2011年12月31日

今年を振り返り──無理はするけど無茶はせず


今年もあと6時間ほどで終わろうとしている。
あっという間の一年だったなぁ・・・。
なんて、ふと、この一年を思い返しています。

それにしても、59年間、生きてきた小生の中で、
東日本大震災は最大級の出来事でありました。

大震災が起こって、三日後に、
「誠真会館として、被災地へ行きましょう」
と加藤先生はじめ、何人かの指導員から言われたものの、
「行って誠真会館として何が出来ますか、阪神・淡路の際、被災地でボランティア難民が出たように、返って迷惑をかける可能性だってある。我々ができることは誠真会館の道場生を元気付け、その元気の輪を地域に広げ、その元気の輪が巡り巡って、被災地に届くように、身近で頑張るしかない」
と加藤先生たちの意見を退けました。
さらに、「誠真会館として、義援金を募る」という話も出ましたが、これも「誠真会館として、浄財は預からないほうがよい」と退け、義援金は個々が日本赤十字社などの公的機関に送るようにと勧めました。
同時に、そう言いつつも、空手家として己れの無力さを痛感しているもう一人の自分がおりました。

やがて、個人的にですが、福島原発行動隊の一員として「福島にいこう」のボランティア活動に参加してきましたが、被災地の惨状を目の当たりにして、ますます己れの無力さを痛感して帰ってまいりました。

さらに誠真会館として、
被災地、・特に原発の風評被害に遭っている福島県産や茨城県産の汚染されていない安全な野菜や果物を購入しようと動いたのですが・・・、
これは60才になろうとしている己れが食べる分にはいいが、子供たちや若い人たちに食べさせるわけにはいかない、との結論に至り、考えの甘さや無力さを痛切に感じながら、頓挫!

自分にいったい何ができる?
「誠真会館として、被災地へ行きましょう」との指導員たちの熱い思いを蔑ろにしたまま、誠真会館の館長として、あまりにも何も出来ない己れに苛立ちさえ感じておりました。

そんな中、志優会の新津先生と話し合い、
日本空手連盟の大会は震災チャリティーとして、一部を義援金に充てさせていただく、と決めたことが、空手家として、せめてもの“ご奉仕”と受け止めております。

来年は「カラテキッズ」(仮題)の映画を完成させ、
被災地で公開をして、被災された方々の前で出演俳優たちがイベントを行い、映画の収益金の一部は義援金に充てさせていただく、という別角度の“ご奉仕”を行っていきたいと企画を進めております。

この「カラテキッズ」の映画は、
誠真会館の館長として、また15才から空手を始め、上京後は役者として、その後は脚本家として、59年間生きてきた今の小生にできる一番自分らしい“ご奉仕”だと思っております。

来年、小生は、とうとう還暦であります。
まさか、自分が赤いちゃんちゃんこを着る年になろうとは、
断っておきますが、もちろん赤いちゃんちゃんこは着ませんよ。着ませんが、そんな年になったんだな、と感慨深く、59年の人生を振り返りつつ、年の瀬にこのような文章を書いておる次第です。

まだまだやることは山積しています。
来年、60才ですが少々の無理は承知で突進していきます。
ただし、
無理はするけど、無茶はしません。
ご安心下さい。

皆さん、良いお年をお迎え下さい!
今年一年の感謝を込めて、
押忍!


posted by 井上誠吾 at 17:51| 日記

2011年12月29日

にしおぎぶらり カラテキッズ



カラテキッズの子供たちが学校で紹介されました!

