2013年06月25日

都議選 指導者・リーダーのあり方




昨日、都議選に立候補した野田かずさ氏からご丁寧な電話がありました。
「今回の都議選では力及ばす、申し訳ありませんでした」
自分の力が至らなかったとのお詫びの言葉でありました。

小生からも、この場を借りて、
野田かずさ氏を応援して頂いた方々にお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!

一昨夜は、都議選報道から目が離せませんでした。
日本維新の会が2議席という結果に・・・、
指導者・リーダーの言動、というものが、いかに責任重大か、ということを深く感じ取りました。
それは、政界に限らず、空手の指導者も然りです。

以下、ひとり言です。




橋下さんは、言い募ってしまったなぁ。

一時は、既成政党を脅かすほど、
日本維新の会に追い風が吹いていたというのに・・・。
この結果である。

野田かずさ氏が誠真会館の道場生であることはもちろん、
空手で培ってきた精神で政治へ挑もうとする真摯な姿勢に大いなる共感を抱いていただけに・・・、
無念さと、憤りを感じている。

憤り、とは・・・橋下代表への憤りである。

少なからずとも、小生は橋下さんに期待していた。
自らの給与をカットして、公務員の給与を削減し、ムダを無くす財政再建に取り組んだ手腕は素晴らしい。
他にも、様々な功はあり、その功と同様に罪もあるのだが、
言わずにおけないことが、大きく二点ある!

一点目、
「戦争に慰安婦は必要だった」ことに言及せず、
「戦争はこのように悲惨だった」ことに言及すべき!

日本は二度と悲惨な戦争に突入してはならない!
戦争がなければ、慰安婦問題も発生しないのである。
そのためには、経済力を身につけ、武力を身につけ、
「武」とは、「戈(ほこ)を止める」べく、
「戦争抑止力となる力」を保ち、
原爆を落とされた国・日本独自の平和外交を展開すべきだ。
そうすれば、
「和を以て貴しとなす」
という素晴らしい「和の精神」が、
「勤勉で礼儀正しい」
という美徳に続いて、世界から高く評価されていく筈だ!

二点目、
指導者・リーダーという立場にある者は、
「自制心を鍛え、己れを戒め、己れを律する」
ことが肝要である!

この二点目に関しては、
以下、少々ナガクなるのでお付き合いを願いたい。

先ず、橋下さんは、もはや個人ではない!
政党の指導者・リーダーである。
テレビに出ていた弁護士さん、ではなく、
大阪で様々な改革を実現し、様々な問題提起を重ね、人々の期待を集め、国政を荷う政党の指導者となっているのだ。

日本維新の会代表という責任ある立場になったからには、
自制心こそが肝要、なのである!

小生の知る限りにおいてだが、
日本維新の会の公認候補は自腹で選挙費用を用意しなければならないらしい。
ほかの政党は公認になれば選挙費用が支出される筈。
その選挙費用とは、政党交付金から支払われるので、国民の税金の一部が運用されている。
日本維新の会は、
「税金をムダに使わない」
という点においては立派であるが・・・、
すでに政党交付金は支払われている筈。
候補者たちへ少しでも運用するのならばともかく、
逆に候補者に対して「広報費を党本部に納めるように指示する」という新聞記事があったが・・・これははいかがなものであろうか。

橋下さん、あなたが、
「維新の会の船中八策を作る」
と言った時、
小生は、あなたと坂本竜馬が重なって見えてきて、大いに期待した。

しかし、あなたは「船中八策」を語るべきではなかった。

なぜなら────、
竜馬は、数多くの仲間を募り、
有能な人材を育てることに専念した。
それには莫大な費用が必要で、
時には、あろうことか敵である筈の幕府から、
そして時には各藩から、あるいは民間からも多額な借金をしながら、船中八策を作り上げた。

さらに竜馬は、
ご存知の通り、刀から拳銃に、拳銃から万国公法に!
平和的倒幕への変わり身も早かった。

あなたは、悪い意味で変わらなさ過ぎる。
「個」の持論に固執しすぎて、柔軟性がない!

