2009年08月29日

やる気のスイッチ

つい最近、ある女性が家に遊びに来て、
「生きていても、つまらない・・・」
と、物憂げな顔でつぶやきました。

小生も妻も、これは只事ではないぞ、旦那と何かあったか
な、もしかして熟年離婚か?
我々夫婦も熟年を迎えており、他人事ではない身につまされる話が飛び出てくるのではないかと、真剣に耳を傾けていると・・・次第にバカバカしくなってきました。

結論から言うと、幸せなんです、この女性。
子供たちも独立し、旦那も定年を迎え、そこそこの退職金も入り・・・ただ、これまで懸命に家事や子育てに費やしてきた時間が、ぽっかりと空いてしまったので、
「この年になって、やることがない。何をどう生きていけばいいのか判らない。このまま年を取るのが恐い」
との表現になってしまう。

旦那は、そんな奥さんを気遣って、旅行なんかに誘うらしいのですが、夫と二人っきりの旅行は疲れるとの事。
「亭主元気で、留守がいい」
とでも言いたいのでしょうが・・・それはない。
旦那側からすると、定年まで働いて来れたのは妻の支えがあったからこそで、その感謝の気持ちを「旅行」に託しているのに、自分のサラリーマン人生や人間性、さらに存在価値さえも否定されているようなものです。

言ってやりました。
「夫の暴力から逃れ、慰謝料も取れず、働く場所はもちろん、住む場所もなく困っている熟年女性がいる時代ですよ」
と、ニュース番組で見た話をすると、
「私が幸せな境遇であるのは分かっています。でも、毎日ダラダラと生きているだけではいけないって思うんです」

言ってやりました。
「何か趣味とか習い事とか、音楽や映画を楽しむとか」
と、前向きに行動することを勧めると、
「そう思っています。でも・・・元気、が出て来ないんです」

言ってやりました。
「ユンケルでも飲みなさい」

ともあれ、あれこれ根気よく話していき、
「やる気はあってもスイッチが入らないと体は動かない。そのスイッチは自分自身で入れないと、誰も入れてはくれません」
と、励ますと・・・、
最後に、ぽつり、と洩らされました。
「水泳でも・・・習ってみようかな」

現在、奥様はスイミング教室に通い始めた、との事。
この一連の話をブログに書いてもいいですか、と聞くと、
「やる気のスイッチのこと、書いて下さい」
と、明るい返事が返ってきました。
それで、今回のタイトルと相成ったのであります。

しかし、この“やる気のスイッチ”、
実は、小生自身もまた、
「よし、やるぞ!」
と気合を込めないと、そう簡単には入らないものなのです。

道場生の皆さん、
気合を込め、やる気のスイッチを入れ、
互いに、よい汗をかきましょう!
押忍!
posted by 井上誠吾 at 15:43| 日記