2010年01月30日

人格を養う教育政治

「人格を養う教育」
と、鳩山さんが施政方針演説の中で述べました。

「命を守りたい」を皮切りに、
平和の伝道師・ガンジーの名言を引き、
「人格なき教育、人間性なき科学、ではなく、人格を養う教育、を目指し・・・(中略)・・・子どもたちに幸福な社会を、未来にかけがえのない地球を引き継いでいかねばなりません」
と、述べました。

大賛成であります。
「理想だけで、現実味がない」と野党は批判していますが、それでは、どんな日本であればいいのか、と問い返せば鳩山演説に勝るものを野党は持ち合わせていないでしょう。

鳩山さんのいう、
「人格を養う教育」は素晴らしい理念です!
しかし、それを、いったい誰が実践するのか?
と、なれば、確かに現実味が薄れてくるのは否めません。

ゆとり教育で失敗した文科省以下、教育機関にできるのか?
足の引っ張り合いばかりしている政治家にできるのか?

ちなみに、小生の知り合いの政治家が、
「政治家で、真剣に政治に取り組んでいるのは10%くらい」
と、自戒を込めてこぼしていました。
つまり、あとの90%の政治家は「地位や名誉や権力のため」、政治家の職についている、との見方もできるのであります。

そんな政治家や文科省以下の教育機関の役人たちに、
「人格を養う教育」など実践できるはずがない!

では、誰だ、といえば、手前味噌ではありますが、
「武道家がいるぞ」
と、小生は断言させていただきます!

そもそも、人格を養うとは、人の“個”の問題であります。
人として生まれ、どう生き抜いていくか、の問題なのです。
その答えが、
“武士道を源とした武道”の中に、
生きた手本となって、脈々と息づいています!

なにも、空手だけじゃない。
武を源とした、剣道、柔道、弓道、合気道、居合道、等々、
武士道は、文・武の両道を極めること、を主眼としています。

そんな武道精神を探究している武道家が、
「痛み」や「苦しみ」「辛さ」や「怖さ」を実践を通して教え、
人に対する慈しみを育ませるべきなのです。

それこそが「人格を養う教育」である、と確信しております。

ほかに何か方法がありますか、鳩山さん?
野党の批判に同調する気など毛頭ありませんが、
「理想だけで、現実味がない」と言われても仕方ない。
しかし、今の日本に、それを実際に具体化して、子供たちに接している武道家が数多く存在するのは事実ですよ。

本腰を入れて、
学校教育の現場に武道を取り入れていくべきです!

少なくとも、誠真会館の指導者たちは、
確固たる理念を持ち、道場生の皆さんと向き合っております。
我々は国政レベルと比較すると芥子粒ほど弱小ですが、
今、誠真会館の道場で投じている小さな「善の波紋」が、
将来は、大きな「善の波紋」となって広がっていく!
そう、確信しております

押忍!

posted by 井上誠吾 at 22:35| 日記