2012年11月29日

九州から帰京!



九州ではいろいろな用件がありましたが、
ざっくりと大きなところを報告させていただきます。
一つ目は宮若市での映画公開の件。
二つ目は長崎市での映画公開の件。
三つ目は長崎での第一回飛翔試合の件。
この三つです。

先ずは、宮若市での映画公開が決定しました。
「リトルウィング 〜3月の子供たち〜」
来年の4月7日の午後、に公開いたします。
詳しい上映時間は、これから詰めてまいります。
場所は宮若市文化センターです。
有吉市長さんの御計らいもあり、
社会教育課に出向き、白土課長さんや課の方には大変よくして頂きました。
教育委員会はもちろん、各学校にも働きかけて下さるとのことで、退庁時間がすぎても打ち合わせをして頂き、心から感謝であります。

このブログは有吉市長もご覧になっていると聞き及び、
失礼を承知で、この場を借りまして、ご挨拶を。
「有吉市長様
当日はご挨拶に伺うつもりでしたが、時間的に遅くなりましたので、ご遠慮させていただきました。いろいろとご配慮を頂きありがとうございます。
映画公開を成功させ、大震災被災地支援の一助になりたいと思っております。
これからもどうかよろしくお願い申し上げます。
                    井上 拝 」

手紙文を挿入するとは如何なものか、とは思いましたが・・・、
重ね重ね、失礼を承知の上、有吉市長と宮若市の職員の方々への感謝の気持ちを込めて書かせていただきました。

宮若市では、小生の兄の井上禮一郎が担当窓口となって動いてくれています。
映画公開実行委員会的な組織作りへ向けて、いろいろな方々にお会いでき、こちらも感謝です。
皆さんの力を集結していただき、多くの方々に観てもらいたいと願っています。
4月7日へ向けて、
宮若市の皆さん、よろしくお願い致します!

続いて、長崎市での映画公開です。
こちらは、元脚本家だった松山賢二郎氏との打ち合わせ。
今は実家の会社を継ぐため長崎に帰り、家業はもちろん、商工会議所等の活動で地元に貢献している人です。
身内に不幸があったばかりだというのに、小生との約束を優先してくれ、忙しい中を会ってくれました。

彼は脚本家として素晴らしい才能の持ち主です。
しかし、その才能は未開花のままで数本の作品を書き残し、帰郷したのでした・・・才能があるだけに残念です。
やがて家業が落ち着いたら、是非ともシナリオを書いて欲しいと願っている人物です。
彼が担当窓口となり、宮若市での公開を雛形にして、
九州本部長の坂谷彦山先生や顧問の桑岡隆太先生と力を合わせて、映画公開へ向けて動いてもらう運びとなりました。

さて最後は「第一回長崎県空手道飛翔試合」です。
この飛翔試合、東京でも回を重ねること、今年の5月に開催した試合で5回を数えます。
「飛翔は羽ばたく、試合は試しあう。勝ち負けにこだわるのではなく、道場で培ってきた力を互いに試しあう」
そんな思いを込めて、名づけました。
その「飛翔試合」という意味に共鳴して、坂谷彦山先生が長崎でも使いたいと申し出があり、実現しました。

それにしても、坂谷彦山先生の大会準備までの働きが尋常ではありませんでした。
そんな先生をことを知っているがゆえに、
桑岡先生、町田先生、久之先生、朝男先生、そして審判やスタッフの皆さんが一致団結して、試合当日に臨み、大成功を収めたのであります。

そして、懇親会。
桑岡先生にはいつもご馳走になり、感謝であります。
懇親会の席上、大塚和音・ほのか姉妹のパパに入門を薦めると、「やりますッ」と決意してくれました。
前回、同じように懇親会の席上で入門を薦めた定方稜馬パパの敦さんが入門され、今回はスタッフとして働いておられたので、とても嬉しかったです。
また定方敦さんにはホテルのラウンジ・バーで深夜までお付き合いを頂き、様々な話へと発展し、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
和音・ほのかパパ、来年夏の審査会で会いましょう!

九州本部の皆さん、
いろいろと素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。
第一回とは思えない、素晴らしい試合でした!
彦山先生・桑岡先生はじめ、審判・スタッフの皆さん、そして東京からゲストで招かれた加藤邦顕関東本部長、さらに飛翔試合に関係されたすべての皆さん、本当にお疲れ様でした!

大会結果は、九州本部のブログをご覧下さい。
東京から遠征した少年部の面々が揃って入賞しております。
早くも、来年11月24日(日)に第二回を予定しています。 
皆さん、長崎は歴史の街です。
今回、東京から参加した少年部の面々も長崎観光を楽しんできたようです。
来年の「第二回長崎県空手道飛翔試合」に参加し、さらに歴史の街を探訪する、というのはいかがでしょうか?

以上、大きなところ三件の報告でした。


追伸です。
12月16日、「プレ西荻窪映画祭」が決定しました!
あくまでも本格的なものでなく、西荻窪の街と大震災被災地を繋ぐチャリティー映画祭のパイロット版として、先ずは小規模にて開催します。
映画「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」
アニメ映画「嫌われ者のラス」
二本立て公開となります。
詳しくは後日、報告を致しますので、観に来て下さい。



posted by 井上誠吾 at 10:53| 日記