2011年11月28日

極真会館福島県本部・門馬道場!


極真の福島県本部の門馬道場を訪ねてきました。
ありがたいことに門馬智幸師範から、
「一度、是非うちの道場を見に来て下さい」
とのお招きを頂戴し、26日(土)・27日(日)と伺わせていただきました。

門馬師範は、矢吹の地に本部道場を置かれ、
県内各地12箇所に道場を有され、武道空手の普及に尽力されておられます。

先ずは、本部である矢吹道場を案内していただきました。
そこでご紹介されたのは、県北支部長の岩崎菜穂子先生でした。
全日本で型の部で三連覇を果たされた凛とした素敵な女性であります。

本部道場の内部は、
あえて板張りにされたという武道場らしい趣きを醸し出し、
男女の更衣室もゆったりとした空間で、事務室の横にはシャワールームまで完備している素晴らしい道場でした。

時間的に全道場を廻るのは到底、無理なことで、
続いては、門馬師範自らが車を運転され、近隣の各道場を案内して頂きました。
この日は稽古がない為、西郷道場や泉崎道場は外から見学、最後に、少年部と一般部の合同稽古をしている須賀川道場へ案内していただきました。

ここでは、門馬師範の実弟である門馬功先生が指導をされており、すでに駆けつけておられた岩崎菜穂子先生も一緒に指導をされておられました。

ちなみに門馬師範は会社を経営されており、
実弟の功先生は、その会社の社員でもあるのですが・・・
実の兄でありながら、道場では師範に「押忍」と受け答え、会社では社長に「はい」と受け答え、その切り替えを見事に使い分けされておられるようです。

その須賀川道場で、
少年部の型・ミット・一般との合同スパーリング、と見学し、
続いて、ガラス張りに仕切られた控え室で、少年部の保護者の方々とも話をさせていただきました。

子供たちが懸命に稽古に励む姿、
その子供たちを優しく見守る保護者の方々、
大震災・原発事故、という、
未曾有の出来事に直面されているというのに、
皆さん、穏やかで、明るく、礼儀正しく、
なんとも、熱いものを感じながら道場をあとにしました。

門馬師範に案内された会席には岩崎菜穂子先生も同行され、空手の話はもちろん、多岐に渡って様々な話を深夜遅くまでさせて頂きました。

翌日、門馬師範に松平定信が造成した南湖公園などを案内され、車中やコーヒーや食事をしながら、色々な話を致しました。
その中のひとつに地震の話があります。

地震の爪あとは今でも深く各地に残っております。
門馬師範の家は地震により、半壊状態のまま、のようです。
例え、補修や改築をしたとしても、巨大な余震が来れば倒壊してしまう、との判断から、手を付けられない状況にあるのです。
その上、放射能の問題も大きく控えています。

それでも、門馬師範はじめ、岩崎菜穂子先生、門馬功先生、そして少年部・一般部の道場生、そして保護者の皆さんは、希望を捨てずに稽古に励み、再興へ向けて、奮闘されておられます。

大震災の国難の中、
為政者が国民を欺き、夢も希望も持てない、
不透明で先が見えない至難の時代が到来している今、
福島の門馬道場の人々は、夢や希望を捨てず、
健気に、明るく、逞しく、生きておられます。

小生のほうが沢山の元気を頂きました!

門馬師範にはご丁寧に新幹線の駅まで見送っていただき、
これから先、様々なことで深く交流しあうことを約束し、
福島をあとにしました。

門馬師範はじめ、岩崎菜穂子先生、門馬功先生、少年部や一般部の道場生の皆さん、保護者の皆さん、
ありがとうございました!
感謝の押忍!

posted by 井上誠吾 at 12:10| 日記

2011年11月25日

カラテキッズの動画配信!

