2009年03月24日

潔さを貫け!

「日本人なら自殺している」
AIGの幹部たちが公的資金を受けながら、巨額のボーナスを支給されていた事により、
アメリカの新聞記者は、
「日本人なら責任を取って腹を切る」
と表現しました。

果たして、今の日本の政界・財界・官界に、そのような「潔さ」を持った人が何人いるか、甚だ疑問です。

この不況下、解雇された人々が路頭に迷う現実。
国や企業の指導者として、「腹を切る覚悟」で派遣やパートで働く人々に向き合っているのか?
残念ながら、向き合っているようにはとても見えない。

大企業、下請企業、孫請け企業、曾孫請け企業と、
下にいくほど搾取され、汗水たらして働いてきた人々が、
行く場所もなく、天涯孤独な中、死んでいくという悲劇が
日本全国あちこちで起こっています。

それを、この国の指導者たちは、
派閥だの、党利党略だの、天下りだの、と自己の保身に走り、本気で手を差し伸べようともしない。

企業は企業で、資本主義を盾にして、
内部留保で金を溜め込み、派遣社員は切り捨てるくせに、株主を優待し、個人投資家を血眼になって集めようとしている。

なんなのだろう、この国は・・・!

小生、武士の「腹切り」を是認はしません。
死生の美学は別にして、非人道的で残酷な一面を擁しているからです。
しかし、
この国の指導者たちの弱い者に対する扱いを見ていると、
「切腹の美学」の中にある「責任の取り方の潔さ」は、認めざる得ないものがあります。

冒頭の記事を書いたアメリカの記者が、
日本には、そのような潔い伝統的な責任の取り方がある、
と内心、畏敬の念を抱いてくれていたのなら、嬉しいことですが・・・おそらく、シニカルに「ハラキリ」を捉えての表現でありましょう。

折りしも、WBCで「侍ジャパン」がアメリカに勝ちました。
「侍」は、強いだけじゃない。
「富めるに誇らず、貧しきを見捨てず」
強いからこそ、弱者に対する「おもいやり」を大切にしていたのです。それが世界に誇れる「侍」です。

世界大不況の今、
日本人の「潔さ」を世界に知らしめる時!
なのですが・・・。
この体たらくです。残念でなりません。

手前味噌ですが、
小生、「潔さ」というものを、
稽古を通して、常に誠真会館の子供たちに伝えています。
しかし、今の時代に「潔さ」を貫き通すことは至難なことかもしれません。
されど、あきらめません。
小生が老いて、死んだのち、
子供たちが大人となり、「潔さ」を武器に、世界に大きく羽ばたいていくであろう、と信じております。

未来の「誠真会館の侍ジャパン」に押忍!

posted by 井上誠吾 at 12:00| 日記

2009年03月19日

お詫び──千葉元総裁の辞任、について

前々回のブログで、
千葉元総裁の「辞任届」の文面を載せましたが、
あれは小生の勝手な行動でありました事、
お詫び申し上げます。

あの「辞任届」を、あえて全文、載せましたのは、
千葉真一という師匠が、小生という弟子を、
深く思い、気遣ってくれており、その「潔さ」を、道場生や少年部の保護者の皆さん方に、ご理解して頂きたい、との思いから載せたのであります。

しかし、ブログをご覧になられた方の中には、
千葉元総裁が、再び、マスコミに騒がれるネタにもなりかねない、行き過ぎた文章だ、と感じられた方もおられたようであります。

襟を正して、申し上げます。
小生は、俳優・千葉真一の弟子であり、師匠を俳優として、心から尊敬しております。
その師匠を陥れるようなことなど、出来る筈がありません!

