2009年04月25日

弱い自分 & 強い自分

人は、けっして強いものではありません。

長い人生を歩んでいくうちには、
とことんまで落ち込み、弱音や愚痴を吐き、
ヤケになって、自暴自棄になることもあるでしょう。

だからこそ、人間なんだ。
そう、思います。

弱いからこそ、強いものに憧れ、
自分にないものを他人が持っていると、羨ましくなり、
その能力の差がありすぎると、憧れ、へと変わっていく。

しかし、最初から強い人間なんて、この世に存在しません。
今、どんなに強いと賛辞されている人間でも、
過去には、生まれたての赤ん坊のように、人の手助けなしでは、成長できない時期が必ずあったのだから・・・。

小生思うに、
強いとは、腕力・体力・能力、の指数ではなく、
ましてや、社会的な地位・名誉・財産、の指数でもありません。
それらは、すべて一時的な力にしか過ぎません。
事実、世の中には、
腕力が衰えたり、能力が発揮できなかったり、財産を失ったりして、失墜した人が数多く存在しています。

時々、「俺は強いんだ」と、勘違いしている人間に出会うことがあります。
そんな輩を見ていると、虚勢や自惚れ、が見え隠れしていて、
逆に、なんと弱い人間なんだ、と感じてしまいます。

一個の人間として、
弱い自分としっかりと向き合い、
虚勢もなく、自惚れもなく、あるがままの姿で、
自分の考え、自分の信念、自分の情熱を内に秘め、
自分の「志す道」を貫き通す人!
そのような人が、強い人、だと思います。

それでも、人間なんだから、
当然、弱音も愚痴も言いたくなるでしょう。
しかし、例え配偶者でも、例え肉親でも、例え親友でも、言えないことがある。
否、配偶者・肉親・親友だからこそ、言ってはいけないことがある、と表現したほうが正しいのかも知れない。

そんな時は、
“弱音や愚痴”という“負のエネルギー”を発散させず、
自分の中に、溜め込めるだけ溜め込んで、
それをバネにして“正のエネルギー”へと転化させ、
「志す道」の中で完全燃焼させる!

“負のエネルギー”は貯金することで、
“正のエネルギー”となって活用できる。

空手の道においても然りです。
弱い自分と向き合ってこそ、
強い自分が発見され、培っていける。

「弱い」は、やがては「強い」に通じる!
そう、確信しています。
押忍!

posted by 井上誠吾 at 17:24| 日記