政党の指導者の立場にある者は、「個」の主張より、
国民の声なき声に耳を傾け、その国民の公僕である政治家、つまりあなたの仲間たちのために柔軟に対応すべきなのだ。

「過ちて改めるに憚ることなかれ」
小生が尊敬してやまない上杉鷹山公の言葉だ。
あなたが巻き起こした言動が、
仲間たちのためにならないようなら、
体裁や体面を気にせず「改めるに憚ることなかれ」である。

時には大局を見て、持論を差し控える謙虚さが必要!
肝心なのは、
「国民のため」の維新の会であるべき!
そして、
人は、一人では何もできない。
「維新を進める仲間のため」の維新の会であるべき!

橋下さん、
幕末の志士たちが坂本竜馬を慕って集結したように、
あなたのもとには、青雲の志を持った仲間たちが集結してきたのではないのか!

「個」の持論より、
国政を荷う指導者として、
真摯な姿勢とバランス感覚を発揮してほしい!




と、ひとり言、を終わります。
これは政界に限らず、空手の指導者も然りです。

小生を含め、誠真会館の指導者は、
道場生のために、真摯かつ謙虚な働きをしてこそ、
「指導者」といえるのであります。

最後になりましたが、野田かずさ氏は元気です。
橋下さんのことには言及せず、
「ファイティングポーズで前に進みます」
と言っておられました。

その闘う姿勢に勇気を貰いました!

お疲れ様でした。
押忍!



posted by 井上誠吾 at 10:33| 日記

2013年06月22日

野田かずさ候補・都政に再挑戦!




明日、23日は都議選の投票日です、
この選挙には、誠真会館の道場生であり、誠真会館の顧問的立場でもある野田かずさ氏が立候補しています。
 
野田かずさ氏は、石原都政の下で、認証保育所制度の創設、ディーゼル車規制や羽田空港国際化の実現など、国に先んじた施策を数多く展開してきました。

人は「七転び八起き」で生き抜くべきです!
野田かずさ氏が、今まさにその状況にあります。
都議選でトップ当選を果たしておきながら、国政の貧困さを見て、あえて、支持率が上がっている自民党から離党し、支持率が下がっている日本維新の会へと入党し、前回の衆院選挙に敗れたのです。
そして今回、再度、都議選に挑まれているのです。

小生などは、
「あのまま自民党の都議会議員として活躍していれば、もっと違った形で国政へ打って出る事もできたのに」
などと思ってしまうのですが・・・、
そこは、覚悟の上のW挑戦だったのであります!

現在、野田かずさ氏は苦戦しております。
もし、皆様方の中で、
支持政党や支持議員をお持ちでない方がおられましたら、
ぜひとも、応援していただきいと願っております。

選挙区は北多摩第一選挙区で、
東村山市、東大和市、武蔵村山市になります。 
この三市にお住まいの親戚や友人の方がおられましたら、
そして、その方が支持政党や議員をお持ちでないようなら、
是非とも、野田かずさ氏をよろしくお願い致します。

これまで、誠真会館では、
特定の政党や特定の議員を支持したり、
政治活動を行うようなことは一切してきてはおりません。
また、今後も行うようなことはございません。

ただし、ご理解いただきたいのは、
誠真会館で汗を流している道場生仲間である
野田かずさ氏が出馬したのであります。
長年に渡り、空手を修行してきた人間味あふれる仲間が都議選に立候補しているのです。

ここは何としても応援したいというのが、
゛情”というものでございます。
その辺のところをご理解いただければ嬉しく存じます。

心より、お願いの、
押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:59| 日記

2013年06月19日

若者よ、自殺へ逃げるな!




昨日発表の政府の平成25年版・自殺対策白書で、
「自殺者数が3万人を切った」との報道がありました。

久々の明るいニュースに、良かった、と思ったのも束の間、
「20代の若者や19才以下の子供たちの自殺者数は増加の傾向にある」とのこと。
一転、失望感というか、不快感というか、憤りというか、
得体の知れない“負の感情“が小生を襲いました。

以下、ひとり言、です。



20代の若者が自殺する理由に、
「就職失敗」や「進路に関する悩み」があり、
19才以下の子供たちが自殺する理由に、
「学校問題」や「家庭問題」の割合が多く出ている。

「就職に失敗したから、自殺します」
「受験に失敗したから、自殺します」
「いじめられたから、自殺します」

そうやって死んでいって、楽になると思っているのかッ?

