2013年04月25日

神波史男先生の一周忌墓参会




神波史男先生が亡くなり、一年が過ぎました。
20日(土)に一周忌墓参会へ行ってきました。

脚本家・神波史男先生のお弟子さん、
仲間の脚本家・映画監督の方々と共に、
神波先生の奥様・節子さんを囲んで、
神波先生を偲びました。

個人的には、脚本家の大先輩として、
空手に関しては、誠真会館の創立時からの顧問として、
いろいろと神波先生にはお世話になりました。

まだ亡くなったという実感が薄く、
「今晩、どうですか?」
と電話をすれば、
「いいね、飲もうか?」
と、今でも声が返ってきそうな日々です。

酔うと、
「バーロー(馬鹿野郎)」
とお弟子さんたちを叱っていましたが、
その目は、けっして怒ってはいなかった。
やさしさにあふれていました。

人を叱ることはあっても、
人を恨んだり、憎んだりすることはなかった。
仕事であり、人間関係であり、何か支障を来たすようなことがあったりすると、
「俺がいけないんだよ」
と、けっして他人を責めず、
自分の力不足や至らなさにこそ原因がある、と己れを責める方でした。

東大卒で日本アカデミー最優秀脚本賞受賞者。
素晴らしい作品と功績を映画会に残しながら、
偉そうな態度などいっさい見せず、
むしろ、
「俺はダメな人間だよ」
と自虐的なまでに自己否定をする方でした。

墓参会でW神波談義Wに入ると、
小生より年上の監督たちが、
「もう、俺たちの周りには、バーロー(馬鹿野郎)と叱ってくれる人がいなくなったなぁ」
と日本酒を片手にしみじみと語っていました。

そういえば・・・、
神波先生と知り合ってから、40年近くにもなりますが、
「バーロー(馬鹿野郎)」
と叱られた記憶がない。
「年上の監督たちが叱られたというのに・・・どうして、自分には叱ってくれなかったんだろう?」
思わず、会席に飾ってある遺影を見つめた。
すると、ほろ酔いの懐かしい声で、
「井上クンのような小うるさい奴は褒めて育てるのが一番」
と聞こえてきたような気がした。


神波先生は、
映画作品や雑誌等に寄稿した映画評論において、
「堕落や破滅」、「本能丸出しの肉体的暴力の賛美」、「虚無でアナーキーな世界観」等々を表現されてきてはいますが・・・、
小生は、まったく真逆な方、だと捉えています。

シャイで正直で謙虚すぎるW方でした。
推測するに・・・、
自分の中にある、そんな気真面目さWが小ッ恥ずかしく、
無頼派的なものを気取っていた、と思っています。

物書きとして、
背徳に走る人間の本性をまさぐることはあっても、
自らが人間の美徳に反するようなことは一切なかった。

誠真会館の理念として、
「仁・義・礼・忠・孝・勇・信」
七つの徳を支柱に据えたい、と相談した際、
「この、忠、というのが気に入らない」
国家への「忠」に繋がるという理由で猛反発をされた。
「この忠とは、まごころ、と読みます」
国はもちろん、体制や組織への「忠」ではなく、人への「まごころ」という意味です、と解説すると、
「そう捉えるか・・・井上クンらしくて良い」
苦笑しつつも最後には納得されていました。

「徳」などとは無縁の「堕落」や「破滅」する人間たちを描いてきた方でしたが・・・。
絶筆となった雑誌への最後の寄稿文では、
「この国は世界に冠たる自殺大国・・・(中略)・・・ゴキブリのようにしぶとく生き残れ」
と我々後輩たちに言い遺しています。



映画界の一部の人たちの間では、
「神波はよくケンカする」
との噂が流れており、
小生もそのケンカの現場に居合わせ、何度も仲裁に入った覚えがあります。
しかし、ケンカの中身は、どれもがたわいないもので、そして、どのケンカもカワイイもの。
まるで、幼稚園児が酒に酔ってクダをまく、ような滑稽さがありました。

書けば、多面的に広がっていき、キリがありません。
ただ、間違いなく言えるのは────、
数多くの人たちから、とことん愛された方でした!

小生が日本酒を好きになったのは、
神波先生の影響です。
ん〜?
なんだか、昼間から飲みたくなってきた。
いかんいかん。

この辺で切り上げます。
井上の生涯で神波先生に出会ったことは大きな財産です。
天国まで届け、感謝の押忍!








posted by 井上誠吾 at 11:54| 日記

2013年04月15日

第二回日本空手連盟型試合を終えておもう・自己の内面との戦い



昨日の14日、荻窪体育館にて、
第二回目となる型試合を行いました。

先ず、主催者として、限られた時間内での試合進行のため、決勝戦を各コートで行い、表彰式を別室で行うという形式を取らせていただいたこと、深くお詫び申し上げます。
次回より、反省点として、見直していきたいと思っておりますので、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

