2012年05月28日

それぞれの報告



前回、予告いたしました件の報告です。

4月28日に、
国際空手道連盟極真会館・大石代悟師範が主催される全日本極真空手道選手権大会へ、
志優会代表・新津茂男先生の紹介で行って参りました。

大石師範を紹介され、挨拶を交わし、席で観戦していると、
この日は型試合ということで、セコンドや応援する人たちの声がないために会場全体が静か。
すると、大石師範はわざわざ小生の席まで来られて、
「型試合ですから、盛り上がりに欠けていますが、退屈されていませんか?」
と声を掛けられました。
3月に型試合を主催した者として、そのお言葉の意味するところは充分に理解しておるゆえに、型試合の進行の難しさについて意見交換をしました。
話には聞いておりましたが、いろいろとお気遣いをされる大石師範のその人となりに深く感銘を受けました。

この型の大会では、
福島門馬道場の岩崎菜穂子先生が一般女子で優勝!
少年上級で鈴木司選手・中学女子で白石綾選手・中学男子で石井新選手たちも優勝!
そして翌日の組手試合では門馬道場の選手たちが多数優勝!
さらに志優会からは、先日の「第5回日本空手連盟飛翔試合」の小学3年生の部で優勝した吉見藍綺選手が小学3年女子の部で準優勝を果しています!

4月29日は、
関東防具付空手道選手権大会に招待されました。
同団体の理事長の斉藤正利先生、誠真会館の「第一回型試合」のゲストで来て頂いた真塩勝先生に招かれ、
「流派の垣根を越えて大会を行うことが出来ないものか」
との大命題を受けての視察です。
後日、斉藤先生・真塩先生には「第5回日本空手連盟飛翔試合」にゲストとして招待し、我々の大会を視察して頂きました。
近々、同団体の顧問で東京中央南ライオンズクラブ会長の山口勝一氏を交えての意見交換をすることになっております。

5月4日は、
ゆうばり国際映画祭主演女優賞の菜葉菜さん、
「カラテキッズ(仮題)」の主役でもありますが、
彼女が主演する映画「どんずまり便器」に招待されました。
それにしても、
「何だ、このタイトルは!?」
と彼女が主役でなければ観もしないのですが・・・、
しかし、観ていくうちに“弟を愛する異常な姉役”を演ずる菜葉菜という女優の底力をあらためて感じ取りました。
それにしても、彼女の名演技とはうらはらに、この女性監督の映像表現に対する品格のなさには眉をひそめたくなりました。
「どんずまり」だの「便器」だの直接的な表現ではなく、
追い詰められた生活の中での弟との“禁断の愛”を、
“切なくも哀しく燃え上がる情念”として、
美しく描くことは出来なかったのか。

まったく、腹が立つほど勿体ない!

女性監督を責めたくはないが、菜葉菜さんが素晴らしい芝居をしているがゆえに残念でなりませんでした。
監督としての演出力は時折り光るものを感じるので、
何も男性監督が描くようなドロ臭い生身の世界観ではなく、
女性監督ならではの描きようがあるはずである。
繊細で客観的視野に立った限りなく美しい面妖な世界観、
そのようなものを構築したら素晴らしい監督になるのではないかと思っています。

と、ここまで書いて、まだナガクなりそうです。
前回予告しました「故神波史男先生を偲ぶ会」の報告は、
次回へと持ち越させて頂きます。


posted by 井上誠吾 at 10:43| 日記

2012年05月18日

感謝の気持ち



あれやこれやと様々な事に追われ、
一ヶ月もの間、ブログの更新をしていません。
それでも更新を期待され、毎日、覗きに来られている方々には本当に申し訳なく思っております。

以前は、ブログの更新が少しでも遅れると、
「どうしたんですか?」「体調が悪いのですか?」
あるいは冗談交じりに「ネタが尽きましたか?」
等々と心配の声が届いていたのですが・・・、

そうした人たちからの声が届かない。
特に今回のように一ヶ月も更新していないというのに、とんと忘れ去られています。
なんとも妙に寂しい限りです。
T氏・O氏・Uさん・Iさん、
そして、一、二度ほどメールを頂いた方々、
元気にしていますか?

もう見てくれていないのかなぁ。
と思うのですが・・・否、見てくれている筈です。
嬉しいことにアクセス数は年を追うごとに増加しています。
それはつまり、
以前から見てくれている人たちをベースに新規の人たちが加わったことでアクセス数が増えている、と思われるので、
上記の方々は、見てくれている筈、と確信したいのです。

「便りがないのは無事の知らせ」
それは、かく言う小生が一ヶ月も更新していないということを含め、お互い様、ということで。

皆さんには、お詫びと感謝の気持ちを込め、
先週の日曜・5月13日に、
「第5回日本空手連盟飛翔試合」
が無事に終了しましたことをご報告いたします。



「第5回日本空手連盟飛翔試合」に関係された皆さん、
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

当日は、試合の組み方に行き届かない点があり、
大会主催者として、次回の大会へ向け、反省材料として検討・改善をしていきたいと思っております。
それでも、大会終了後、野地道場の野地竜太先生が、
「いろんな大会を見ていますが、素晴らしい試合運びでした」
と心底から仰っておられました。
スタッフ・審判の皆さんには、野地先生のそんな嬉しい言葉を添えさせて頂き、労をねぎらいたいと思っています。

大会運営というものは権威的に独断専行するべきものではありません。
閉会式の挨拶でも述べさせて頂きましたが、
主催者の改善努力は当然です。
しかし、選手の皆さん、保護者の皆さん、スタッフ・審判の皆さん、各道場・各団体の先生方はもちろん、
「皆さん方の力を借り、皆さん方に育てて貰う」
という一面もあると思っております。

空手は、一人で強くなるものではありません。
基本や型や組手を教えてくれる指導者がいてこそ、
スパーリングやミットを持ってくれる仲間がいてこそ、
そして、それらの環境を与えてくれている家族がいてこそ、
人は、強くなっていくのです。

団体も同じです。
大会の主催者だけでは何も出来ません。
皆さんのご支援ご協力があってこそ運営が成り立つのです。
「主催者の力だけで大会が大きくなっているんだ」
との思い上がり、ある種の権威主義的な思考があるとしたら、それは参加選手に対して失礼極まりないことです。

その辺のところを充分にわきまえた上、
当日、試合会場におられた全ての皆さんに、重ねて、深く感謝を申し上げます。
皆さん、朝早くから、本当にお疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!

久々の更新で、またナガク・クドクなりそうなので、
この一ヶ月の間で報告が出来なかったことを次への予告とさせていただきます。
タイトルとしては、
「極真大石道場の大会」「防具付き空手の大会」「女優・菜葉菜主演の映画」「名誉顧問の故神波史男先生のお別れ会」などなど、4月〜5月に渡っての報告をさせていただきます。

これからは、出来る限り更新が遅れないように努めます。
最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。
今、これをご覧のすべての皆さんに、
感謝の気持ちを込め、押忍!



posted by 井上誠吾 at 10:22| 日記