2009年12月31日

本年も、お疲れ様でした!

今年もあと、6・7時間です。
時の過ぎ去るのは本当に早いものです。

親しくしている先輩作家たちが、
「20代はあっという間に過ぎた思いがあるけれど、なんのことはない。30代はもっと早く過ぎていき、40代、50代、60代、と年を重ねるにつれ、どんどん早く過ぎてしまい、気がついたら70代の今を迎えている」
と、口をそろえて、そう言います。

小生の57年を振り返っても、同じことが言えます。
30代、40代が猛スピードで過ぎ去り、50才を迎え、
「とうとう50になってしまった」
と思ったのが、7年前。
ほんとに、つい昨日のことのように感じています。

今年を振り返っても、そうです。
「あっという間」に1年が過ぎてしまいました。

「盧生(ろせい)の夢」という話があります。
盧生が茶店で不思議な枕を借りて、うたた寝し、自分の人生の夢、を見る話です。

夢の中で──、
盧生は結婚し、官吏に登用され、出世して、
左遷の憂き目にあいながらも、やがては宰相にまでなり、
その後、濡れ衣を着せられ、自殺しようとするが、妻に止められ、やがて濡れ衣が晴れ、再び出世して、
晩年は子や孫に囲まれ幸せに過ごす、波瀾万丈の生涯!

しかし、夢から覚めると元の茶店で不思議な枕を手にうたた寝をしていただけ。
人生の栄枯盛衰は、
「夢のように儚いもの」
というのでしょう。

だからこそ、この瞬間を精一杯に生きることが大切だと、
小生は思っております。
それも、出来ることなら、その精一杯さが、人の役に立つようなことに繋がっていけば最高であります。

「永遠とは、一瞬の無限大である」
と、先輩作家の一人が言いました。

あっという間に、年月は過ぎ去っていくけれど、
一瞬の中に、無限大の可能性を感じながら、
この瞬間を、強く優しく、生き切って行きたいものです。

そうです、物忘れすることなく!
と、ここまで書いて、年賀状を書いていたのを忘れ、
ブログを書くことに没頭しておりました。

年賀状をやり取りしている方々、
遅れて届いた方々は、そんなわけでして、この一事が万事ゆえに、遅れてしまうのであります。
どうか、笑ってお許し下さいませ。

皆さん、良いお年を!
押忍!
posted by 井上誠吾 at 17:48| 日記

2009年12月27日

ほんの一言

このところ、ブログを書く時間がなくて、
そりゃもうあなた、売れっ子ですから、
様々なオファーが殺到し、超過密スケジュール!

なんて、言いたいところですが──、
なんのことはない。
忘れ物はするわ、仕事は後回しにするわ、
後回しにした仕事は忘れるわ、その忘れたことも、
忘れてしまっているわ、で・・・、
もう話になりまへん。

そんな呆れるほどにモーロクした自分がおり、
さらに、クリスマス会やら、忘年会やら、何やら、てんてこ舞いの日々が続き、ブログにまで手が回らなかったのであります。

前回、ホームページが閉鎖されたことで、今回もまた何かあったのではないか、と何人かの方から心配の声が届いています。

ご心配をおかけして、本当に申し訳ありませんでした!
そして、ありがとうございます!

今日も、雑事が重なり、その時間が迫って参りました。
ほんの一言、
「ご安心下さい!」
と書かせていただき、この辺で失礼します!

押忍!

posted by 井上誠吾 at 14:10| 日記

2009年12月11日

パソコン・パニック症候群

ホームページが閉鎖されていました。
な、なんで?
また、何かを触って、消してしまったのだろうか?
そんなバカな!
パソコン幼稚園の小生は、常日頃から、腫れ物に触るように“パソコン様”に接しているのに・・・、
突然、なんで、理不尽に閉鎖されなきゃいけないんだ!

しかし・・・、
なんのことはありません。
小生がいけなかったのであります。
ホームページのサービス料金とかいうものを払っていない、という事で止められていたのです。

そういえば、一ヶ月ほど前、何か届いていたけど、
銀行の支払い済みか何かのハガキだろうと思い、内容を見ないで、雑事に追われ、そのままにしておいたのが、いけなかったのです。

で・・・払って、一安心!
復活するのを待っていたのですが・・・、
むむッ? 二日経っても、復活しない!

な、なんで!?
インターネットの会社に電話をすると、
「ドメインが使えない」とのこと。

ドメイン?
聞いたことあるけど、それ、なんだ?
「ド真ん中の主なもの」かい?

すると、さらに電話の向こうから、
「お客様のアイディを教えていただきますか?」

アイ、ディ?
聞いたことあるけど、それ、なんだ?
「私の、日」かい?

すると、さらに電話の向こうから、
「今までのデータが削除されているかも知れません」

さ、削除?
「削除って、これまでの誠真会館のホームページのデータが消えてしまうってこと? な、なんで、そんな酷い仕打ちをしてくれるわけ、インターネットの会社はッ!」

焦りまくり、電話番号、住所、登録名、等々、次々と伝え、
「頼みます。どうか、消さないで下さい!」
まるで、殺し屋に命乞いでもするかのごとく、懸命に哀願しながら、届いたハガキを見ていると・・・、
「あったッ。アイ、ディ、ありました。IDとハガキに小さく書いてあるのを発見しました!」
まるで、コロンブスの大陸発見かのごとく、喜んで報告!

すると、やがて、電話の向こうから、
「大丈夫です。データは残っております」

「お、お、おありがとうございます!」

と、いうわけで、復活!
「パソコン・パニック症候群てんまつ記」
でした。

今回、いろいろな方から、ホームページを見ることができない、との連絡があり、ご心配をおかけしました。

これからは、このようなことがないように、
小生の手元ではなく、ホームページを管理していただいている誠真会館の相談役の方の手元に料金関係のハガキが届くようにしていただきました。

おぼつかない小生とは違い、確かな方ですので、もう二度と、このようなことはないと思います。どうか、ご安心下さい。


それにしても・・・おぞましいほどにパソコンは恐い!




posted by 井上誠吾 at 13:04| 日記