「カラテキッズ」とは、
誠真会館の少年部の中から募った“子役ユニット”です。

彼らは、まだまだ、
空手はもちろん、アクションも演技も未熟です。
しかし、未知数の魅力を持っています。
手前味噌で、“親バカ”的かも知れませんが、
手垢のつかない新鮮で純朴な素材として、
未来のスターになる可能性を充分に秘めた子供たち、
と、小生なりに信じております。

まだ誕生したばかりで、世間に発表するほどまでには至らなかったのですが、これまで地域の祭りやイベントなどに出演し、多少の露出はしてきました。

その辺の活動の評価を高くしてくださったのが、
西荻窪商店連合会会長の猪鼻徳寿(いのはなとくじゅ)氏です。
猪鼻会長は、毎年5月に行われている西荻窪で最大のイベント「ハロー西荻祭り」の考案・実行された方です。
西荻窪の地をこよなく愛しておられ、常日頃から、様々な企画・イベントを考案され、「西荻窪という街がどうあれば良いのか?」を率先垂範されておられおられる方です。

その猪鼻会長が、
「にしおぎBURARI (西荻ぶらり)」
という地域活性ソングをプロデュースされ、
今回、誠真会館の「カラテキッズ」とのコラボレーションが実現しました。

パソコンで、
「にしおぎぶらり・カラテキッズ」
で検索すると、YouTubeで動画配信されています。

西荻窪の駅・商店街・東京女子大前・善福寺公園・どんぐり公園、等々で撮影をしました。
撮影中には、街の人々から
「かわいいね」とか「元気あっていいね」とか「今時の子供はこうでなくちゃいけないな」とか、お褒めの言葉を数多くいただきました。

そのようにお褒めいただいた方が、
撮影している子供たちの後ろに映っていたりして、NG。
なんだか、応援しているのやら、邪魔しているのやら、
撮影時間がないというのに困ったもので・・・、
それでも、何とか、一日で無事に撮り終えました。

撮影・編集には、
道場生でCМ監督・映画監督でもある小宮雅哲氏の協力により、小宮氏の後輩・伊納達也氏に携わっていただきました。

短い期間でのロケ撮影・編集でしたが、
何とか完成しましたので、ここに報告させていただきます。

皆さん、是非とも検索して観て下さい。
多くの方が観ていただくことで、
西荻窪の街の宣伝にもなり、
「カラテキッズ」つまり誠真会館が地域に根ざして活動していることもご理解していただけるかと思います。



posted by 井上誠吾 at 12:28| 日記

2011年11月22日

芸術の秋に二つの紹介


一つ目は書道。
九州本部長の坂谷彦山先生は書家でもあります。
そして、東京書作展の審査員でもあり、
このたび、第33回東京書作展へ審査員として出品されています。

毎年出品されており、小生も会場に足を運ばせていただき、その作品に触れ、視覚的にも感覚的にも刺激を受け、勉強になり、その奥深さに感銘しております。

今年も11月29日〜12月4日まで、
池袋・サンシャインシティ文化会館2階で開催されます。
入場料500円のところ、坂谷彦山先生より、無料の招待状をいただいております。
道場生・もしくは少年部の保護者の方々の中で、
観てみたいという方は、本部道場まで問い合わせして下さい。
先着・10名様まで、招待券を進呈いたします。



二つ目は映画。
新宿支部の道場生・佐藤秀明(ヒデアキ)氏は映画のプロデューサーです。
映画制作会社の社長でもあり、
小生とは互いに役者時代から30年来の付き合いです。

その佐藤ヒデアキ氏が自作の映画をインターネットシアターとして、公式サイトで公開しています。

ドリームワン・インターネット・シアター公式サイト:
http://www.dreamonefilms.com/dreamonetheatre/

このサイトに載っている作品以外にも、プロデュース作品はあるのですが、
ここでは著作権の関係から、佐藤氏自らが権利を有している作品のみを紹介しているようです。
興味のある方は、ぜひ覗いて見て下さい。



芸術の秋です!
素晴らしい創作品に出会うと、
心が豊かになり、
そこで得た知識や、体感や、情感は、
そのまま生きるエネルギーとなり、
人生さえも豊かに彩ることができる筈です。

