2012年10月26日

躾と体罰、そして虐待!


最近、また報告ばかりが続いていましたが・・・、
今日は報告ではありません。
10月に入り、母親による子供殺人事件が連続していた件について、ずっと書きたいことがあったので、
以下、ひとり言を勝手に述べさせていただきます。



事件の一つ、母親が小5の娘を練習用ゴルフクラブで30分も殴り続け死亡させた事件には唖然となった!
どうやら、虐待が日常化していたとみられ、古いあざが衣服に隠れる部分に集中しており、さらに祖母も以前から虐待に関与していたらしい。

児童相談所が小5の娘に聞き取りをして、
「おばあちゃんにホウキで叩かれた」
と陳べたことから、祖母の虐待も発覚したらしい。
しかし、祖母は「躾のための体罰だ」と反論したという。
子供時代に暴力を受けて育った親が、わが子にも手を上げる
“虐待の連鎖”を指摘する専門家の声もある。

50年以上前になるが・・・、
小生も子供の頃に、母親からよくホウキで叩かれた。
別に母親を弁護するわけではないが、あれは虐待ではなく、
躾だったと思っている。
父親からは叩かれた記憶はないが、母親からは物心ついた頃から、叩かれていた記憶がある。
但し、父親がいる前で叩かれた記憶がない。おそらく母親は、夫の留守中に子供の躾を一身に背負って奮闘していたのであろう。

幼い頃は手で叩かれていたが、小学生になると裁縫で使う物差しで叩かれるようになった。
その物指しが、小学3・4年生になるとハタキという“武器”に変わり、5・6年生になるとホウキへとバージョンアップしていくのだから、たまらない。
こうなると、叩かれる子供の目から見ると、“武器”ではなく、もはや “兵器”である。

それでも、あれは虐待ではなく、躾だったと思っている。
もし、あの頃の我が家にゴルフクラブがあったら、母はそれを使っていただろうか・・・否、せいぜいホウキが“最終兵器”であろう。
母親は150センチほどの小さな体。体格差がないくらい大きくなった5.・6年生の息子を躾けるには、ホウキに頼るしかなかったと思う。

我が家は男ばかりの三兄弟。皆んな母からよく叩かれた。
しかし、そんな母も孫が生まれると変わった。
兄貴が躾のために子供を叩いた時、
「あんた、なんで、子供を叩くとね」
と目の色変えて、孫を庇ったらしい。
まったく、さんざん息子たちをホウキで叩いておきながら、いくら孫が可愛いからといって、その豹変ぶりはない。
「ホウキで叩いて躾をしたとは、おふくろやないな」
と言ってやった、と兄貴は笑いながら語っていた。

小生もまた、二人の息子を躾で叩いた事がある。
これは近頃の専門家がいう「子供時代に暴力を受けて育った親が、わが子にも手を上げる」“虐待の連鎖”であろうか。

そうは思わない。
されど「躾のための体罰だ」と事件を起こした祖母のように開き直りはしない。そもそもどこまでが躾で、どこからが体罰か、その線引きが難しい。
ただし、子供にゴツンとやりながら、これは体罰だ、などと思ったことは断じてない。あのゴツンはあくまでも躾であり、体罰ではない、と捉えている。

母はどう思っているのか・・・?
それを母に尋ねようにも、母は今、認知症である。
数え年・90、母の齢だ。
故郷の九州へ帰るたびに会っているが・・・、
150センチぼとの体はますます小さくなり、小学低学年の児童と変わらないほどに小さくなっており、ホウキを振り上げる力さえも失っている。
しかし、目は幼女のように輝いており、よくまぁ喋る。
息子の名前から嫁の名前から孫の名前からひ孫の名前から、ごちゃ混ぜになり、何やら創作話めいたことを次から次へと語る姿は、まるで自分の人生を振り返り、息子や嫁や孫やひ孫たちに囲まれて“幸せだった”、と感じているのではないだろうか・・・と思う。

そんな母の名誉のためにも、あれは、“虐待”、でもないし、
“体罰”、でもない、と断言したい。

今、こうして、50年前の遠い記憶を辿ると、
母は、ホウキで叩きながら、
「なんで、分からんとね。なんで、なんでッ」
と泣きながら叩いていたのだ。

時が過ぎ、
自分が親になり、
やっと分かることがある。
あれは、“厳しい躾”、だった・・・と!
それも、“愛あるゆえの躾”、だった・・・と!



