2012年12月18日

お礼!



16日はプレ西荻窪映画祭と選挙が重なりました。
先週は、この二件へのお願いを致しましたが・・・、
プレ西荻窪映画祭は、フタを開けるまではガラガラだったのですが、お陰さまで3回の上映すべて満席近く埋まりました。

当日、ご来場いただいた皆さん、
心から、お礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!

俳優陣はスケジュールの調整つかず、誰も来ることが出来ない状況だったのですが、
なんと、先ずは寺島進氏、続いて菜葉菜さん、と忙しい中を駆けつけて来られ、舞台挨拶をしていただきました。
その後、道場にて打ち上げ会を行い、そこには関根大学氏も駆けつけてくれました。

酒宴の席上、寺島氏から、
「正直言って、誠吾さんには悪いけど、この作品にはそれほど期待していなったんです。でも今日観て、驚きました。いい作品に仕上がってますね」
とお褒めの言葉を頂きました。
そして、これは菜葉菜さんも常々口にしていることですが、
「子供たちが最高ですね、プロの子役たちにない魅力がある」
と出演した少年部たちを褒めてくれました。

有難いことです。
多忙な中、舞台挨拶をしてくれ、打ち上げにも顔を出してくれ、少年部たちやママたちにも声をかけてくれ、写真撮影にも応じてくれ・・・、
寺島進という役者は、不良性感度を保ちつつも実に心根の優しい、いい男です。
感謝です!



そして、この日は選挙でもありました。
野田かずさ候補の応援をお願いしましたが・・・、
残念ながら、健闘空しく落選しました。

投票していただいた皆さん、
どうもありがとうございました!

翌日の月曜日に、野田かずさ先生から、
「応援していただいたのに申し訳ありませんでした」
と丁寧な電話を頂きました。
落選はしましたが・・・、
その負けを潔く認めつつ、
5万票もの方々に応援していただいたことは大きな励みになり、皆さんのお気持ちを無にしないよう頑張ります、との旨を、感謝の思いを含めながらしみじみと語っておられました。

野田先生の根幹には武道精神があります。
その「強く優しく潔い」心根はもちろん、
国民のために「あきらめてなるものか」との、
武道の「不屈の精神」で乗り切っていって貰いたいと切に願っております。



16日のプレ西荻窪映画祭と選挙。
催事が重なりましたが、
皆さん、本当にありがとうございました!

感謝の押忍!

posted by 井上誠吾 at 13:20| 日記