楽になるわけがない!
自殺をした人間は、
「黒縄地獄という刀が立つ地獄に落ち、鉄の牙をもった犬にくわれ、その苦しみ は千年も続く」
と経典にある。
今生きている現世だけ、だと思っていると、大間違い!
死後の世界は必ずあり、この世では考えられないくらい恐ろしい地獄が待っているのだ。

そもそも「死んでどうなるッ」と怒りが込み上げてくる!

さらに、
「死ねば、悲しむ人々が沢山いる」
という事を考えないのか?
お父さん・お母さん、お爺ちゃん・お婆ちゃん、兄弟・姉妹、親戚、友人、隣近所、会社の仲間、会社の上司、学校の仲間、学校の先生、等々。
自殺を喜ぶ人はいない。
自殺を悲しむ人は大勢いる。

「自分だけ死ねば楽になる」
という自己中心的な思考が罪なのだ。
子供に自殺された両親は、
「子供を死なせてしまった」
と重い十字架を生涯に渡って背負っていくことになる。
しかし、自己中心的な者は、
「両親を悲しませる」
ということに気がつかない。

両親に宛てた多くの遺書に、
「先立つ不幸をお許し下さい」
と書いてあるようだが、
「不幸」と分かっているなら、生きて「孝行」しろ!
自分だけ死の欲求を満たしておきながら、
両親に勝手な許しを乞うなッ!

要は、
自殺する人間は、自立していない、ということである!

若者たちよ、自殺へと逃げるな!
その先には、更なる苦しみが待っている、と気づけッ。
先ずは、
己れの弱さと向き合い、自立することから始めろッ。
人間、みんな弱いんだ。
弱いからこそ、強くなるチャンスがあるんだ!




と、自殺する若者への叱責に近い感情を吐露しました。
では、どうすればよいのか?
手前味噌ですが、武道空手にこそ、答えがあります。

稽古を通して、
「痛い、辛い、怖い、苦しい」
ことから逃げず、心身ともに鍛えていけば、
「強く、優しく、潔い心」
が自然と培われていくのです。

そうすれば、自立心が生まれ、
人に対するおもいやりが生まれ、
自分だけが得をしたり、楽しんだりするのではなく、
「人のために生きていこう!」
との強い心が宿ります。

若者たちよ、生きていこう!

願いを込めて、
押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:05| 日記

2013年06月12日

武道家にあらず!




朝、テレビをつけると、
全日本柔道連盟の会長が辞任せず、続投の報道。
これには唖然!

一連の不祥事の責任を取り、会長を辞任するものと思っていただけに、上村とかいう人物の神経を疑いました。

以下、ひとり言、です。




もはや、柔道は武道ではない!
ましてや、青少年育成などできる団体ではない!

柔道連盟の内部腐敗は相当に根深いものがあり、
これから先もあれやこれやと腐った部分が露呈してくる、
と推測している。

全柔連を所管している文科省よ!
否、文科省ではなく、政府よ!
否、否!
道徳教育を推進しようとしている安倍さん!
もう、あなたしかいない。
このままでは、安倍さんがやろうとしている「道徳教育」は「絵に描いた餅」で終わってしまう。

即刻、
全柔連を文科省の所管から外し、
スポーツ振興助成金も割り当てず、
オリンピックからも日本柔道は辞退させて、
中学の武道必修からも柔道を除外すべき!

「そんなことしたら、今現在、柔道を習っている子供たちが可哀そう」
との声が聞こえてきそうだが、
それは違う!
助成金がなくなったり、
オリンピックから外されたりすることは不幸なことだが、
もっと不幸なことがある!

それは、
トップが腐敗しているというのに、
そのトップに諫言もできない指導員たちがいる事実。
そんな腑抜けの指導員から柔道を習っている子供たちが可哀そうであり、そこがもっとも不幸なことである!

柔道は、国から支援され、学校教育に取り込まれてきた。
その庇護の中で甘えが生じ、自浄能力がなくなり、「道徳」という観念さえも失ってしまった。
安部さんは「道徳教育の推進」を掲げているのだから、ここは勇断し、日本柔道を国の庇護から外すべきである。
これ以上、国民の血税を投入すべきではない!

一度、冷遇されない限り、彼らは目覚めない!