紹介の労を取っていただいたのは
杉並区立高井戸第四小学校の校長先生であります。
しかも全校児童が集まる講堂の大きなスクリーンに、
「にしおぎぶらり カラテキッズ」
の映像を流し、ユーチューブで配信されています、との言葉を頂いたようです。

その壇上に、
カラテキッズの小山央祐・寛士の兄弟と木村拓馬の三人が呼び上げられ、全校児童の前で撮影時についてインタビューされたようです。

央祐は「どんぐり公園での撮影が印象に残っています」と的を得たコメントを述べたものの、
弟の寛士は「ボートが楽しかった」と撮影とは無関係の、昼食後の休憩時間にボートに乗って遊んだこと、を語ったらしく、笑えました。
そして、拓馬は「街が賑やかでした」と語ったというので、「君は西荻窪に住んでいて、そのコメントはないだろ」と小生がツッ込むと「本当はパチンコ屋がうるさかったと言おうとしたけど、言ってはいけないと思い、街が賑やかでした、と言ってしまいました」との事で、これまた笑えました。

何はともあれ、嬉しいことです。
校長先生のお骨折りには本当に感謝であります。
ごく普通に考えても、児童の映像がユーチューブで流されている、というだけで、全校児童の前で、スクリーンにその映像を映し出し、壇上まで上げてインタビューまでしてあげる、ということまではなかなか出来ることではないと思います。

校長先生、本当にありがとうございました。校長先生には、感謝の手紙を書こうと思っています。
その手紙を三学期の始まりに、央祐・寛士・拓馬の三人に託し、校長先生に手渡してもらおうと思っております。

校長先生に感謝の押忍!



ところで・・・、今日は29日。
今頃になって年賀状を書いています。
25日までに、半数ほど書いて投函したのですが、昨日まで何かと用事に追われてしまい、残りの半数の人々の年賀状が残っております。
年賀状は筆で手書きで書いているため、小生にとっては、毎年、数日間に渡っての一大イベントなのであります。
気持ちを入れ替えて、さぁ、書くぞ!


posted by 井上誠吾 at 10:06| 日記

2011年12月20日

10人組手&40人組手



18日の日曜日、昇級&昇段審査を行いました。

午前中に少年部の昇級審査を、新宿スポーツセンターで行い、午後からは、西荻窪に移り、本部道場で一般部の昇級審査を行いました。

その中で、
初段の審査を受ける小宮雅哲氏、川波海平氏、田中嘉彦氏、以上3人の10人組手と、壮年部の松嶋朝則氏の5人組手、
四段の審査を受ける加藤邦顕関東本部長の40人組手を行いました。

最初は、5人組手と10人組手に挑む4人が、途中から動けなくなるのではないか、と心配したのですが、
心配無用!
4人とも、苦戦しながらも見事に5人組手と10人組手を完遂しました!

その後は、関東本部長・加藤先生による40人組手です。
1人目からリラックスした闘いぶりに安心していたのですが、15人目あたりから、相手の突きを捌かずにまともに受けだし、苦戦する場面もありましたが、それでも、上段廻し蹴り、中段突き、足掛け下段突き、等々と次々に技ありを積み重ねていき、見事に40人組手を完遂させました!

これには昇級審査後、そのまま加藤先生の応援に廻った皆さん、各道場から駆けつけた皆さん、そして、加藤先生が40人組手をやる、と聞いて久々に顔を出されたドクターの竹下聡氏(ブログ・誠拳閑話の中に何回も登場の御仁)等々の皆さんも感動し、大きな拍手を送っていました。

加藤先生が、40人組手に挑む決意をしたのは半年前の事、
頑張っている道場生の人たちを見ていると、今の自分はこのままでいいのだろうか、と疑問を感じ、自分自身に枷を負わせたい、という気持ちからでした。

その思いの丈を見事に果たされた40人組手でした!
同時に道場生の皆さんに、
「空手とはこうあるべきだ!」
との範を垂れた内容であったと思っております。

道場生はもちろん、駆けつけた応援者の皆さん方は、
5人組手・10人組手・40人組手、と挑戦者と共に道場で同じ空気感を味わい、大切な何かを得てもらえたのではないか、と思っております。

誠真会館を創立して5周年の節目で、実に素晴らしい昇段組手でした。
挑戦した5人と、応援していただいた皆さん方に、
お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!
感謝の押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:58| 日記