秋は、そんな作品に触れてみるのに適した季節であります。

posted by 井上誠吾 at 13:03| 日記

2011年11月16日

ギャバン・大葉健二&水戸黄門・関根大学


昨日、俳優の大葉健二・関根大学と会い、三人でいろいろと打ち合わせをしました。

大葉・関根と小生は、三人で「演劇ユニット☆磨心頑」を主宰しており、定期的に会合を設けて打ち合わせをしています。
昨日は、来春に向けて企画している件での打ち合わせがメインですが・・・その企画の内容については、このブログで追って報告するとして・・・先週、再開したこのブログの第二弾は、大葉と関根、二人の出演作の宣伝をさせて下さい。

大葉健二は、来年の1月21日より公開の映画、
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」
に主役として出演!

関根大学は、12月19日に放送予定の、
「水戸黄門最終回2時間スペシャル」
のゲスト出演!

大葉は、ギャバンこと一条寺烈役に加え、
バトルフィーバーケニアの曙四郎役、
デンジマンブルーの青梅大五郎役、と何役も演じたらしく、
キレのあるアクションも披露したようなので、往年のファンはもちろん、お子さんのお持ちのお父さん・お母さんは、是非とも劇場へ足を運んで下さい。

関根は、「水戸黄門最終回2時間スペシャル」で、歴代のキャスト・ゲスト出演者としてプロデューサーから声がかかり、豪華な出演者たちと共に撮影を終えたようです。
42年の歴史に幕を下ろす最後の「水戸黄門」にチャンネルを合わせて下さい。

二人の出演作、お時間がありましたら、是非、観て下さい!



posted by 井上誠吾 at 12:28| 日記

2011年11月11日

本日より、再開!


お待たせしました!
8月2日より、更新を止めておりましたブログを再開いたします!
タイトルは「井上誠吾のひとり言」です。
最近、ブログの更新がないですね、と何人かの方からご心配の声が届いておりましたが、ようやく、再開にこぎつけました。

さて、
本日より、書き始めるブログは、
小生の、「ひとり言」なのであります。

これまでのブログは、「政治」「経済」「宗教」「文化」等々と、武道空手がどう関わるべきか、との立ち居地で文章を書き進め、文末に「だから、武道空手が今の世に必要なんだ」と結んできましたが・・・、
この「ひとり言」の中では、そういったことは、ぼそッ、と呟く程度で、小難しくなるようなことは一切ありません。

例えば、今年の1月1日に書いた、
「日本はどうあるべきか!」
のような内容のものは、トップページの「道場理念・館長の解説」の中で書いていきます。
この「館長の解説」は、
誠真会館の道場生に向けて、「空手を修得する者の身の処し方」、もっと分かりやすく言えば、「空手を通して生きるヒント」的な内容にしたいと思っております。

道場で行う稽古は、非日常の世界です。
憎みあってもいない道場生同士が、
突きや蹴りを出し合って闘う、
乱暴な表現でいうと、殴ったり蹴ったりの“どつきあい”です。
まさに非日常です。
しかし、
その“どつきあい”には、ルールがあります。
礼節や理念があります。
非日常で得た苦しさ、辛さ、痛さ、怖さ、
さらには忍耐や礼節、といったものを日常生活に活かしてほしいのです。
そのような思いを、これまでは「誠拳閑話」のブログの中で書いてきましたが、これからは「館長の解説」の中で述べさせていただいと思っております。

このブログをご覧の皆さんの中には、空手と無関係の方もおられますが、もしよろしければ「館長の解説」も合わせて見ていただけたら嬉しく思います。




それにしても、今年の1月1日に書いた、
「「日本はどうあるべきか!」
とは、また大層なタイトルだなぁ・・・。
ま、しかし、館長としては、あのように表現するしかなく、元旦の挨拶としては、適していたのかもしれないな。

と思わず、呟いてしまいましたが・・・、
概ね、
「井上誠吾のひとり言」
では、
このような「呟き」になっていくかと思います。




ともあれ、本日より再開です!
お時間がありましたら、是非ともご覧になって下さい!



posted by 井上誠吾 at 13:12| 日記