ただし、
今回、誤解を招くようなブログを書いたことは、
小生の大きな過ちでありました。
その点につきまして、ここに深くお詫び申し上げます。

                   井上 拝


posted by 井上誠吾 at 09:01| 日記

2009年03月11日

夢・希望

終電近くの電車に乗っていると、
「夢もないし、希望もないし、ただ毎日を生きているだけよ」
小生の横で、酔っ払いが溜め息交じりにつぶやきました。

この人にも、
かつては、夢も希望もあったんだろうな・・・。
それが、いつしか人生の歯車が狂い、
夢を打ち砕かれ、希望も打ち砕かれ、
現実に叩きのめされて、生き続けてきたんだろう・・・。

「それでも頑張って生きろよ、きっと、いいことがある」
思わず、酔っ払いに声をかけたくなりました。

確かに、矛盾だらけの世の中にあって、夢や希望を求めること自体が難しい時代なのかも知れません。

しかし、夢も希望も持たず、ただ毎日を過ごすだけでは、
喜びもなければ、楽しみもなく、生き甲斐さえも薄くなってしまうでしょう。
叶う、叶わない、は別として、
夢も希望も、大きく持ったほうがいい!
小生はそう思っています。

一度や二度の失敗で、自分をあきらめるな、と言いたい。
そもそも人生に失敗なんてない。
失敗したら、やり直せばいいだけのこと!

もし、失敗があるとしたら・・・、
自分の中にある可能性をあきらめた時、だけ。
その瞬間こそが、失敗の元!
そう思っているくらいのほうが、丁度いい。

死を目前にしながらも、ペンを走らせた小説家がいる。
死を目前にしながらも、絵筆をふるった画家がいる。
死を目前にしながらも、フラスコを振った研究家がいる。

偉大な先人たちの中には、死の直前まで自分の可能性を信じ、夢と希望を保ち続けた人が数多く存在します。

ここでいう夢や希望は、地位や名声や財産ではありません。
そんなものにあくせくと心を奪われて生きるのは、欲望の亡者であり、浅ましく、愚かなことです。
夢や希望とは、それぞれの人に内在する「志」です。

「命もいらぬ名もいらぬ官位も金もいらぬ者は始末に困る。この始末に困る者でなければ国の大事はできぬものなり」
西郷隆盛が山岡鉄舟を評した言葉です。

西郷や山岡には、
「この国をなんとかせねばならぬ」
という「志」がありました。

夢も希望も、大きいことに越したことはないが、
例え、小さな夢でも、小さな希望でもいい、
それを持って生きること自体に尊い価値があると思います。

道場生の皆さん、
こんな時代だからこそ、
夢も希望も捨てず、「志」を持って、
毎日の生活を活き活きと輝かせていきましょう!

押忍!

posted by 井上誠吾 at 10:54| 日記

2009年03月01日

千葉総裁・辞任

先週、千葉真一総裁から、この度のマスコミ騒動において、
誠真会館の道場生、そして保護者の皆様に、ご迷惑をかけたことに対して、辞任したいとの申し出がありました。

今回の騒動で、千葉総裁からは何度なく辞任の連絡が入りました。
そのたびに、小生の胸中では、
『お前の一途な精神で、子供たちに武道空手を教え、日本に、そして、世界に広めていけ』
との、千葉総裁からの薫陶が思い返され、辞任に対して逡巡しました。
しかし、あえて千葉総裁の気持ちを察して、受ける取ることに致しました。

報道されましたた「体罰」に関しては、武道家としてありえないし、けっして、あってはならないことです。
また、その他の報道に関しましては、ある種の公人として、
千葉真一自身が「けじめ」をつけるべく、行動しているとの旨、
連絡が入っております。

小生は、千葉真一の弟子であります。
前々回のブログに書きましたように、守・破・離、の関係です。
この関係だけは、切っても切れない深い絆があります。

正直申しまして、師匠が苦境の身にあるのを知りつつ、何ひとつ、恩返しが出来ない自分が不甲斐なく思っております。
ただ、今は、己れ自身の力を培い、恩返しができるように精進するしか道はないと覚悟し、努めて参る所存です。

報道されている件が一日も早く解決されることを祈ると共に、
俳優・千葉真一としての復活を心から願うばかりであります。

どうか、道場生の皆さん、保護者の皆さん、心配していただいている各方面の皆さん、その辺のところ、ご理解をいただきますよう
深く、お願い申し上げます。

押忍!


posted by 井上誠吾 at 11:14| 日記