2010年02月27日

自ら進んでやる意欲!

今年の就職率は、昨年より悪化しているようです。
そんな中・・・。

以下、知り合いの制作会社プロデューサーとの話。
「採用試験では、出身大学や学力を重視せず、情熱と意欲とコミュニケーション能力がある学生を採ろうとした」
と言っていました。
さらに、各グループに分けて、創作課題を出したところ、
「成績は優秀でも、他人と交流し、知恵を絞る力がない」
つまり、なぜこのような学生が多いかというと、
「正解を出すだけの学校教育のあり方に問題がある」
と、こぼしていました。

「知恵は知識に勝る」
とのパスカルの名言があります。
学力とは、本来、知識を知恵に活用するところまで導かなければならないのではないでしょうか。

と、ここから先は、
先日、少年部であった話を挿入させて下さい。

稽古時間の前、柔軟もせず、ふざけあったりしているので、
「みんな、自主トレしろ! 遊んでる暇があるなら、相手を探してキックミットを蹴る練習!」
と言うと、全員が一斉にキックミットに走り、相手を探しはじめました。
「おいおい、みんながミット持ったら、誰が蹴るんだ?」
その矛盾に気がつくと、余ったミットは元に戻して、互いに相手を探して自主トレをはじめました。
すると、一人の子が小生の横にやってきて、
「先生、ミットは何回蹴ったらいいんですか?」
「何回でもいいの、自分たちで数を決めてやりなさい」

この話、
小生の中では、前述の採用試験の話とぴったりと重なってしまうのであります。

採用試験の学生は、
教えられた教科(知識)は正解しても、
教えられていない他人との創作課題(知恵)は解決できない。
少年部は、
教えられた基本・移動・型(知識)は出来ても、
教えられていない他人との自主トレ(知恵)は出来ない。

これは、小生としては、捨て置けない問題であります。
小生含め、誠真会館の指導者たちは、
「学校では教えられないことを空手を通して指導する」
と自負しております。

やる気に火をつけてやることは勿論のこと、
さらに、自分から進んでやる「意欲」にまで至らせたい。
と・・・!

大不況で就職難の折ゆえから、
自ら考え、行動できる、たくましい子たちに育って欲しい、
と、つらつらと考えておる次第です。

posted by 井上誠吾 at 22:43| 日記

2010年02月20日

この春、3ヶ所に新道場を開設!

ご報告申し上げます!

3月〜4月へ向けて、
「総本部直轄・埼玉新座道場」
「総本部直轄・新宿道場」
「関東本部直轄・朝霞道場」
と、新しい道場を3ヶ所に開設いたします!

先ずは、3月7日。
「総本部直轄・埼玉新座道場」が開設。
場所は、新座市福祉の里・体育館。
7日の初日から、12日・14日・19日・21日・26日・28日、
曜日は、4月以降、多少の変更があります。
少年部・18時〜19時
一般部・19時〜21時30分
道場責任者は、総本部指導員の坂谷亨先生です。

続いて、4月6日。
「総本部直轄・新宿道場」が開設。
場所は、大久保スポーツプラザ(新大久保駅徒歩7分)
6日の初日から、8日・13日・15日・20日・22日・27日、
と毎週、火曜・木曜。
少年部&親子クラス・17時〜18時
一般クラス・19時〜21時
道場責任者は、小生・井上誠吾が担当いたします。

また、大久保スポーツプラザでは、
「磨心頑俳優道場」の稽古も、スポーツ会館から移動して、行うことになりました。
小生にとって、スポーツ会館は思い出深く、そして感慨深く、ゆえに愛着ある場所なのですが、稽古場が手狭なフロアしか空いておらず、思い切って移動を決意しました。
俳優道場の稽古日時は、
月曜・木曜 19時〜21時30分。
俳優志望で、アクションや時代劇の殺陣を習いたい方がおられましたら、是非とも紹介して下さい。

そして、まだ日程が決まっていないのですが、
「関東本部直轄・朝霞道場」
を開設する予定で動いております。
こちらも、正式に決定しましたら、日時・責任者、等々をご報告させていただきます。

誠真会館の道場生でしたら、
「埼玉新座道場」であれ、
「新宿道場」であれ、
「朝霞道場」であれ、
すべての道場に通うことができます。
現在所属している道場と同様、気軽に利用していただぎ、
各道場生同士の交流をして貰えれば嬉しく思います。










posted by 井上誠吾 at 23:48| 日記

2010年02月11日

九州本部ホームページ開設!