2011年12月17日

久々に飲み会・寺島進



先月のことですが、俳優の寺島進氏と飲み会をやりました。

先月のことを今頃書くか?
と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが・・・、
ま、これが今までの「誠拳閑話」と違った新バージョンの「ひとり言ブログ」ということで、お許しいただき、気楽に書かせて下さい。

さて、その寺島進氏。
今や北野武映画の主役クラスの出演はもちろん、
ドラマ「南極大陸」の観測隊員役、
CM「伊藤園のカテキン緑茶」の社員食堂のシェフ役、
等々で活躍中の彼ですが・・・、
売れない下積み時代がありました。

しかし、彼の人柄と魅力は、
無名当時から彼の中で醸成されていました。

小生がやくざの幹部役で出演していた時のことです。
多分、彼は名もないチンピラ役だったはずです。
幹部役の小生が配下を率いてチンピラたちが屯しているところへ乗り込んで蹴散らしていく、というシーンでした。
テストの時、幹部役の小生の前に真っ直ぐに突っ込んで「おらおら、なんだてめぇらッ!」とアドリブを言いながら凄んで見せたのが、寺島氏でした。

打ち合わせなどありません。
テストでいきなりのアドリブです。
突然、目の前に、背の低い彼が下から睨みつけながら「おらおら」と彼流にカマセてきたのです。

その姿を見た瞬間、なんだコイツ、と驚くと共に、
“ぴちぴちした新鮮な魚”というか、
“凄んで見せているのに可笑しい”というか、
はたまた、目力があるので、
“本当に喧嘩を売られている”というか、
何だか色々と複雑な感情が入り乱れた瞬間でありました。

その日、撮影が終わって、寺島氏を飲みに誘い、
「おまえ、いいよ、寺島ッ、絶対に売れるからガンバレよ」
偉そうに、先輩ぶって褒めちぎりました。
その後も何回か仕事や飲み会で顔を合わせ、付き合いがあったのですが・・・、

彼が売れ始めてからは、まったく連絡をしていませんでした。
そして、
今回、映画「カラテキッズ」の出演をお願いをしたところ、
売れっ子で忙しいから、会ってくれないんじゃないか、との心配もあったのですが、二つ返事で出演を快諾し、飲み会にも来てくれたのです。

久々に酒を酌み交わしても、
昔と少しも変わっていませんでした。
飾ることなく、
驕ることもなく、
やんちゃで、江戸っ子気質丸出しで、
実にイイ男でありました。

もう「寺島」とは呼べません。
それは役者として今を築き上げた彼に対して失礼です。
かといって「寺島さん」は堅苦しいし、と言い迷っていると、
「寺でいいんですよ」と彼はいうのですが、
しかし、とてもじゃないが、「寺」とは呼べません。
で、「寺ちゃん」と言うことで、
昔話に花を咲かせ、美味い酒を酌み交わしていきました。

その寺島氏が「カラテキッズ」の企画書を見て、大いに共鳴してくれたのです。
中でも、
「被災地で映画公開し、復興支援の一助になりたい」
との話には、
寺ちゃんはしみじみと、
「歌手の人たちがマイク一本で被災した人々を勇気付けしているのに、俳優の自分には何もできず、無力さを感じていたんです」
と本音を語り、出演に意欲を見せてくれたのです。

実に、イイ奴、であります!
この映画、なんとしても完成させ、
被災地の皆さんに喜んで貰わねばと思っております!

ありがとう、寺ちゃん!


posted by 井上誠吾 at 10:13| 日記

2011年12月05日

第4回日本空手連盟大会・無事終了!

昨日、第4回日本空手連盟大会が終了しました!

大会に関係された全ての皆さん、お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!

特に、朝早くからの会場設営の準備に始まり、続いて試合進行に追われ、最後の撤収まで、あわただしい中を手伝っていただいたスタッフ・審判の皆さん、心から感謝申し上げます!