思うがままに書いてみましたが、少年部の保護者の皆さん、
誤解のないように、少年部にはゴツンとやったことは一度もありません。
そもそも、道場では、やる必要がないのです。
空手の先生、ということだけで、恐いという印象があるのか、子供たちは我々のいうことを聞こうとします。
ちょっと睨んだだけで、ビクッと凍りつく子供もいます。
常に、集中力を強いられ、張り詰めた空気が漂っています。
道場に通う子供たちは、そんな状況の中で、痛い、辛い、恐い、苦しい、思いをしながら、稽古に励んでいるのです。
その厳しさは見ているだけでは分かりません。
少年部の保護者が入門すると、
「子供はこんなに苦しい稽古をしていたんですね」
と初めて、痛い、辛い、恐い、苦しい、思いを体験し、入門した保護者の全員が一様に我が子の頑張りを心底から理解するのです。

子供たちは空手を通して、懸命に自分と闘っています。
道場の稽古から帰ったり、
大会の試合から帰った際には、
結果うんぬんではなく、
「よく頑張った」
とスキンシップしてあげて下さい。
その慈愛こそが、最高の躾の源、であるに違いありません。


またナガクなりました。
最後まで読んでいただき、感謝です。
押忍!
posted by 井上誠吾 at 11:48| 日記

2012年10月16日

いろいろな報告・ラビットカラテ交流稽古&新座道場オープン&ふかや映画祭



10月12日、
石垣慎壱先生が代表のラビットカラテスクールの道場生の方々、武蹴空手代表の北島文人先生・北島まなみ先生方と交流稽古を行いました。
誠真会館からは加藤邦顕関東本部長、川名修朝霞支部長、加藤和徳東伏見支部長、松嶋朝則小手指支部長、山内俊宏本部事務局長、木下康夫関東本部指導員、等々の黒帯はじめ、一般道場生の方々が参加しました。

基本、関節技、スパーリング、と稽古に汗を流し、
そのあとは懇親会を行いました。
皆さん、共に汗を流しあったこともあってか、初対面にも関わらず、あちこちで旧知の仲のように会話が弾んでいました。

通常、自分たちの道場関係者だけで固まるものですが、
自然と融合するように語り合う姿を見て、小生も石垣先生も驚きつつも、嬉しく思いました。
異業種交流会を主催するイベント会社がありますが、
ここはまさに空手を通じた異業種交流会そのものであります。
老若男女、幅広い職種や業界の方々が集っており、自己研鑽の場でもある、と感じました。
このような交流稽古をまた行いたいと思っております。
皆さん、お疲れ様でした!

翌日の13日は、
新座支部常設道場化を祝う開設稽古&懇親会を行いました。
前日の黒帯の面々に加え、小宮雅哲本部指導員と青木尚樹清瀬支部指導員も忙しい中を駆けつけてきて、
坂谷亨新座支部長を囲んで、新座道場の一般道場生&少年部の皆さんと、稽古の汗を流し、その後、少年部保護者の皆さんも参加され、お祝いの宴を楽しみました。

いつもなら、朝7時には目覚めるのですが・・・、
この日は、前日の交流稽古あとの懇親会で深酒をしたために、ベッドに着いたのが朝7時、そして目覚めたのが14時。
慌てて15時開始の開設稽古に向かう。その途中、前もって妻が注文してくれていた懇親会の料理を受け取りに行くと、妻は15時30分に受け取りに行く、と言っていたらしく、なんとまだ料理が出来ていない。
慌てました!
館長自らが遅刻しては、ましてや初めて会う新座支部の少年部や保護者の皆さんもいるというのに、初日から遅刻は恥ずべきこと・・・参った!

結果、10分ほど遅刻して、到着。
面目ない中、稽古を始め、懇親会へと移っていく。
加藤本部長はじめ黒帯の面々は、前日の交流稽古、そして今日の開設稽古と催事が続く中、道場の稽古を調整し、遅刻もせずに参加してくれている。
その心意気に感謝である!

新座常設道場内には、
坂谷亨支部長の実兄・坂谷彦山九州本部長の筆で見事な道場生の名札が掛けられていました。
武道場らしく、実に素晴らしい!
この日は、坂谷亨支部長の奥様や娘さんや義理息子さん、そして昔から応援していただいている近隣の方々も駆けつけて頂きました。
現在、坂谷支部長は実子の銀次郎指導員の協力を得て、勤める会社との厳しい時間調整をしながら稽古に励んでいますが・・・きっと、上記のように応援して下さる方々がおられる限り、その期待に応えるべく奮闘してくれることでしょう。
懇親会後の2次会は大泉学園町の居酒屋「はしもと」へ移動。
マスターの橋本さんは新座道場の黒帯でもあり、坂谷支部長の良き理解者であり、協力者であります。
「はしもと」の美味しい料理に舌鼓を打ちながら、懇親会は楽しく続きました。
当日、参加して頂いた皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!


翌日の14日、
前日の2次会で、またまた深酒をして、この日は3日酔いの状態で「ふかや映画祭」に向かいました。

この映画祭は、「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」の
浅野プロデューサーが最終審査員を務めており、
昨年からは「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」に主演した菜葉菜さんが審査員となり、
その菜葉菜さんの伯父の役で出演した菅田俊さんが、今年から審査員として参加している映画祭であります。

会場に着くと、
丁度、菜葉菜さんが舞台挨拶をしている最中でした。
「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」の撮影を終え、
被災地・福島で公開した事、そして渋谷ユーロスペースで先行上映した事、どちらもお客さん方が涙を流して感動していた事、そして出演した子供たちが素晴らしかった事、等々を語ってくれていました。
菜葉菜さん、ありがとう!

