2009年01月26日

心も体も鍛える!

昨日、無事に「第一回誠真カップ」が、終了しました。

選手の皆さん、お疲れ様でした。
どの試合も自分の持てる力を精一杯発揮し、素晴らしい内容でした。
そして、保護者の皆さん、スタッフ・審判の皆さん、各先生方、本当にお疲れ様でした!

同じ昨日、朝青龍が優勝を決めました。
引退説が囁かれる中での優勝は立派なものですが、勝った喜びから土俵の上でガッツポーズをしたようです。
神聖な土俵の上で、しかも、対戦相手の白鵬の目の前で、
高々と両手を突き上げるとは、相撲道の欠けらもない、不謹慎極まりないものです。
昭和初期の名横綱・双葉山は、
「いまだ木鶏たりえず」
と、勝っても驕ることのない精神的な厳しさを内面に秘めていました。
今の相撲界の現状を見て、双葉山はさぞかし草葉の陰で泣いていることでしょう。

空手では、そういう示威行為は許されません。
昨日の「誠真カップ」の大会でも、幼年から壮年まで、12の枠組みがあり、12人の優勝者を出しましたが、勝ったからといって偉そうにする人は誰もいないと信じています。

勝った者は負けた者に対する、
「おもいやり」
が、あってこそ、武道空手というものです。

空手は、体だけじゃない、心も鍛えているんです。
勝って驕らず、負けて怯まず!
勝ち負けにこだわるのではなく、自分が精一杯に闘った経験を大切にして、日々を闘い抜いて欲しいものです。

空手と日常生活は別のものではありません。
試合で勝つ時もあれば、負ける時もあるように、
人生においても、勝つ時もあれば、負ける時もあるでしょう。
だからこそ、
勝った時は、驕り高ぶることなく、
負けた時は、心も体も鍛えるチャンス、だと捉えて、
謙虚な振る舞いで空手の稽古に励み、日々の生活を活き活きと輝かせて欲しいのであります。

皆さん、お疲れ様でした!
押忍!

posted by 井上誠吾 at 12:02| 日記

2009年01月20日

お知らせ──新宿空手部

道場生の皆さん、来てください!

1月19日(月)に、
「磨心頑・新宿空手部」を、
新宿区百人町のスポーツ会館内に開設しました。
大久保駅から徒歩4分、新大久保駅から徒歩7分です。

誠真会館の道場生なら、
誰でも、「無料」、で入館できるようにしています。

毎週・月曜 & 木曜 
午後6時00分 〜 10時まで利用可。

演技・空手・アクション、を教えています。

6時から入館し、スポーツ会館内のアスレチック施設(ウェイトトレーニング・ランニングコース・サウナ・等々)が、無料にて利用できます。
そして、空手も8時〜8時50分まで指導していますので、
その時間に合わせて、空手の稽古をして、余った時間をスポーツジムの施設の利用にあてて下さい。
汗を流したあとは、サウナに入って、さっぱりとして、気分爽快でお帰り下さい。

通常ですと、月に1万数千円の会員料が発生するのですが、
スポーツ会館様の協力により、無料で利用できるようになりました。

誠真会館の道場生で、利用されたい方は、
井上の携帯まで連絡を下さい。
090-6512-6266 です。
但し、参加者が一度に大多数の場合は、
こちらのほうで人数制限をさせてもらう場合がありますので、
ご容赦下さい。

「磨心頑・新宿空手部」とは、
昨年の10月に旗揚げした「演劇ユニット・磨心頑」を中心にした俳優道場であります。
今回、俳優たちの授業の中に、空手の稽古時間を取り入れた次第です。

新宿方面で働いておられる方、
またはアスレチックの施設を利用されたい方、
さらに、サウナも利用されたい方、等々、
どうか、お気軽に電話を下さい。

俳優たちと一緒に、いい汗を流しましょう!
押忍!


追伸。
磨心頑・俳優道場では、俳優やタレント志望の方を募集しています。講師陣は、以下であります。

主宰・井上誠吾(修羅がゆく・極道黒社会レイニードッグ)  主宰・関根大学(ソナチネ・菊次郎の夏・座頭市)

顧問・大葉健二(宇宙刑事ギャバン・キルビル)

校長・神波史男(火宅の人・アカデミー最優秀脚本賞)

特別講師・佐藤純弥 映画監督(男たちの大和)
 〃  ・大下英治 小説家(修羅の群れ)
 〃  ・長田紀生 脚本家(犬神家の一族)
 〃  ・小宮雅哲 CM・映画監督(ZOO)
 〃  ・春田純一 俳優(旭山動物園物語・つか劇団主役)

以上の講師陣が指導に当たります。
知り合いの方に、俳優やタレント志望の方がおられましたら、
声をかけていただければ嬉しく思います。
posted by 井上誠吾 at 10:27| 日記

