2011年06月22日

年老いた天使たち・福島原発暴発阻止行動プロジェクト


前回の続きという事で──。
「年老いた天使たち」というのは、
元技術者の山田恭暉さん(72)を中心に、
「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」(一昨日届いた活動報告では団体の正式名称をこれからは「福島原発行動隊」と変更とのこと)
で活動されている方々のことです。

このプロジェクトは、福島原発の収束へ向けて、
「退役した元技能者・技術者たちが福島原発事故の現場でボランティア作業をする」ことを目的に結成されたものです。

「年老いた」は失礼かも知れませんが、
小生も、もうすぐ還暦、お仲間ということで許しを乞い、
「年老いた天使たち」と表現させて頂きました。

さて、その天使である山田さんは、、
「原発の暴発を防ぐには、10年作動する冷却設備を設置しなければならず、放射能汚染された環境下での作業となる。現在、原発事故現場では若い人たちが作業をしているが、阻止するには、放射能被曝の害が少ない高齢の技能者・技術者たちが次世代のために働くしかない」
と訴えているのです。

このプロジェクトに興味を抱かれた方は、
「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」
のサイトを見て貰えれば更に詳しい情報が得られます。
代表である山田さんのような元技術者や技能者はもちろん、原子力関係の大学教授、放射能医学の医師、建設重機のオペレーター、福島原発の建屋建設に携わった鳶職人、はたまた技術も技能もないが体力だけはある方、後方支援で現場で働く人々の弁当を作りたいという女性、等々・・・様々な人々が集結しております。
現在、行動隊&賛同・応援していただける方を募集されており、登録フォームもありますので、ぜひとも覗いてみて下さい。

実は、小生もプロジェクトの一員として登録しています。
震災後、何か自分にできることはないか、と思っていた折、
山田さんのブログを見て、すぐに参加を決意しました。
しかし、行動隊は放射線の感受性が少ない60才以上とのことで、小生はあと1年と2ヶ月ほど経たないと行動隊には入れず、賛同・支援者として登録させていただき、集会等に参加しております。

現在、行動隊(60才以上)が約369人、賛同・支援者が約1224人で、政府に対して国家プロジェクトとして申請するように活動しております。
小生が参加した5月中頃は、まだ行動隊が約70人、賛同・支援者が約700人程度だったので、相当に増えてきてはおりますが・・・、
「数は力」であり、今のままでは圧倒的に数が足りません。

山田さんを中心に、なんとか政治家たちを動かそうと活動しているのですが・・・、
周知の如く、今の政治家にはまったく期待はできません。

それでも、山田さんたちは、
まさに天使のような純粋さで、政治家たちに期待し、このプロジェクトの実現へ向けて活動されておられます。
個人的には、山田さんの謙虚で温厚な人柄に深く感動し、尊敬の念も強く抱いているため、残念で仕方ありません。

すみません。またナガクなりそうですので、
次回の「年老いた天使たち・支援の輪を広げよう」へと繋げさせていただきます。


posted by 井上誠吾 at 10:14| 日記