2011年01月24日

久之先生の結婚式


九州本部の坂谷久之先生の結婚式に行って参りました。

久之先生は、
九州本部長の坂谷彦山先生のご長男であります。
そして、
顧問の坂谷朝雄先生はいとこ叔父、
関東本部新座支部長の坂谷亨先生は叔父、
さらに、久之先生が勤める会社には、
社長であり九州本部の顧問である桑岡隆太先生、
会社の先輩であり長崎支部長である町田勝先生、
と、誠真会館と久之先生は、ご家族から、親戚から、職場まで、幅広く関係しており、
小生自身も親身にお付き合いをさせていただいております。

このたび、小生は、来賓祝辞、の大役を仰せつかりまして、緊張した空気の中、その場に臨みました。
ここで祝辞で述べました“久之先生のお人柄”の部分を紹介させていただきます。

久之先生は、
どのようなことがあっても、いつもニコニコと笑顔で人に接しておられます。
嫌な顔とか、疲れた顔など一度も見たことがなく、
きっと、“人の喜ぶ顔を見ることを自分の喜び”としている、そう思って行動しているのではないかと感心いたしております。
あとカラオケの歌が上手い!
きっと新婦の美沙季さんの前でも、愛のバラード曲なんかを唄って、美沙季さんはグッときたのではないかと想像いたします。
あとで久之先生にマイクを持たせないで下さい。この会場の女性がグッときてしまうと困りますから。
ともあれ、久之先生の笑顔には素晴らしいものを感じております。

最後のほうの、
「マイクを持たせないで下さい。この会場の女性がグッときてしまうと困りますから」
は笑い、が起こるかと思いきや・・・シーン、としており、
祝辞の難しさ、恐ろしさを肌で実感いたしました。(汗)

そのあと、新極真の世界チャンピオンである塚本徳臣先生が祝武として空手の演武を披露され、さらにそのあとに誠真会館九州本部の久之先生の教え子たち30人の少年部が町田先生の指導のもとで空手の演武を行い、大きな拍手を貰っていました。

演武が終わったあと、会場の出口で30人の少年部たちに労いの言葉をかけてやろうと待機していると、まさか、小生が来ているとは知らなかったのか「えッ」と驚く子供たちや笑顔を見せる子供たちもいて、昨年の7月以来の再会の喜びを味わいました。

それにしても、数多くの参列者があり、久之先生と新婦・美沙季さん、彦山先生と奥様、そして新婦のご両親、皆様方のお人柄ゆえの結婚式だったと感じております。

同席だった塚本徳臣先生とは、いろいろな話をして、意気投合しました。
その後、町田勝先生・坂谷亨先生、そして塚本先生たちと二次会へと流れ、塚本先生とは、空手界の発展に対して、流派の垣根を越えて、互いに協力し合うことを約束し、最高に盛り上がっていきました。
三次会も誘われたのですが、体調を崩していることと明日が早いという理由から、お別れしましたが、塚本徳臣先生とは素晴らしい出会い、と相成りました。

これも、この日の主人公である久之先生はもちろん、
彦山先生、朝雄先生、町田先生、そして、この日も二次会の席を用意いただいたり、何かとお気遣いいただいている桑岡先生、皆様方のお陰だと感謝しております。

また、演武に参加した少年部の皆さん、そして保護者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました!

最後に、
久之先生・美沙季さん、おめでとうございました。
末永く、お幸せに、素敵な家庭をお気づき下さいますよう、心からお祈り申し上げます!
お二人の幸せを祈って、押忍!
posted by 井上誠吾 at 10:28| 日記