2013年02月28日

秋津道場オープンセレモニー!



24日の日曜日、
昨年・11月10日に開設した
秋津道場のオープンセレモニーを行いました。

清瀬道場に続いて、
加藤邦顕関東本部長率いる常設道場で、
道場責任者は木下康夫指導員が担当いたします。

本来なら、昨年内にセレモニーの開催をすべきでしたが、
昨年は、年末へ向けて大会や催事が重なったこともあり、
やむなく先延ばした末、この日の開催に至りました。

お忙しい中、会場に駆けつけて頂きましたご来賓の方々、
本当にありがとうございました!
深く感謝申し上げます!

 
それにしても、
加藤・木下両君は、
誠真会館の大会等の催事スタッフとして従事しながら、
常設道場の開設・運営にあたってきたのであり、
その働きぶりには頭が下がる思いです。

誠真会館の長として、
感謝と共に労をねぎらうばかりです。

以下、セレモニーの挨拶で、陳べさせて頂いたことと重複する部分もありますが・・・、
今の小生の正直な思い、を書かせていただきます。



加藤邦顕関東本部長の成長ぶりには、ある驚きをもって感動しております。
彼が10代の頃から知っていますが・・・、
当時の彼を評すると、
「昼行燈」
という感じでした。

内面の心優しさからか、何だかぼんやりとしておりました。

そんな彼が、指導者として、
この5年間で大きく変貌を遂げたのであります!

しかし、
ここに至るまで、
けっして、順風満帆で来たわけではありません。

小生から、厳しく苦言を呈されたこともありました。
彼自身、道場運営の辛さに遭遇したこともありました。
しかし、
反論することなく、
すべてを素直に受け入れて、
嘆くことなく、
焦ることなく、
必ず良くなると信じ、
艱難辛苦を乗り越えて、
今日の秋津道場の開設に至ったのであります。

「昼行燈」
と申しましたが、
「行燈」は、
持っていく場所によっては、明るい灯りを点します。
地域の中で、いじめ・不登校・非行などで悩んでおられる家族があれば、あたたかい灯りとなって点すに違いありません。

困っている人たちがいたら、
明るい希望の光をあてていくに違いありません!

坂本竜馬は「よばぁたれ・泣き虫」と呼ばれ、
織田信長は「うつけもの・愚か者」と呼ばれ、
エジソンは「問題児」と呼ばれておりました。

さて、
「昼行燈」は、
どれほど大化けして、大変貌を遂げてくれることか!

心から、楽しみにしております!

彼自身、セレモニーの挨拶で、
「未熟者ですが、地域社会に尽くし、誠真会館の発展に尽くし、全力で生きていきます!」
と申しておりました。
やがて、
間違いなく、
大輪の花を咲かせてくれる!
と確信と感動、をしておる次第であります!




当日、セレモニーに駆けつけて頂いた、
各空手団体の師範・先生方、
各企業・各商店会・日本青年会議所の方々、
そして、お手伝いをして頂いた秋津道場の保護者の皆さん、
本当にありがとうございました。

重ねて、深く、感謝を申し上げます!
押忍!

posted by 井上誠吾 at 14:23| 日記