全柔連のトップたちよ。
柔道を習っている子供たちが可愛いと思っているなら、
そして、あなた方が恥というものを知っているならば、
体罰・不正受給・セクハラ、等々の問題が、どれだけ大きいかをしっかりと受け止め、
全員が責任を取って辞任せよ!

贖罪として、老害は去るのみ!
それが柔道を愛する青少年のためになる唯一の道だ!




と、まぁ、ひとり言、でかくいうからには、
誠真会館の覚悟も述べなければならないでしょう。

誠真会館では、体罰を厳禁!
万が一、指導員が体罰を行った場合、
小生は幹部会で、以下のことを告げております。

体罰を行った指導者は辞任。
誠真会館の館長である井上も監督責任をとって館長を辞任。
両者は辞任後、体罰を受けた道場生とその家族に対して深く謝罪し、問題解決へ向けて最善を尽くす。

そう厳命してあります。
もちろん、誠真会館の指導員の中に体罰をするような者はいない、と確信していますが、
武道を指導する立場にある者は、常にそのくらいの覚悟をもって指導にあたるべきだ、と捉えておるのであります。

体罰はもちろんのこと、
不正受給・セクハラ、等々に類似することも同様で、
指導者は辞任、責任を取って館長も辞任、であります。

誠真会館の指導者は、武道家であります。
強く優しく潔く、生きております!
押忍!






posted by 井上誠吾 at 10:05| 日記

2013年06月11日

親善試合が無事に終了!



9日の日曜日、親善試合が無事に終了しました。
毎年5月に行う大会会場が押さえられなかった為、
急遽、高井戸第四小学校にて、誠真会館の内部試合として、開催いたしました。

高井戸第四小学校の校長先生や副校長先生方は、
以前から誠真会館の地域活動に理解を示していただいており、急なお願いにも関わらず、快く対応して下さいました。
心から感謝であります。

試合は午前の部が30分ほど押してしまいましたが、
午後の部へと滞りなく繋ぐことができ、最期の撤収も時間的に充分なゆとりが生まれ、大会の回を追うごとに熟練していくスタッフの皆さんの働きぶりには頭が下がる思いであります。

そんなスタッフの皆さんの“縁の下の力持ち”のお陰で、
参加した選手の皆さんも思う存分、試合に集中できたのではないかと思います。

午後の部の最後は、
一般上級のワンマッチの試合でした。
誠真会館のM君とB星高校のK君の対戦。
本日、最後の試合で、サポーターなしの素手素足での闘い、ということもあり、会場全体から注目が集まりました。
しかし・・・、
高校生のK君が若さあふれる闘いを挑んでいるのに対し、
残念ながら・・・、
誠真会館のM君は、相手を疲れさせておいて、ラスト30秒で一気に追い込む、という“勝ちを狙った狡猾”な闘いぶり。

M君が優勢勝ちしたものの・・・、
小生は「待った」をかけました。

「日頃から、少年部には自分の力をすべて出し切れと言っている。しかし、M君はその少年部のお手本となるべく、一般成人上級者としての闘いぶりをしていない」
との理由で、「優勢勝ち」の判定を「無効」にして、再試合を命じました。

「勝ったのに、もう一度、闘え・・・?!」
勝利したM君の顔が一瞬、立ち眩みのように暗くなり、
「それはないですよ、館長」
心の中の悲痛な叫び声が感じ取れました。
M君を高校生の頃から、見てきている小生としては、
このような試合をしてほしくはない!

「潔くないッ、やれ!」
と本部席から睨み返すと、
M君は絶望的な暗い顔で、試合を再開。

判定の最終権限は館長である小生が有していますが、
ちょっと可哀想だったかな、と思いつつも、
「少年部の選手たちに潔い闘いを見せてみろ!」
疲労困憊で闘うM君を叱咤激励の視線で見守りました。

両者、スタミナがきれぎれの闘いの末、再びM君が勝利。

辛うじて、一般成人上級の面目を保てました。
再試合を命じた小生としては、少しは安心したものの、
手放しで喜べない内容ではありました。

しかし、これで良かった、と思っています。
これを機に次の試合からは“潔い闘い”をしてくれるもの、
とM君には大いに期待をしております!


