。

他の項目の中には、美辞麗句が多く、具体性に欠け、
小生なりに、あれこれと反論もしてきましたが、
この2項目だけは、推し進めて欲しかった!

それが、安倍さんに続き、福田さんも無責任に投げ出し、
そして、麻生さんなどは、一瞥さえもくれなかった。
人選された学者・企業家・文化人らの委員たちが、
顔つき合わせて会議をしただけで、なんの効力も発揮することなく、税金の無駄遣いのし放題で、終わってしまった。

こんなことで、この国の教育は、いいのか?

少なくとも、
「ゆとり教育の見直し」から始めようとする、その意気込みと、「教育を再生」しようとする国の方針には、希望と期待が持てたのです。
なぜ、いろんな可能性を探究しなかったのか?
なぜ、最後まで真剣に向き合ってくれなかったのか?
この国の未来は、子供たちの手に委ねられているのです。
教育に関して、歴代の首相たちが、そう簡単に放り出してよいものなのか!

マスコミは、麻生さんの失言ばかりを取り上げていないで、
“子供の教育に関して、一瞥もしなかった”
そんな首相の無策を取り上げ、弾劾しろ、と言いたい。

世の親たちは、
子供の教育に関して、そう簡単に放り出したりはしません。
いろんな可能性を見出そうと模索する筈です。
最後まで真剣に向き合おうとする筈です。

今の世の中、
物は溢れていますが、人々の心は荒んでいます。
「精神の豊かさ」こそが求められている時代です。
次世代を担う子供たちに、物質的にも精神的にも、豊かな心を持てるような教育が必要なのです。

もう、この国の指導者に期待をしてはいけないのかなぁ・・・。

このような国のあり方を見るたびに、
益々、武道空手の存在意義と使命感を深く感じる次第です。


posted by 井上誠吾 at 09:56| 日記