今回の反省点は多々あります。
すべては大会を主催している小生の責任と感じております。
先ず、早朝の審判団との朝礼で、
「参加している選手のことを思い遣って、判定に迷うような場面では、自分の判断ではっきりと結論を出すように」
と審判の皆さんに話したのですが・・・。
これが「延長2回引き分け」を数多く排出し、「体重判定」に委ねざるえない結果を生み出してしまった、そう思っております。

今までの大会にはほとんどなかった「体重判定」が、なぜ今回に限って多いのかを自分なりに考えていくと、そこに突き当たります。
審判の皆さんは、選手のことを思い遣って、劣勢だった選手でも「引き分け」との自分の判断をはっきりと出した、だけなのであります。

次回の大会からは、審判講習を重ね、そのほか多々の反省点も含め、改善すべき点を改善し、参加している選手が納得のいくような大会にせねばと思っております。

今回、映画「カラテキッズ」の浅野博貴プロデューサーはじめ、女優の菜葉菜さん、俳優の河合龍之介さん、大葉健二さん、関根大学さんたちがゲストとして顔を揃えて下さいました。

また誠真会館からは、
都政で相談役の野田数都議会議員。そして、サンシャインで開催されている「東京書作展」の審査員もされている坂谷彦山九州本部長。
お二人が寸暇を縫って会場に駆けつけてい下さいました。

さらに嬉しいことに、
福島の極真会館門馬道場の岩崎菜穂子先生、門馬功先生、井上賢二先生、以上御三方の先生が、福島から駆けつけて下さいました。

皆さん、本当にありがとうございました!


冒頭と重複しますが、
大会に参加された選手の皆さん、
保護者の皆さん、関係者の皆さん、
そして、各道場の先生、師範の皆さん、
最後に、早朝から撤収まで汗を流していただいたスタッフ・審判の皆さん、
皆さん、本当にありがとうございました!
そして、お疲れ様でした!



posted by 井上誠吾 at 13:49| 日記

2011年12月01日

映画「カラテキッズ」製作へ向けて発進!



ついに12月。
明々後日の4日は「日本空手連盟カップ」です。
選手の皆さんは、日頃の稽古で培った力を存分に発揮して貰いたいと思っております。

さて、その「日本空手連盟カップ」にゲストを呼んでおります。
それは、映画「カラテキッズ」のスタッフや出演者です。

いきなり、映画の話が飛び出し、驚かれている方もおられるかと思いますが・・・実は、空手の普及の願いを込め、大会の席上で映画製作の発表をしようと今日まで準備をして参りました。

その映画とは、来年の春に撮影に入る予定の空手の映画です。
以下、長文になりますが、よろしかったら、読み進めて下さい。

大震災で福島から避難してきた母と子が、空手を通して、
西荻窪に住む人々・道場生や指導者たちとの交流から、
日本人が失いつつある「潔さ」、つまり強く優しくあろうとする「武道精神」を描くものです。

それは、そのまま西荻窪の「東京発の街おこし映画」となり、
大震災で被災された方々への復興支援となるべく展開させていくものであります!

この映画の主人公である母と子は、東日本大震災の被災者という設定です。
ふるさとを追われた人々の姿から、我々一人一人が『喪った何か』について想いを馳せ、それぞれに成長していく子供たちの姿からは『生きるとは何か』との想いも馳せていくことでしょう。
さらに、この映画を被災地でイベント上映し、映画に登場する出演者たちが被災地の方々と交流を図ることによって、元気と勇気を届け、復興の一助となれるのではないか、と切に願うものであります。

