2012年09月20日

渋谷にて先行チャリティー上映会が決定!


映画「リトルウィング 〜3月の子供たち〜」の本公開に先立ちまして、
9月30日、渋谷ユーロスペースにて先行チャリティー上映会を開催することになりました。

本公開の日程は未定ですが、この9月30日のチケットは本公開引換券としてもご利用できます。
通常ですと、映画鑑賞券は1800円ですが、誠真会館の関係者(親・兄弟)は前売り引換券として大人1000円・子供500円にて、観ることが出来ます。
また誠真会館の関係者でなくても、当日引換券1300円、を誠真会館本部道場へ電話にて申し込みをしていただければ購入することが出来ます。
さらに、前売り引換券も当日引換券も手元に保管して頂くと、やがて本公開した際に、その引換券を劇場に提出していただければ、もう一度観ることが出来ます。
その際、関東地区の指定劇場のみ、とさせていただきます。

尚、お問合せは、誠真会館本部道場宛にお願い致します。
劇場である渋谷ユーロスペース様には、場所を提供して頂いているだけで、本公開しているわけではありませんので、くれぐれもお問い合わせなどしないようにお願い致します。

日時:9月30日(日) 
午前9時45分より
上映時間・100分
場所:ユーロスペース
住所:渋谷区円山町1−5 KINOHAUS 3F

posted by 井上誠吾 at 15:59| 日記

2012年09月19日

全福島大会・映画「リトルウィング」の復興支援公開


15日・16日・17日と福島に行ってきました。

15日は大会の交流パーティー。
16日は本番の全福島県空手道選手権大会。
両日を通して、主催者であられる門馬師範の細部に行き届いた様々な配慮に感服いたしました。
同時に、門馬道場の指導員の先生方、保護者の方々がスタッフとなり、選手たちが気持ちよく試合に臨めるように奔走されている姿を見て「人が働く」という美しさに感動しました。

皆さん、素晴らしい!
感謝の気持ちを込めて、心よりお礼を申し上げます。
お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!

この大会へは、誠真会館から、15名の選手が参加しました。
皆それぞれに健闘しました。
結果は、
幼年で石井陽、2年で土屋翔斗、が優勝!
3年で小山寛士・神名悠翔、4年で青野涼、が入賞!
みんな、おめでとう!
保護者の皆さん、遠くまで足を運んで頂きお疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!


17日は映画「リトルウイング 〜3月の子供たち〜 」
の復興支援チャリティー公開を行ってきました。

会場前、800席の大ホールが客で埋まるのか?
と心配でしたが・・・段々と席が埋まっていき、ひと安心。
チケットは無料、出入り自由、というこで、
手元での詳細な人数確認はできていないのですが・・・、
舞台挨拶の際、舞台の上から観客席を見回した印象では、
600人近くは入っているのではないかと推測します。

舞台挨拶の司会は小生が担当しました。
ゲストに菜葉菜、河合龍之介、関根大学の俳優たち。
子役出演した誠真会館の神名悠翔と門馬道場の円谷隆政はじめ、誠真会館カラテキッズと門馬道場の少年部の面々。
さらに、門馬師範と矢吹町の野崎町長が登場!

演武を交えた舞台挨拶は、会場のお客さんの温かい視線を感じて、ほのぼのとした笑いも頂戴し、続いて映画上映!
しかし、ここでアクシデント!
機械が作動せず、スクリーンに映像が出たり、出なかったりしましたが・・・それでも、会場の暗がりの中で、皆さん、静かに待っておられます。
そして、何とか、本編がスタート!

皆さん、食い入るように観ておられました。
そして、物語が進むにつれて、中には、目頭をぬぐう人も出てきました。
ラストシーンが終わり、
エンドロールのキャストが流れ出した時、
大きな拍手が沸き起こりました!

良かった、との感動の拍手でしょう!
ありがとう、との感謝の拍手でしょう!
思ってもいなかった突然の拍手に見舞われ、
小生は、ドッと涙が溢れ出ました。

映画は終わったというのに、拍手は鳴り止みません!
中には、アンコールを希望するような手拍子の拍手も!

「誠吾さん、舞台に上がらないと、終わりませんよ」
との関根大学の声に押されて、舞台へ上がりました。
再び、大きな拍手が小生に向けられました。
その光景は、今こうして、書いていても涙が溢れるくらいです。

まぶしいばかりの観客席には、
まるで白い天使たちが座っているかのように見え、
そんな観客席から、温かく包み込むような拍手が溢れてくる。
その拍手の感覚は、まるで光り輝くシャワーにも似て、
小生の全身に、限りなく優しく、降りそそいでくるのです。

涙が溢れ、暫し、言葉が詰まりました。
すると、そんな小生を励ますように、また天使の拍手が・・・!
言葉に詰まりながら、
「昨年の3月11日の大震災で、被災地へ向けた脚本作りへと変更し、同じ、今年の3月11日頃に、このまま映画製作に入ると失敗するから止めろ、と先輩から止められ、いろいろありましたが・・・こうして皆さんの拍手を頂くと、映画製作に踏み切って、本当に良かったと心から思えました」
と感謝の言葉を陳べました。
再び、大きく光り輝くような拍手!

