2010年12月31日

礼儀

本年度の最後に、
「礼儀がいかに大切か」
という実話を紹介させていただきます。

12月初旬、友人から電話が入り、
「あなたが空手でやっている事と同じような事をニュース番組の特集でやっていたよ」
と知らされました。

その特集とは「就職率100%の工業高校」の話。
なんでも、その高校は20年ほど前は、不良の溜り場のような高校だったようです。
しかし、このままではいけないと思った先生たちは、
まずは“挨拶をする”ことから、生活指導を始めたようです。
すると、段々と礼儀が身についていき、職員室に入る時は、
「失礼します!」「ありがとうございました!」等々の言葉も出るようになり、外部の人が学校を訪れると、立ち止まって、挨拶するほどまでになったそうです。

さらに、その生活態度を就職活動にいかすべく、
企業面接の時、“礼儀正しく応対”ができるように指導が行われていった結果、
「10年連続就職率100%の工業高校」
として見事に生まれ変わったのであります!

その就職先も、トヨタ、ホンダ、シャープ、京セラ、住友金属、と一流企業であり、就職先でもエンジニアとしての評判も良いことから、毎年、その高校から後輩たちがそれらの企業に就職していく、という好循環を生み出しているのです。

この不況の中、素晴らしい話です!
就職試験において、各企業がトップに挙げているのは、
「コミュニケーション能力」との話も聞いております。
きっと彼らは、高校で身に付けた礼儀作法を根本にコミュニケーション能力を発揮して、各企業の中で優秀な人材として育ち、社会貢献していくことでしょう。

それにしても、不良の溜り場だった高校が、このように良い方向に成長するとは、生徒たちも立派だが先生たちも立派!
そこには、日本人が忘れつつある大切な“現場教育”が、教える側にも教わる側にも存在している、そう感じます。

手前味噌ですが、
小生は、少年部の指導の中で、
「こういう人いるか──アイツは礼儀正しいから嫌だとか、アイツは挨拶してくるから腹が立つとか、そんな人いないだろう──礼儀正しくて文句言う人はいないし、挨拶されて不愉快な人もいない。だから、日頃から、礼儀正しく挨拶をするんだよ」
と常々言っております。
前述の友人から、
「あなたが空手でやっている事と同じ──」
と言われた時は、正直申しまして、最高の褒め言葉として、素直に受け取らせていただきました。

礼儀こそ、誠真会館の根本理念の一つです。
前述の工業高校に負けないくらいに“現場教育”に徹していきたいと思っております。

しかし、小生の知っている人間の中には、
「自分から挨拶をしたら損」とか「自分から頭下げたら損」などと、思っている輩もおります。
あるいは「相手から挨拶をしてきたから、自分のほうが偉いんだ」とか「相手から頭を下げてきたから、自分のほうが正しいんだ」などと、勘違いしている輩もおります。

それではあまりに、
人として、低次元であり、
哀しいまでに、稚拙であり、精神が貧弱であります。
と言っても──、
今年の政・財・官からして同じ次元で、
お上がそうなら、巷で起こった事件もまた同じ次元で、
この国の精神の貧困を憂うばかりです。

「礼に始まり礼に終わる」のが武道!
誠真会館が目標とする
「強く優しい人になる」
とは、
「強くなった分だけ、礼儀正しくなる」
と、いうことでもあります。

今年、最後のブログがまた説教臭くなってしまいました。
自戒しつつも、ついついこうなってしまうので、我ながら、困ったもんだと頭を抱えております。
新年からは、また新たなブログ展開をしていきたい、と思っております。

今、これを書きながら・・・、
今年の1月1日のブログを見直したところ、
「強く優しく、明るく」
のタイトルで書いておりました。
そういった意味では、
年始にも、年末にも、
「礼に始まり礼に終わる、この一年!」
ということで、
「礼」で締めさせていただきます。

皆さん、
いろいろと、ありがとうございました!
良いお年をお迎え下さい!
今年最後の感謝を込めて、
押忍!



posted by 井上誠吾 at 22:25| 日記

2010年12月25日

「難病と闘う少女」に皆さんの善意を!


前回、ブログについて書きましたが、
新しいブログの構想は、ある程度は決めているのですが、
何せ、パソコンが苦手な小生ですから、一人でできることではなく、もう暫くは、書きたいことが山積していますので、これまで通りの書き方を続けていくしかない、と思っております。

さて、書きたい事の、否、書かねばならない事の一つ、
「難病と闘う少女」です。

難病にかかっている要美優(かなめみゆ)ちゃんは、
誠真会館の黒帯の松沢優子先輩の親戚の子でもあります。

美優ちゃんの病気は、
「小児拘束型心筋症」という難病で、血液を十分に送り出すことができず、悪化すると重度の心不全で死亡する病気だそうです。

地方のテレビでは、難病と闘う美優ちゃんの姿が放送され、
募金の呼びかけをしているそうですが、
その募金活動まだ全国的な広がりには及んでいません。

小児拘束型心筋症は、
平均寿命は1〜2年とあまりにも短く、
しかも突然死が多いという特徴があるそうです。
現在のところ有効な薬物療法や手術はなく、助けるためには心臓移植しか方法がないようなのです。
しかし、日本で移植を受けるチャンスはほとんどなく、
米国のコロンビア大学病院で移植手術を受けるしか道はないようです。
幸いにも、多くの先生方の尽力で、コロンビア大学での受け入れ態勢ができたようですが・・・、
問題は莫大な費用です。

健康保険など公的な補助は一切受けられないため、
とても個人で賄える金額ではありません。
総額で、1億5200万円の費用がかかるそうです。

美優ちゃんの命は、
このまま手術を受けずに悪化すれば、あと1〜2年という短い期間しか残されていません。

どうか、このブログをご覧になった方々には、
善意の支援と協力をお願いしたいのであります!

