2013年03月29日

米国映画祭にノミネート!



映画「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」
が、アメリカの映画祭に特別招待作品として正式にノミネートされました!

映画祭とは、
「ジャパンフィルムフェスティバルロサンゼルス」
であります。

公式サイトがありますので、ぜひ覗いてみて下さい。

すでに今年に入ってからノミネートの話はあったのですが、
今回、正式に決定しましたので、ご報告させて頂きます。



この映画は、震災復興支援映画と空手普及を目的に制作しました。
「福島で被災した母と子が、東京に避難してきて、東京の人々と空手道場の人々に支えられながら、強さとは何か? 優しさとは何か? と葛藤しつつ、逞しく成長していく物語です」

このシナリオを読んだ俳優たちが、
「歌手はマイク一本で被災した人々を励ますことができるが、我々俳優は何もできない。こういう映画に参加することで、被災した人々を励ましたい」
とボランティアで参加してくれました。
そして、スタッフたちも同じような意気込みで、現場費のみで参加し、撮影をしてくれました。
おかげで現場費が500万円というミニマム製作算で完成に至りました!

映画製作の在り方は様々ですが・・・、
この規模の映画だと、どう安く見積もっても通常は5000万円以上の製作費が掛かります。
映画の企画意図に共鳴して頂いた俳優・スタッフの皆さんのおかげであり、感謝の念に堪えません。

これまで、空手映画は数多く製作されてきました。
3年ほど前には、ジャッキー・チェンが出演し、ウィル・スミスが息子を主演に据えて製作をした「ベスト・キッド」があり、
30年ほど前には、ウィル・スミスが製作した作品の原作にあたる「ベスト・キッド」があり、
さらに40年前には、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」があります。
実は、小生自身も、
40年近く前に、役者としての師匠である千葉真一の「空手バカ一代」や「けんか空手極真拳」などに出演していました。

空手映画といえば、上記の映画が代表的な作品といえるのではないでしょうか。
これらの映画の共通項は、
「いじめられたり、虐げられたり、と劣悪な境遇にある主人公が空手を修行することで強くなり、最後にはいじめたり、虐げたりしてきた相手を叩きのめす」
というW復讐劇Wにあります。

しかし、「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」
は、それらの映画とは一線を画しています。

この映画には、敵対するようなW復讐W相手はいっさい登場しません。
あえて、敵対するものといえば、
「自分のなかにある弱い自分」
であり、
「東日本大震災」
という抗いようのない自然の脅威であります。
そこには、
自分の置かれた環境と闘いながら、
「本当の強さとは何か?」
を追い求める、今を生きる日本人、がいます。

そして、数多くの空手映画では描かれることのなかった
W武道空手の神髄がある、と自負しております!

この映画祭の開催地は、ロサンゼルスです。
つまり、ハリウッドの映画スタッフや関係者たちが観てくれるに違いありません。
そして、
震災と闘う日本を!
世界に誇る武道空手の神髄を!
しっかりと理解してくれるであろう、と期待しております。

この映画は企画当初から、
海外の映画祭に出品することを目的に動いてきました。
今、やっと、そのスタートラインに立てた、というのが実感であります。
この映画がハリウッドの映画スタッフの目に留まり、
大きく化けていくに違いない!
と期待に大きく胸を膨らませているところです。

この映画に関わって頂いたすべての皆さん方、
本当にありがとうございました!
深く感謝申し上げます!
押忍!











posted by 井上誠吾 at 10:29| 日記

2013年03月23日

「偏差値」よりも「潔さ」を重視した教育を!



唖然、愕然!
また、やってしまいました。

朝から、所用の電話をあちこちにかけながら、
このブログを書いてきました。
そして、
なんとか書き終わり、
いざ、ホームページに載せようとして・・・、
まてよ・・・。
かつて何かをやりながら載せたりすると、書いたものをすべて消すという失敗を繰り返してきたぞ。
ここは慎重に・・注意しろよ、と自分に言い聞かせながら、
キーボードを打つ、と!

ん?
まさか・・・?
また、消えたか・・・?
んなこたないだろ・・・あれッ、ない。
朝から書いたものが、すっかりと消えている!

ウソだーッ、と言っても、
ホント。
ホントに消えている。

この馬鹿者めが〜ッ!
と、自分の愚かさに怒りが込み上げてくる!


こういう時こそ、
深呼吸・・・そして、息吹。


というわけで、もう一度、以下、最初から書き直します。
えらいこっちゃ・・・。




春の季節。
合格発表の合否で明暗を分ける季節でもあります。
例年より早い桜を眺めながら、あれこれと思いが馳せます。

以下、ひとり言です。




二人の中学生が志望する高校に入学を果たした!

二人とも、在校する中学を介して、
「空手を通して、地域社会の催事に参加・貢献し、”強く、優しく、潔い”人格を身につけるべく中学校生活を送った」
ことにより、
誠真会館の館長として推薦状を提出しての合格!

一人は早々に私立高校に合格をしたが、
もう一人は、試験が難解だった、とのことで、
もし、不合格だったら、どう励まそうかと、案じていただけに、
合格の報を聞いて、安堵とともに嬉しさが込み上げてきた。

ニュースで東大合格者の喜びの声を報道していた。
「官僚になって皆さんの役に立ちたい」とか「外交官になって日本のために働きたい」とか、将来の夢を語っていたが、純粋で初々しくて素晴らしいことだ、と思った。

しかし、その反面、
何人の人間がその純粋さを公僕として保ち続けられるものか、との冷ややかな目で見ている自分もいる。

折しも財団法人柔道連盟による助成金の不正受給が浮上。
彼らを管理・監督する立場にある者の中には、官僚から天下りしている理事長ら役職者たちがいる。
W頭が良いW彼らだ。その不正受給に気が付かないわけがない!
見て見ぬふりをしたのではないだろうか。
それは、なぜか・・・?
自分たちにも詮索されたくない灰色の部分があるからであろう、と疑ってしまいたくなる。

W頭が良いWからといって、
けっして、立派だとは思わない!
一流大学を出て官僚になったからといって、
けっして、立派だとは思わない!