映画の舞台は杉並区西荻窪の商店街です。
同じ沿線には、吉祥寺と高円寺という超人気の街があり、西荻窪はその間に挟まれ、ひっそりと奥ゆかしく存在しております。しかし、それは言葉を変えれば目立たない存在の街ということになり、事実、今現在、西荻窪という街にはこれといった文化を発信するものがありません。
そこで、この映画は東京発の≪街おこし映画≫として、西荻窪の地で展開していきたい、と提案するものであります。
≪街おこし映画≫とは、
この映画を発端に西荻窪をロケ舞台にして、若手の監督に低予算映画を作らせていき、西荻窪の街の活性化を図る、というものです。
それは、30年前には、何の文化もなかった下北沢の街が小演劇の誕生によって「演劇の街」として栄えていったように、やがては、低予算映画で西荻窪に住む街の人々を描き、「西荻窪映画祭 にしおぎ・インディーズ・フィルム・フェスティバル」(仮題)として活性させていこう、というものです。
まずは、インディーズ作品であるこの本企画を進め、賛同者・協力者の輪を広げていき、映画を完成させ、公開し、世間にアピールしていきたい、と思っております。
また、この映画は復興支援チャリティー映画として、収益金の一部は義援金として被災された方々に送金されます。

現在、キャスティングも進んでおります。
女優は、菜葉菜 映画「YUMENO」の主役、映画「ハッピーエンド」の主役、ベルリン国際映画祭受賞作・オースティン映画祭グランプリ受賞作などに出演。
男優は、河合龍之介 映画「タイマン」の主役、映画「手のひらの幸せ」の主役。
二人の主役クラスの俳優が決定しております。

子役は、前々回のブログで紹介しました誠真会館の中にある『カラテキッズ』の子供たちを中心に配役を致します。
彼らは、空手もアクションも演技も未熟ですが、手垢のつかない新鮮で純朴な素材として、未来のスターになる可能性を充分に秘めた子供たちです。
同様に誠真会館で空手修行している俳優集団☆磨心頑(後ろから読むと、頑張って、心を、磨く)という若手俳優たちも出演します。

さらに、企画意図である「この映画は、大震災で被災された方々への復興支援となるべく展開させていく」との事項に共鳴し、下記の俳優たちが出演を快諾しております。
大葉健二(「宇宙刑事ギャバン」「キルビル」等)、
関根大学(「ソナチネ」等の北野武映画)、
春田純一(「影の軍団」つかこうへい公演の主役多数)、
以上、三人の元JAC(ジャパン・アクション・クラブ)の俳優。
さらに、
寺島進(「踊る大走査線」など映画・テレビ・CM多数出演)、
菅田俊(「ラストサムライ」など映画・テレビ・CM多数出演)、
以上、二人の個性派俳優。

上記の俳優たちは大震災以降、
「自分に何かできることはないものか」
と被災された方々への思いを抱いていたのですが、
思うように支援に至らず、今回の企画を知り、大いに賛同し、出演を快諾したものであります。
そして、さらに現在、上記以外の有名俳優たちにも交渉の段取りに入っております。

スタッフは小生が企画・脚本を担当し、以下の素晴らしい方々が集結してくれました。

企画 浅野博貴 ベルリン国際映画祭受賞作「ヘヴンズストーリー」。オースティン映画祭グランプリ受賞作「Lost & Found」。山形国際映画祭チーフプロデューサー。ふかや映画祭審査員。

企画 小宮雅哲 CM監督として「ローソン」「年末ジャンボ宝くじ」などで二
度のACC大賞を受賞 。映画「ZOO」監督。

脚本 笹木彰人 劇団絶対王様の作家、演出家、俳優。映画・テレビ・ゲーム
ソフトの脚本。 映画作品に「隣人観察日記」「キャットボイス」など。

そして、協力は極真会館福島県本部門馬道場・門馬智幸師範です。

以上、低予算の映画ながら、
本格的な映画として通用する豪華なスタッフ・キャスト陣が集結し、さらに新たな俳優陣を交渉予定しております。

また浅野プロデューサーや三宅監督が数多くの映画祭において受賞してきたように、本作品も国内外の映画祭へ向けて発信し、それぞれの映画祭にて賞を獲得すべく展開させていくものであります。

明日の「日本空手連盟カップ」の大会には、
浅野プロデューサー、菜葉菜、河合龍之介、大葉健二、関根大学、の皆さんが
来賓として観戦いたします。

映画が完成しましたら、是非、劇場へ足をお運び下さい!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


posted by 井上誠吾 at 08:58| 日記