今回、10本の作品がグランプリを競い合いました。
審査結果が発表され、グランプリに輝いたのは──、
「楽しんでほしい」という作品でした。
審査員の一人である瀬々敬久監督が「号泣した」と評価されていたので、楽しみにしていたのだが・・・残念!
小生の心が歪んでいるのでしょう。じわりともしなかった。

それにしても、浅野プロデューサー・菜葉菜さん・菅田俊さん、皆さん、とても素晴らしい作品評でした。
将来ある若い監督たちを気遣い、愛情あふれるコメントを陳べておられました。
御三方の懐の大きさ深さ、幅広く見識ある映画評に感銘しました。
心から、お疲れ様でした!

以上、各催事の報告でした。
このようなナガく・クドイ報告文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
感謝の押忍!

posted by 井上誠吾 at 11:43| 日記

2012年10月03日

渋谷ユーロスペース北條支配人


9月30日(日)に、
「リトルウイング 〜3月の子供たち〜 」
の先行上映を渋谷ユーロスペースにて行いました。

キャパ100席の会場と、キャパ140席の会場があるのですが、
当初、キャパ100席の会場でお願いしていたのですが、
北條誠人支配人の配慮で、急遽、140席の会場に変更してもらい、結果、130席近くが埋まるほどのお客さんに来ていただき、先行上映会は大成功に終わりました。
お世話になった北條支配人の話はのちほどさせて頂くとして、先ずは、来ていただいた皆さんに感謝申し上げます。

10日前に急遽、先行上映が決定し、
宣伝・告知が行き届かなかったものの、100席は埋まる、と踏んでいました。
しかし、上映の二日前に集計を取ると、まだ50席足らず・・・100席を満席にしたい、と思っていただけにお客さんがきてくれるかどうか、心配だったのですが・・・上映前日に駆け込みの申し込みがあり、安心しました。
上映後は「感動しました!」「泣けました!」の声が続出!
福島矢吹町での上映に続き、再び、作って良かった、と実感をいたしました!
皆さん、本当にありがとうございました!

終了後、ユーロスペースの支配人・北条誠人さんと共に、
浅野プロデューサーはじめ、主演の菜葉菜さん、結城貴史さんと食事会を楽しみました。

北條支配人との会話の中で、
震災復興支援の映画ということから、話が多岐に渡った時、
あの大震災当日のユーロスペースの話になりました。

大地震が発生したあの日、午後2時46分。
ユーロスペース館内は映画を楽しむお客さんが沢山おられま
したが、すぐに上映を中止、一旦、劇場外に非難したものの、
交通機関の混乱が生ずる、と判断し、映画公開自体を中止。
お客さんには帰宅を促したものの・・・やがて、渋谷の街に
は帰宅難民があふれ出したので、急遽、劇場を無料開放し、
難民者を受け入れ、テレビを見られるようにして、地震情報
も提供したそうです。
そんな支配人に対して、利用された方々が口々に感謝の言葉を述べて帰っていかれたので、心底から嬉しかった、と語られていました。

時を同じくして、福島の門馬道場でも、震災にあった人々に道場を開放して、被災者を受け入れておられました。
その話は映画の中のエピソードとして使わせてもらっていますが・・・あの震災時、
東京都心でも、福島でも、東日本各地でも、
助けたり、助けられたりして、人間的なあたたかい交流がなされていたんだな、と感慨深いものを感じました。

小生の知る限り、
ユーロスペースという映画館は大作映画などは上映せず、
良質なローバジェット作品を公開してきた劇場です。
その作品の中には、爽やか良心作もあれぱ、どろどろした問題作もあり、人間そのものを描き出すありとあらゆる作品が公開されてきた、と認識しています。

それら作品を見抜く鑑識眼をお持ちなのが、
北條支配人であります。
明るく温厚な人柄の北條支配人ですが・・・、
内に秘めた“映画へのこだわり”は頑固なまでに強くお持ちなんだろうな、と想像しながから、お話をさせて頂きました。

まだ決定はしていませんが・・・、
映画「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」
の上映をして頂けるに違いない、と手ごたえを感じました。

映画というものには、
人それぞれの人生が描かれています。
小説なら、読むのに1日から2日、あるいは3日とか一週間以上かかることもあるでしょう。
しかし、映画は1800円、
劇場に座った90分から120分ほどで、
自分ではない、登場人物という他人の人生を体験し、
泣いて、笑って、そして感動することが出来るのです。

これほど素晴らしく、安価な娯楽・エンタテインメントはない、と思っています。
もちろん、映画は観る人の数だけ批評が分かれますので、
自分に合わない映画もあるでしょう。
そんな時は──、
自分に合わない上司がいるけど、そういう人間なんだ、と割り切って付き合うのと同じように、そういう映画なんだ、と付き合ってみるのはいかがでしょうか。

ユーロスペースはそんな“人間作品”を上映する劇場です。
お時間があれば、是非、足を運んでみて下さい。

posted by 井上誠吾 at 12:24| 日記