このたび、
坂谷彦山先生が指導されている、
九州本部のホームページが開設されました!

トップページの少年部の表情がなんとも、あどけない!
ほのぼのとして、実に素晴らしいです!
先生の視線が、常に子供たちの成長に向けられているからこその“表紙”だと感じ入りました。

指導員の先生方の写真もこれまた、あどけない?
失礼しました・・・カッコイイ!・・・え? 中にはコワイ方もいる?(笑)・・・さて、誰のことでしょう。
小生は、皆さん、素朴で気さくで心優しい方々ばかりだと感じております。
九州に行くたびに、
坂谷彦山先生はじめ、
ここに載っている先生方の支援があればこその誠真会館だと、いつも感謝するばかりであります。

先生方、今年も九州へ参りますので、その時はまた、いい汗を流し、美味い酒を呑みましょう!

さて、九州本部と同時に、
書道家でもある坂谷彦山先生のホームページも開設されました!

誠真会館の空手着の胸の「誠真会」のロゴは、先生の書によるものです。
また、清瀬道場の「誠真会館」の看板や「初心」の揮毫も先生から送っていただいた作品であります。
そのほかにも、映画のタイトル等にも揮毫されおり、幅広くご活躍されております。

このブログをご覧の皆さんの中で、
もし、彦山先生に揮毫して貰いたい方がおられましたら、
ホームページの連絡先に、その旨をお伝えしていただければと思っております。

ちなみに彦山先生の「彦山」は、「げんざん」と読みます。
いい名前ですね!

それでは、皆さん、
「誠真会館九州本部」
「書道家坂谷彦山」
ここのトップページから行けますので、
二つのホームページに是非とも、お立ち寄り下さい!







posted by 井上誠吾 at 12:20| 日記

2010年02月03日

進むも地獄、退くも地獄、の潔さ!

朝のニュースを見て、思わず、えッと声をあげていました。

貴乃花親方が理事に当選したことで、
「貴乃花親方に一票を投じ、一門に迷惑をかけた」
との理由で、安治川親方という方が退職するそうです。

実に、驚きました。
そして、安治川親方という方の出処進退に、強烈な「潔さ」を感じました!

安治川親方が所属する一門では、
「貴乃花に一票を投じたのは誰だ?」とか「貴乃花に金を掴まされたのか?」などと詰問が行われたようです。

廃業を決意した安治川親方としては、
「進むも地獄、弾くも地獄」の心境だったと思い計られます。

おそらく、水面下では、今でも、あと二票の“犯人探し”が行われている事でありましょう。
公正な選挙でなければいけないのに、誰が投票したかなどど、詮索する行為が愚劣であり、相撲道という神聖な道に反することだと憤りを感じます。

そんなに血眼になって暴き出すくらいなら、
朝青龍の暴行事件の真相を暴き出せよッ、
大麻事件とか、八百長事件とか、挙げればキリがないくらいにうやむやになった事件を暴き出してみろよッ!

相撲協会のお偉いさんと比べると、
安治川親方には、「泥の中に咲く蓮の花」の強さ、そして美しさがある!
近年、政界であろうが、官界であろうが、経済界であろうが、こんな潔い出処進退があったでしょうか。
小生、安治川親方という方の勇気と行動力に大いに感動し、同時に同情を禁じえません。

まったく、相撲協会の上層部は腐れきっている!
弱い立場にある若い親方を犠牲にして、当人たちは、旧態依然と高みの見物をするというのか!

「権腐十年」という言葉があります。
権力は十年もすれば腐敗する、というものです。
組織の上の人間が権力をかざして、下に対して手厚くしなかったならば、当然、組織は腐ってしまいます!

相撲協会と比べると、限りなく弱小ではありますが、
誠真会館は、同じ轍を踏むようなことがあってはなりません。

今年に入り、ブログで堅苦しいことばかりを書いていますが、
実は、誠真会館創立3年の節目を過ぎ、4年目に入った事で、
小生自身、自戒しようと思っている背景からであります。

折りしも、たった今、
「権腐十年」の文字をヤフーで検索してみたところ、
小生が3年ほど前に、この誠拳閑話のブログで書いていた、
「権腐十年」と「再び権腐十年」のタイトルが出てきたので、驚きました。
もう一度、読み直してみると、今回の相撲協会の腐敗につながるようなことを書いております。
もし、お時間があれば、読んで見て下さい。

相撲協会の腐敗を「他山の石」と真摯に受け止め、
押忍!


posted by 井上誠吾 at 10:35| 日記