2010年01月16日

私心・私欲なく、日本の大洗濯!

朝起きると、小沢幹事長の秘書逮捕の報道!

政治と金の問題がまた出てきました。
民主党としては、鳩山総理大臣の「実母からの献金疑惑」に続く大問題であります。

このブログは様々な立場の人が見ておられるから、妙に誤解をされると困るのですが・・・ま、誤解を恐れず申しましょう。
小生、実は何を隠そう、
鳩山さんと小沢さんの政治には、大いに期待している一人なのであります。
それは言い換えれば、民主党の政治に期待している。
もっと別の言い方をすれば、民主党と自民党(新党でも良い)、二大政党による政治、に期待しているのです。

今、日本の国がかかえている問題は、
大不況への経済対策、
25%削減を宣言した温暖化対策、
官僚天下り&ムダ使いの廃止、事業仕分けと予算編成、
普天間基地をはじめとする日米の軍事協定、

上記の中には、
円高・デフレ・子育て支援・八ッ場ダム・経済&教育&地域格差・母子加算・医療制度・暫定税率・外交、等々、
我々の日常生活に直接的、または間接的にかかわる問題がすべて含まれています。

今、まさに「国の大洗濯」が必要な時代です。

坂本竜馬は「日本を大洗濯する」といって、それを実行して見せました。
しかし、その竜馬にも、鳩山さんの母親のように、竜馬の夢を実現させようとした大スポンサーがいました。

海援隊のスポンサーとなった長崎の豪商・小曽根乾堂、
さらに、幕府の四賢候と呼ばれた松平春嶽、
そして、犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩からも、
さらには、竜馬が倒そうとしている幕府からも、
その上、脱藩した土佐藩からも、
もう敵も見方も関係なく、豪商・幕府・反幕府と、それぞれから莫大な資金を用立てさせています。

今、それをやれば、間違いなく政治資金規正法に触れ、
坂本竜馬の逮捕! は確実でありましょう。

ただ言えることは、
坂本竜馬という人には、「私心・私欲」がなかった!
それゆえに多くの人や藩が資金を提供したのでしょう。
竜馬いわく、
「この世に生を受けるは、事を成すため」
純粋に、日本を大洗濯することが彼の目的でした。

小生は生意気かも知れませんが、顔見知りの民主党や自民党はじめ、政治に関わる人たちに会えば、坂本竜馬の例えを引き、日本を大洗濯して貰いたい、と物申してきました。
すると、小生の息子たちは、
「今の政治に期待するのが間違い」
と言い放つので、そのたびに我が家は“朝まで生テレビ”状態に陥り、大議論を繰り返すのですが・・・、
小生は、頑なまでに、政治には大いに期待しております。

今回の小沢さんへの疑惑は、検察との対決を見守るしかありませんが・・・、
小沢さんはじめ、政治家、そして、官僚や役人の皆さん、
あなた方に「私心・私欲」がない限り、
「日本の大洗濯」は可能だと信じています!

もし、それが出来ないのなら、
息子たちが言うように、政治に期待するのは間違い、なのかも知れません。

我が身に照らすと、空手の指導者にも、
この「私心・私欲」があってはなりません!
誠真会館の指導者たちは、
「強く優しい日本人を育成するため」
純粋に、道場生の皆さんと向き合い、共に成長すべく、日々努めている、と胸を張って断言できます!

日本の大洗濯を願って、押忍!


posted by 井上誠吾 at 14:17| 日記