さて、試合に参加した選手たちですが、
型を間違える、技を忘れる、気合がない、腰が高い、、
と道場では出来ていても、いざ本番当日となると、
ドキドキして舞い上がってしまい、本領発揮とはいかなかった選手が何人も見受けられました。
それは無理もないことです。

今回の規定型・選択型は、いずれも約1分程度。
そのわずか1分の中で、技、気合、腰はもちろん、
技の緩急・力の強弱・息の調整・体の伸縮・残心・ 技の正確性・技の軌道・運足等々・・・、
さらに、礼儀と俊敏な態度、が判定項目とされています。

それらの項目を意識しつつ、
1分間という短い中で、型を競い合うのです。
選手たちには、究極の集中力、が求められます。
集中して取り組めば、時には型の1分という時間は、とてつもなく長い時間に感じることがあります。
たかが1分、されど1分、なのです。

永遠とは、一瞬の無限大なり!

人は、この瞬間、瞬間、を生きています。
有事の際は、一瞬の油断が生死を分けることもあります。
空手は武道です。
武の源は、生死を決する戦い、にあります。
(※ それゆえに、武を極めた者は弱者に優しくなければならない、のですが、ここではそのような講釈は留め置いて、話を瞬時の判断、へと繋げます)

瞬時の判断は、誰もが直面し、求められることです。
生きていく中には、瞬時に判断しないと、時すでに遅し、ということが多々あります。
小生自身、その時Wを逃し、失敗したこともあるし、
友人・知人の中にも時Wを逃して失敗した人は数多くおり、またマスコミで報道される著名人の中にも、あるいは歴史上の人物の中にも、時Wを逃して失敗した例は、枚挙にいとまがありません。

瞬時の判断は、生きる上で大切なものです!

空手の修行の中に、それがあります!
特に、型試合の1分間、という中にすべてが集約されている、と確信しています。
ゆえに、型は真剣に取り組めば、取り組むほどに、辛く、苦しいのであります。
型は鍛錬です。
肉体と精神を繋ぐ鍛錬なのです!

今回の試合では、
幼年部や小学低学年にとっては、1分の中で、すべてを発揮するというのは至難の業であったことと思います。
しかし、試合へ向けて、道場内で懸命に稽古を積んだことは、けっして無にはなっていません。
例え、一回戦で負けたとしても、大勢の観客を前にして、その1分間を戦った、ということは有形無形の貴重な心の財産Wとなって残っていくことでしょう。

大会の挨拶でも申しましたが、
「型は、自分自身の内面との戦い」
であります。
それは、そのまま日常生活へと繋がっていくものです。
その「自分自身の内面との戦い」は生きているすべての人々が避けては 通れない“難題”でもあります。

生涯に渡り空手の修行を続け、
瞬間、瞬間の中で、
「自分自身の内面との戦い」を克服し、
強く、優しく、潔く、生きていってほしい、
と願っています!

最後に、
選手の皆さん、
少年部の保護者の皆さん、
スタッフ・審判・各道場の責任者の皆さん、
関係されたすべての皆さん、
お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!
押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:59| 日記

2013年04月13日

報告・筑豊もんの絆




前回は失礼しました!

すべてを消してしまい・・・、
あまりの落胆に再度書くには本日までの日数を要しました。

あれから、小生には、
「保存すれば良いのに」とか
「ワードに書いてから添付したら良いのに」とか、
皆さんから、いろいろと意見が届いております。
しかし、
今、使っているノートパソコンは文章を「保存する」とか「ワードに書く」とかが、どこを探しても見つからず、出来ないのであります。

否、機能的にはあるのかもしれませんが、その機能を使いこなすことができない、というのが正解でありましょう。
いつもと違うところを触ったりすると消えてしまう、という不安から、見知らぬところは触らず、
最初に息子たちからパソコンを教わったこと以外の冒険Wはしない、という鉄則の元、パソコンを触っております。
小生にとって、パソコンは難物中の難物であります。

ともあれ、再び、書く元気が出ました

その元気の源は、昨日の12日、の兄からの報告です!

宮若市の映画実行委員長である兄・禮一郎、
そして、実行委員会の方々が、
有吉宮若市長を訪れて、震災復興チャリティー上映の収益金の一部・15万円を「被災地へ届けてほしい」と宮若市へ寄贈しました。

有吉宮若市長は大変お喜びになられたらしく、
その様子は福岡の新聞や宮若市の市報にも載るとの報告を受けております。

かつて・・・、
日本経済を支えた炭鉱の町・筑豊は、
国が推し進めた、石炭から石油へのエネルギー革命により、衰退していったのです。
時の政権に、筑豊は見捨てられた、
と言っても過言ではないと思っています。

そして現在・・・、
同様に、日本経済を原発で支えた福島は、
国が推し進めた、原発へのエネルギー革命と震災事故により、被害を蒙っているのであります。
時の政権に、福島もまた、見捨てられようとしている、
と言っても過言ではないと思っています。

そんな筑豊から、
映画「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」
の上映収益金の一部が、
震災被災地へ義援金として届けられる。