どうも、W頭の良い人間というものは、
モノが見えないらしい。
彼らには、
日本人にとって、忘れてはならない、「潔さ」。
つまり、「卑怯じゃない、卑劣じゃない」という、
「潔い生き方」が見えないようである。

W頭が良いW人間なのに、
国からの助成金という砂糖に群がりたかっている姿は実に見苦しく、醜悪だ。
もはや、そのW頭の良さWはメッキや仮面でしかなく、
中身はW欲や権力に執着した化け物Wである。

日本は、
「偏差値」を重視する教育を行ってきた。
果たして、それでいいのか!?
そうは思わない。
「潔さ」
それを重視する教育が行われるべきである!

「卑怯じゃない、卑劣じゃない生き方」を身につけた人間は、
強く、優しい!
そして、そのような人間は
W頭が良いW人間よりも遥かに立派な仕事ができる!



というわけで、なんとか書き終わりました。

消えた文章と方向性は同じでも、細部の表現が違っており、
なんとも悔しくもあり、情けなくもあり・・・、
ま、今日は、これが精一杯ということで、このまま載せます。

ところで・・・、
公益財団法人のことを書きましたが、
それにしても、いったいあれほど盛り上がったW事業仕分けの波Wはどこへ消えてしまったのでしょうか?
今も尚、仕分けされて当然の不正が行われている筈です。
そこにも政界や官界の住人たちに、
「潔さ」の欠如を感じてしまうのであります。

誠真会館は「潔さ」を重視する団体です。
今日もまた、心して指導にあたります。
押忍!











posted by 井上誠吾 at 12:17| 日記

2013年03月15日

九州・宮若市上映へ向けて!




映画「リトルウィング」の上映打ち合わせで、
九州の実家へ帰ってきました。

福岡県宮若市。
母や兄夫婦、そして甥や姪やその子供たちが暮らしている町であります。
小生の原点の町であります。

かつては石炭の町でありました。
また、小生が子供の頃は貧困の町でもありました。

「筑豊のこどもたち」
という土門拳の写真集で、
その貧困さが日本中に知れ渡り、
同時にケンカの絶えない荒気ない土地柄も知れ渡り、
今でも、筑豊ナンバーの車を見ると、
みんな避けて通る、との風評が残っているくらいです。

そんな町ですが、
「川筋気質」という誇れる気風も残っているのです。
「へ理屈を嫌う竹を割ったような性格」
というものです。
それは、江戸っ子気質の、
「気性は荒いが気っぷが良く、義理と人情に厚い」
ときわめて似ているものでもあります。

かつて遠賀川の川筋を命賭けて石炭運びをしたことから生まれてきたものだと思います。
作家・火野葦平の『花と龍』という小説や数多くの同名映画で、その気風は紹介され、ご存知の方も多いことでしょう。
小生も子供のころから『花と龍』という映画は観ております。
主人公・玉井金五郎は、石原裕次郎・萬屋金之助・高倉健、といった大スターが主役を務めており、
「どんな困難な状況に陥っても、筋と潔さ、を通す」
という主人公像が描かれており、
小生の子供の頃から青年期に至るまで憧れの存在でありました。

今回、兄・禮一郎に連れられて、
あちらこちらと上映の打ち合わせや挨拶に行きました。
その移動中の車内で、
「筑豊もんには多くの言葉はいらん。短い言葉で理解したら動く」
と兄が言いました。
それは────、
ついつい話し始めると、
ナガク・クドクなる傾向のある弟を諌めての言葉なのか、
それとも、
今でも意気に感じる川筋気質が残っているぞ、
と言いたかったのが・・・、
小生は当然のように頷きながら聞き流していましたが、
今思えば、兄が言いたかったのは、後者だと確信しています。
もし、前者だとしたら、
「兄貴だって、話し出したらナガクてクドイぞ」
と反論してやります。

というわけで、
宮若市の皆さん方には、
「意気に感じて」
動いていただいております。
小生は、川筋気質の「気っぷ」や「情」をつくづくと感じました。

この映画「リトルウィング」は、
東日本大震災復興の中゜「小さな花」となるべく製作しました。
それは、あたかも『花と龍』と重なります。
主人公・玉井金五郎が、戦後復興の中、「筋と潔さ」という「花」を咲かせようとした姿にも通じるところがございます。

そんな筑豊もんの気風と、
郷愁の念を抱きながら、帰京しました。

今回の映画で動いていただいている、筑豊の皆さま方、
心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございます!

押忍!




posted by 井上誠吾 at 11:21| 日記

2013年03月08日

朝霞道場・常設道場としてオープン!



今度の日曜日・3月10日、
朝霞道場が本部直轄朝霞道場として、
常設オープンいたします!

場所は、
朝霞市膝折町Tー10ー8 ヴィラアメニィティ TF
コンビニのファミリーマートの並びです。

道場責任者は、これまで通り、
川名修が担当いたします。

誠真会館の道場生の皆さん、
近くに行くようなことがありましたら、
是非とも、立ち寄って下さい。
小生も週にT回は必ず指導に入りますので、
一緒に良い汗を流しましょう!

また朝霞近辺に知人や親戚の方がおられましたら、
オープン期間限定で、
空手着を無料プレゼン中、です。
是非とも紹介して下さい!


万端、よろしくお願いいたします!
押忍!




posted by 井上誠吾 at 10:18| 日記