2012年06月28日

素朴さ



ご無沙汰しております。
いつもこのブログを見ていただいている皆さん、
更新が遅れて申し訳ありません!

館長の立場で述べていた「誠拳閑話」から、
小生個人のつぶやきとして「井上誠吾のひとり言」に変えたというのに、なかなか「ひとり言」なるものが書けず、最近は“報告ブログ”みたいになっており、反省しております。
しかし、「ひとり言」のネタは山ほどありますので、原点に返りまして、その「ひとり言」をボソッと言わせてもらいますと──。

「それにしても、今どきの政治家には呆れるばかり」
幼稚園の子供でも、
「嘘をつきません。約束は守ります」
との大切さを知っているのに、
マニフェストで約束したことはやらず、
約束していない消費税を勝手に上げてしまう。

確かに、国の借金を思えば、増税はやむを得ないと思うが、
身を削ると約束したんだから、そっちが先じゃないの。

彼らにも、純粋な子供時代があっただろうに、
組織悪やら、権力悪やら、薄汚れたしがらみに染まり、
「国民のため」という大義をでっち上げ、詭弁を弄する大人になってしまう。

政治家の皆さんよ、
あんたらにも幼稚園くらいの孫や子供がいるんじゃないの。
嘘はつかず、約束ぐらい守ろうよ。
「お爺ちゃんみたいにウソついちゃダメよ」
てね、反面教師にされちまうぞ。



おっと、いかんいかん!
タイトルの「素朴さ」から脱線してしまった。
そこへ戻るため、次なる二つの報告をさせて下さい。

今月の前半と中旬に、岡山県と富士河口湖に行ってきました。
岡山県は岡山支部を委ねている黒江浩史氏の結婚式。
富士河口湖は合宿の下見。
「素朴さ」で書きたかったのは、その岡山県と富士河口湖で出会ったお二人の事です。

先ず岡山県から。
黒江氏の新妻の理恵さんはもちろん、親戚や友人の方々にも素朴な人柄を感じたのですが・・・、
中でも、黒江氏のお父上の人柄には頭が下がる思いでした。

息子の結婚式に遠くから来ていただいた、
との親心からでしょう。
伝統的建造物が残る倉敷美観地区の案内役をしていただいたのであります。
重要文化財の立ち並ぶ中、美術館から博物館から民芸館から、次から次へと広大な範囲を汗を流しながら、郷土史案内役よろしく、お気遣いいただきました。
同行した中で一番若い加藤邦顕本部長が「歩き疲れました」というくらいに巡り巡ったかと思います。
一生懸命に案内される、その素朴な人柄に感じ入りました。

続いて、富士河口湖足和田ホテルの支配人。
少年部たちが、どのような体験をしたら喜ぶか、をテーマにいろいろな場所に案内していただきました。
ホテルの業務もあるだろうに、この日はずっと付きっきりでご自分の車で案内され、途中、富士吉田うどんをご馳走になりながら、各地を巡りました。

ホテルに戻り、帰京の途についたのが18時近く。
長時間をかけて、子供たちが喜ぶのは何か、を一緒に考え、行動し、付き合っていただきました。
黒江氏のお父上同様に、この支配人もまた一生懸命に案内され、その素朴さに感じ入りました。

人に喜んで貰いたい、という“素朴な行動”は魅力的です。
自分も、あのようにあらねば・・・と勉強になりました。



次回からは、
なるべく報告ブログ色から、
「ひとり言」へと移行していきたい、と思っています。
それでは、
本日、最後のひとり言。

「今どきの政治家に素朴な人って、いるのかな?」


井上 拝



posted by 井上誠吾 at 10:44| 日記