実に、感慨深いものがあり、
この映画を製作して、本当に良かった、と思っております。

残る上映収益金ですが、
上映にあたり、相当な経費や労力を使ったであろう、
兄・禮一郎や実行委員会の篠原誠一さん、小川千津子さん、竹本一世さんはじめスタッフの皆さん方に、せめてものお手伝い料として、受け取って貰おうとしたのですが、
「筑豊もんはボランティアでやる、というたら、ボランティアに徹するとたい。そげなスタッフ料とかは受け取らん」
と叱られ、突き返されました。
「俺も筑豊もんたい」
と押し返したいところですが・・・、
兄や皆さん方の心意気を素直を受け取る事にしました。
折しも、
アメリカの映画祭(ジャパンフィルムフェスティバルロサンゼルス)に出すための英訳・字幕スーパー・渡航費などの費用がかかるため、映画祭への費用、として充てさせて頂くことにいたしました。




本日も、淡路で震度6弱の地震が発生しました。
いまや、日本中どこで大地震が発生するか分らないという状況です。

絆。
使い古された感は否めませんが・・・、
されど、絆。
忘れてはならない、絆。

今回、
つくづく、筑豊もんの絆、
に感じ入りました。

その絆で生まれた心づかいWが、
遠く離れた、
東日本大震災の被災地に届きます。

感無量!




前述の兄・禮一郎や実行委員会の篠原誠一さん、小川千津子さん、竹本一世さんはじめスタッフの皆さん、
空手演武で参加して頂いた福本博文館長率いる福本会館の道場生の皆さん、
本当にありがとうございました!

そして、
西日本電気システム株式会社 博多営業所・小倉営業所様
宮若市議会様
宮若商工会議所様
安武自動車様
西鞍手浄化槽管理様(石田様)
有吉病院様
宮若ライオンズクラブ様
MGタクシー様
安部病院様
桐野屋酒店様
串カツ 喜宝様
酔舎・鳥平様
味ごころ みよし様
焼肉 若林様
居酒屋 三代目キャメル様
居酒屋 山から天狗様
居酒屋 ちょっと(奥村清吾様)
ありがとうございました!

さらに、
仲康博様
松浦清様
岸康雄様
ありがとうございました!

皆様のおかげで映画上映が大成功に終わり、
震災復興チャリティー映画として、
被災地へ義援金をお届けする運びとなりました!

心より、感謝申し上げます。
感謝の押忍!




追伸
今回は、宮若市への寄贈を中心に書きましたが、
次回からは、何回かに分けて「筑豊もんの絆」を書いていきたいと思っております。
ご期待を!




posted by 井上誠吾 at 12:05| 日記

2013年04月09日

筑豊もんの絆


7日、福岡県宮若市。
我がふるさとで「リトルウィング 〜3月の子供たち〜 」
のチャリティー上映をしてきました。



しかし!

朝から、
「筑豊もんの絆」
というタイトルで書いてきた、
その長文を、
いよいよブログに載せる段階で、
な、
なんと!

消してしまいました!





もう・・・、

もう・・・、

なんというか・・・、





何度、繰り返したら、いいのか・・・。





自分への怒りを通り越し・・・、
ただ、ただ・・・、

疲労感のみ。




空しい。




途中、涙を流しながら、書いた文章が・・・、

ふるさとの宮若市で、

「筑豊もんの絆」を感じて、
実行委員長として奔走してくれた兄・井上禮一郎、
上映にあたり実行委員として動いていただいた篠原誠一さん、小川千津子さん、竹本一世さん、
空手演武をしていただいた福本博文館長率いる福本会館の道場生の皆さん、

上映に関係にされたすべての皆さんへの感謝の言葉を書いてきたのに、

消えてしまっていた!




もう、
さすかに、今日は書く元気はもちろん、
書く時間もありません。

後日、書かせて頂きます。




最後に、
宮若市での上映は大成功に終わりました!

皆さん、どうもありがとうございました!
感謝の押忍!





posted by 井上誠吾 at 13:01| 日記

2013年04月02日

落合南長崎道場オープン!



本日、4月2日、
落合南長崎道場をオープンいたします!

場所は、
豊島区南長崎4−13−5
豊島区立南長崎スポーツセンター。
大江戸線の「落合南長崎駅」から徒歩1分。
西武池袋線の「東長崎駅」から徒歩7分。

道場責任者は、
小生・井上が担当いたします。

常設道場ではなく、
東京ドームスポーツの指定管理施設としての開設です。
毎週・火曜・木曜、が稽古日です。
道場生の皆さんが稽古をしたい場合は、
誠真会館本部道場まで連絡の上、気軽に顔を出して下さい。

また落合南長崎駅近辺に知人や親戚の方がおられましたら、
是非とも紹介して下さい!
紹介して頂いた道場生の方には、
レッスンバッグをプレゼントします!

万端、よろしくお願いいたします!

posted by 井上誠吾 at 09:17| 日記