2009年07月29日

交流試合&清瀬の演武

何かと雑用に追われております。
月曜日にブログの更新をしようと思ったのですが、
ついつい本日まで、延びてしまいました。

さらに、
前回、「長崎の街・実家の町」のタイトルで書きたいと思います、と予告をしたのですが・・・、
このところ、試合・演武・合宿、と催し事が続いており、
先ずは、そちらの報告を優先させたいと思います。
「長崎の街・実家の町」については、
8/1〜8/2の「合宿報告」が済んだあとに、書かせていただきたいと思っております。

さて、その催し事ですが、
7/26(日)に、二つの催し事が重なってしまいました。
交流試合と清瀬駅前の祭りの演武であります。

その件で、
試合に参加した少年部や保護者の方々には、何かと、ご迷惑をおかけしました。
引率する指導員が二転三転したこと、
さらに、試合の審判が不足していたため、急遽、指導員が審判に回ったこと、
等々、思うように引率・指導・応援が出来なかったことを、ここに、お詫び申し上げます。

交流試合は、飛翔試合や誠真カップの協力団体でもある、
志優会(新津師範)主催の試合であります。
清瀬の祭りが終わった頃、
試合から帰ってきた清瀬道場の道場生であり、二人の息子を試合に出場させた保護者でもあるSさんから、
「誠真会館の子供たちは挨拶も気合も良く、保護者の方々の応援も品がある」
との報告を受け、とても嬉しく思いました。

優勝・入賞した選手はもちろん、素晴らしいことですが、
勝敗に関係なく、思う存分に自分の力を発揮してきた子供たちに、あらためて「お疲れ様、頑張った!」と声をかけさせていただきます。

それは、演武に参加した皆さんにも言えることです。
当初は、参加人数が少ないとのことでしたので、
西荻窪から大挙引き連れていく予定でしたが、
試合のほうの参加者が増え、祭りは11名となり、
この少人数で大丈夫だろうか、と心配していたのですが・・・、
なんと、清瀬道場に、白帯や黄帯のちびっ子道場生が次々と集まってくるではありませんか!

リハーサルではちびっ子道場生たちに不安を感じましたが、
本番は滞りなく、成功!
参加者全員が思う存分に力を発揮していました。
むしろ、小生のほうが「誠真会館」を「○○会館」とかつて所属していた団体名を名乗ってしまい──、
一瞬、周囲を固まらせました。

ともあれ、二つの催し事が無事に終了しました。
少年部の皆さん、一般部の皆さん、保護者の皆さん、指導員の皆さん、お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!

次回は合宿です。
みんなで、いい汗を流しましょう!
posted by 井上誠吾 at 11:18| 日記