「この拍手を出演者・製作者全員にも送って下さい」
舞台挨拶に登場した全員を舞台に上がってもらいました。
再び、大きな拍手がみんなに注がれました。

その後、玄関ホールで俳優たちとお見送りをすると、
次から次へと、握手や写真を求める人たちが続出!
「感動しまた!」「素晴らしい映画です!」との声!
そして、中には、
「このように被災した方たち目線の映画が必要」とか「この映画の母と子と同じ境遇にいますが、この映画に励まされ、頑張る勇気が出ました」等々の声が届きました。

これを書きながら、また涙が溢れています。
初めての映画作りでした。何度も壁にぶつかりました。
しかし、そのように観ていただいた方々がおられたということで、すべての苦労が吹き飛びました。
本当に、作り上げて、良かった!
皆さんに喜んでもらえて、良かった!

この映画は、
これからも被災地での無料公開を行っていきます。
同時に、各自治体での復興支援チャリティー公開も進めていきます。
現在、福岡県宮若市、長崎県長崎市、茨城県大子町等々でのチャリティー公開へ向けて動いております。
さらに、東京を皮切りに劇場映画としての一般公開も進めていきます。

これをご覧の皆さん方で、もしこの映画をチャリティー公開したい、という方は誠真会館までご連絡下さい。

最後に、
全福島空手道選手権大会に関わられた皆さん、
映画のチャリティー公開に関わられた皆さん、
すべての皆さん方に感謝申し上げます。
押忍!

posted by 井上誠吾 at 12:11| 日記

2012年09月07日

関根さゆりを応援して下さい!

前回、モデルを目指している
赤羽道場所属の関根さゆりの事を書きましたが、
今、WEB投票の締め切りが本日9月7日だということに気がつきました。

もう少し、先だと思って楽観していたのですが、
のんびりしてはいられない。
皆さん、どうか、お力を与えて下さい!

誠真会館から、世界へ羽ばたくモデルになりたい、と希望を膨らませている女子大生がいます。
彼女は、海外への視野を入れて、外語大学に入学したほど、海外での活躍を夢見ています。
WООlyの写真を見て頂くとお分かりかと思います。
れっきとした日本人ですが、エキゾチックな雰囲気を持っており、かつて海外で活躍したモデルたちと同じ様な空気感を醸し出しています。

今日が締め切りです。
皆さん、どうかよろしくお願いします!
Wooly、で検索して、
MULTILINGUAL CULTURE MAGAZINE、と何やら英語だらけのサイトがあります。
その中のTОPICSにWooly Models Audition、
と書かれた9名のモデルたちの写真があり、
そこから入っていき、
06 . SAYURI SEKINE の○ボタンをチェック、
そして、VOTE! を押して、投票して下さい。

そして、もしお時間がおありでしたら、
友人・知人にも紹介していただき、ツイッターなどでも広めていただければ嬉しく思います。

皆さんのお力で、関根さゆり、をモデルの世界へ送り出して下さい!
重ねて、よろしくお願い致します!

posted by 井上誠吾 at 11:22| 日記

2012年09月06日

道場生からカリスマモデルが誕生!?


誠真会館赤羽道場の道場生である
関根さゆりさんが、
Wooly(ウーリー)という雑誌の専属モデルのオーディションのファイナリストとして残っています。

二次審査を通過した9名の中から、
webで投票し、最終選考に入るようです。

このブログをごらんの皆さんのお力をお貸し下さい。
皆さんの投票で専属モデルへの道を開かせてあげて下さい。

関根さゆりさんは、
否、堅苦しいので、以下、小生がいつも呼んでいる通り
「さゆり」と書かせていただきます。
さゆりは、赤羽支部長の関根大学先生の娘であります。
「モンスタールーム」の舞台をご覧になった方は記憶にあるのではないかと思いますが、ラストに登場する女子高生役を演じたあの子です。

空手は磨心頑道場オープンの頃から始めており、
今も赤羽支部所属で父の指導下で頑張っております。
おとなしく優しく、かつ芯が強く、将来はモデルとして海外への夢を抱いている女子大生です。
これをきっかけに、その夢の実現へ向けて、
大きな一歩を踏み出してほしい、と願っております。

Wooly、で検索すると、
MULTILINGUAL CULTURE MAGAZINE、と何やら英語だらけのサイトがあります。
その中のTОPICSにWooly Models Audition、
と書かれた9名のモデルたちの写真があり、
そこから入っていき、
06 . SAYURI SEKINE の○ボタンをチェック、
そして、VOTE! を押して、投票して下さい。

パソコン苦手の小生でも出来ましたので、
皆さんなら、簡単にできると思います。

皆さんのあたたかい応援で、
彼女の夢を叶えてあげて下さい。

関根さゆりです。
06 . SAYURI SEKINE です。
どうか、よろしくお願い致します!

何だか選挙みたいになってしまい恐縮です。
皆さんの清き一票をさゆりに!
お願いの押忍!



posted by 井上誠吾 at 10:50| 日記