2009年01月10日

空手とは

「何のために空手をやるのか?」
小生の友人から、つい最近、そのような質問を受けました。

小生、迷うことなく
「強く、優しい自分になるため」
と答え、さらに、
「その思いの丈が道場生に伝わり、道場生から家族や隣近所の人々に伝わり、さらに地域や社会に、善の連鎖となって広がっていくことを願っている」
と、いつもの熱弁を振るっていました。

友人とは、そのような話になる前に、
“今の政治のあり方、今の官僚のあり方、今の企業のあり方”
等々を議論していただけに、
「強く、優しい、とは、弱者に手厚い、ということなんだよ。そんな知的精神が、哲学が、首相に、政治家に、官僚に、企業のトップにあれば、日本は必ず良くなるし、日本をモデルケースに世界も良くなっていく。そう信じているよ」
「相変わらず一直線だな」
小生の性格を知っている友人は、そう苦笑しました。

青臭いかもしれません。
そしてまた、あまりにも単純かもしれません。
しかし、こんな混沌とした時代にあっては、小難しい論理より、一途な“思いの丈”こそが大切であり、その覚悟こそが、世の中を変える原動力になるのではないでしょうか。

誠真会館の空手は、社会に有益でなければならない!
「強く、優しく!」──空手で培ったものを社会に役立ててこそ、空手をやっている価値がある。
そう確信しています。

小生自身、そのような思いの丈がなければ、
打ちひしがれて、立ち上がることも出来ず、這いつくばったまま、愚痴だらけの中で、ただ生きているだけ、の人生を送っているかも知れません。

自分の小さい殻を、
突き破り、超越する使命感があれば、
窮地に立たされても、苦労は苦労でなくなり、
むしろ、その苦労を、喜びにさえ転化することができる!

冒頭の友人が、ぽつりと言いました。
「そうか・・・強く、優しくか」
友人の顔からは、いつしか小生に対する苦笑は消えて、
「日本人には、案外、そんな魂みたいなものが必要な時代かも知れない」
と、理解する微笑みへと変わっていました。

小生、「案外、は余計」
と、ツッコミつつ、心の中では、
共鳴の、「押忍!」、を返していました。

posted by 井上誠吾 at 10:44| 日記

2009年01月01日

空手・明るく希望の年!

新年あけまして、おめでとうございます。

百年に一度、といわれる不況の嵐が吹き荒れています。
こんな混沌とした時代ゆえに、時代に左右されることなく、

「きっといいことがある!
こんな時代に負けてたまるか!」

と、物事をポジティブに捉えたいものです。
暗い出来事ばかりで気持ちが萎えてしまうより、
いいことがある、と信じて、希望を持って突き進むほうが、
どれほど救いになるか計り知れません。

「空手・明るく希望の年!」
と、題したのは、
空手(武道)こそ「元気の源」と自負しているからです。
こんな時代だからこそ、
人が生き抜いていく術(すべ)が、
空手(武道)の中に深く内在されている、
と、その必要性を強く感じております。

以下、誠真会館における「押忍の精神」です。

「耐えがたきを耐え 忍びがたきを忍び
 一心に気を静め 押さば引き 引かば押す
 どのような困難にありても 心頭滅却せよ
 これ すなわち 押忍の精神なり
 自己の人生に置いて これを涵養し 全うする」

正月早々、ちょっと固いですか?
そうですか・・・。
では、正月ということで、明るく、笑える話をひとつ。
「耐えがたきを耐え 忍びがたきを忍び」の部分を、
我が身に照らし合わせたような話をしたいと思います。

大晦日、昨日のことです。
うちのカミさんがおせち料理に足りないものがあるから、
「一緒に買いに行ってくれない・・・重いから」
「重いからかい?」
小生、心の中でツッコミながら遅い年賀状を書いていると、
「何してんの、早くして、待ってるんだけど」
カミさんの小言が届きます。
「わかったよ、うるさいな」
小生が立ち上がった瞬間、年賀状のインクをこぼしてしまったのです。慌てて拭こうとすると、今度はコーヒーのマグカップが落下して、足の小指を直撃!
「あぐッ!」
小指だけ、のピンポイント攻撃はものすごく痛い!
「早くしてよ」
懸命に堪えている小生に容赦なくカミさんの声が届きます。

まさに「耐えがたきを耐え 忍びがたきを忍び」です。
「心頭滅却」でもしないと買い物にも行けない心境でした。

そんなオチかよ、とツッコミが来そうですが、
空手(武道)によって、忍耐力が培われていくのは事実である、ということは、この話は別として、ご理解下さいませ。

暗い出来事が続く今だからこそ、ここは辛抱強く踏ん張って、
「きっといいことがある!
こんな時代に負けてたまるか!」
と、明るく、逞しく、乗り越える年にしようではありませんか!

本年もよろしくお願い致します。

希望の年へ、押忍!

posted by 井上誠吾 at 15:16| 日記