下記が募金先であります。
さらに詳しくは、
「美優ちゃんに心臓移植を」で開くと、募金活動のホームページがありますので、ご覧になっていただきたいと思います。

口座名(共通)
美優ちゃんを救う会

沖縄銀行
内間支店 142 普通1811770

琉球銀行
内間支店 329 普通498380

海邦銀行
内間支店 036 普通0611995

ゆうちょ銀行
708 普通1620799
ゆうちょ銀口座間振り込みは
記号17000 番号16207991

沖縄県農業協同組合
浦添支店 9375-349 普通0027755

みずほ銀行
那覇支店 693 普通1712231

電話でのダイヤル募金もあります。
0990-500666 

メッセージを聞くだけで300円(税込315円)が募金されます。
携帯電話やIP電話からはつながりません。

皆さん、どうか、よろしくお願い申し上げます!






posted by 井上誠吾 at 23:11| 日記

2010年12月16日

ブログについて


このところ、ブログの更新がされていないとの事で、心配の声が届いております。
なんとも申し訳ありません。
ついにネタが尽きてしまいました。
と、言うのは冗談で、
さにあらず、書きたいことは山積しております。

テーマ別に言えば、
近隣諸国の数々の問題──「北朝鮮の延坪島攻撃」、それに関連してくる「尖閣諸島」「北方領土」「竹島問題」「普天間問題」、さらには現政権の「防衛問題」「外交問題」「武器輸出問題」、そしてさらに昨年はオバマ氏、今年は劉暁波氏が受賞した「ノーベル平和賞」こと、また「逮捕されたウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジュ氏」と「漁船衝突ビデオを流出させた海上保安官」、その二人から見えてくる「国家機密問題」「情報漏えい問題」等々・・・、
もう多岐に渡り、物申したいことが山ほどあります。

また、少しやわらかいテーマでは、
放送が終了した「龍馬伝」も書きたいし、そこから繋がる「勝海舟」「高杉晋作」「中岡慎太郎」、そして尊敬してやまない「吉田松陰」のこと、さらには龍馬とは敵対はしたが己れの信ずる大義を貫いた「土方歳三」等々・・・、
坂本龍馬から入っていくと、これもまた多岐に渡って語り尽くせないほど書きたいことがあります。

さらにまた、もっと、やわらかいテーマでは、
「現代人のマナー」についても書きたいことだらけで、「自転車のマナー」「交通のマナー」「電車内のマナー」「レジ前でのマナー」。そして最近気になっているのが「高齢者への対応」等々・・・、
挙げだすとキリがないほど書きたいことだらけです。

しかし、このブログはいろいろな人が見ておられ、
誠真会館の館長として、誤解を招くようなことだけは書くべきではない、と自覚しております。
特に「防衛問題」などは過去にも何度か書いておりますが、
あの程度でも、誠真会館の指導員の中から「あまり過激な内容にならないほうが良いかと思います」と苦言を呈し、心配してくれる者がいるくらいであります。

小生には、政治的な思想はまったくなく、右でも左でもありませんが・・・、
武道精神を根本にしているのはいうまでもありません。
「仁」「義」「礼」「忠」「孝」「勇」「信」
この精神支柱に照らし合わせて世間を見渡せば、
様々なことに対し、ついつい義憤に駆られてしまうのであります。

しかし・・・、
ブログとして、それでいいのかどうか・・・?
このブログを書き始めたのは、2006年12月2日ですが、
当時は、ブログとは、どのようなもので、どのように書けばよいのか全く分からず・・・、
第一回のブログに、
「空手はもちろん、政治、経済、宗教、文化等々、あらゆる分野に対して、生意気かもしれませんが、小生なりの言葉を紡ぎ出していきたいと思っております」
と、書いています。
その思いは、そのまま現在まで続けてはいるのですが、
ここにきて、このままの書き方でよいのか?
と、疑問を抱き始めてきているのであります。

実は、ブログを書くにあたって、小生なりに「ブログ書きの注意点」というものがあるのです。
それは、以下の三点です。

@ 正義を振りかざし、他者に押し売りはするな。
A 誰でも、いろいろな側面があり、個を尊重せよ。
B やさしさとウイットを紡ぎ出せ。

この三点を、いつも念頭に置いて書いてきました。
しかし、如何せん、我が強いというか、片意地を張るというか、
あるいは説教くさいというか・・・、
ついつい@とAを守れず、暴走してしまうのであります。

そこで、なるべくBを意識しようと書き始めると、
ウィットのみが先走って冗漫な文章に陥ってしまう、という悪循環を繰り返してきた、というのが実感であります。

そんな状況ゆえに、書きたいことは山ほどあれど、更新が滞ってしまっているのであります。
ご心配かけて申し訳ありません!

しかし・・・、
暗中模索の中に、ブログとして、どうあれば良いのか?
やっと、漠然とではありますが、見えてきております。
近々、それをお知らせしたいと思っております。

それまでお待ち下さい。
ご心配をありがとうございます!
感謝の押忍!

posted by 井上誠吾 at 12:05| 日記