ともあれ、今回も無事に終了しました。
冒頭に述べましたように、
スタッフの皆さんの働きに心から感謝であります。
そして、新津先生率いる志優会の皆さん、
さらに各団体の先生方、
保護者の皆さん、

皆さん、お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!


posted by 井上誠吾 at 11:36| 日記

2013年06月03日

文武両道クラス




先日の土曜日、いよいよ文武両道クラス、を始めました。

「文武両道」というと、物すごく固いイメージがありますが、
「強く、優しく、潔い」
とは、どういうことか、少年部にとっても分かりやすく、明るく、楽しく、指導していきたいと思っております。
そして、保護者の皆さん方には、指導内容を参観・吟味していただき、子育ての一助になればと願っております。

さて、
なぜゆえに、「文武両道クラス」なるものを設けるに至ったか、
以下、ひとり言です。



空手がオリンピック種目から外された。
残念だが・・・。
こうなることは想定していただけに落胆はしていない。

そもそもが「オリンピックの種目からレスリングを外す」こと自体に問題があると思っている。
人気がない種目なので放映料や広告料や入場料に影響するらしい。
さらに「ロビー活動をしていないので除外」とのこと。
いやはや、IОCは商業主義を通り越して拝金主義だな。

そもそもロビー活動という胡散臭いものをしなければ除外される、という慣例が罷り通っていることが疑問である。
オリンピックの精神からして“フェア”ではない。
そこには「献金や賄賂や裏工作といった蓋をしたくなるようなものが存在している」と疑われても当然である。

オリンピック開催地の誘致合戦も然り!

あの猪瀬知事が笑った。
笑顔の似合わない猪瀬知事が身振り手振りでIОCにおもねるような笑みでスピーチをしていたが、
実に、似合わない!
猪瀬さんの“へつらい顔” は気持ち悪いだけで、 ゛苦虫つぶした素顔Wのほうがまだ魅力的である。

猪瀬さんだけじゃない。
安倍さんまでもが招致を願ってアカペラで歌っていた。
時の総理だけではなく、皇室さえも面会や会食に動かされていた。
海外では、国王や大統領が誘致活動に動かされるという。

こうなってくると、IОCは拝金主義だけじゃなく、
封建時代の殿様以上の権威主義さえもあわせ持っているようである。

こんな状況で、
もし、空手がオリンピック種目に選ばれた場合──、
我々フルコンタクト空手で採用しているダイナミックな技は、すべて危険な技と見なされるであろう。
例えば、我々は、上段廻し蹴りの技が決まり、相手選手が倒れて起き上がらなかった場合は「一本勝ち」としているが、
IОCにしてみれば「このような上段廻し蹴りは危険技」なので、「反則技にしなさい」とルール改正を指示されるであろう。

ちなみに、我々はこの技を少年部でも採用し、これまで数多くの大会を開催してきたが、まだ一度も怪我人を出していない。

空手がIОCからルール改正された場合、ダメージの少ないポイントが優先され、ほとんどテコンドーと類似してしまう。
そうすると、同様の競技が二つ存在することになる。
例え、韓国とロビー活動を争って、大枚のロビー資金を投入した末、空手がオリンピック種目に選ばれたとしても、嬉しい筈がない。

もはや、それは空手ではない!
ましてや、国民の血税をロビー活動なんかでムダに使うな!
と、こちらから不参加を宣言!
さらに、
「IОCの拝金主義と時代錯誤な権威主義こそ、クーベルタンのオリンピック創立精神に則り、ルール改正すべきだ」
と弾劾したい!

ま、そんなこんな、
あれやこれや、の理由で、
オリンピックのあり方そのものに失望してしまった。




と、ひとり言は、この辺で・・・。
これ以上、書き出すと相当な枚数を割くことになりそうなので、控えます。
今後、オリンピック関して、マスコミの報道は過熱するでしょうから、その都度、問題点を割り振って書いていきたいと思います。

現在、空手団体は多岐に渡っており、
各団体がそれぞれの特色を活かして活動していますが・・・、
小生は、
「空手は武道から離れたところで存在すべきではない!」
と信じて疑いません。

実は、ひとり言で述べた概要は、誠真会館の幹部会の席上でも取り上げました。
そして、これまで誠真会館の館長として、
「空手をオリンピックへ、と掲げてきた目標を断念する」
と報告をしました!

そして、上記の理由のほか、
「柔道連盟の体罰・不正受給・セクハラ等々の問題」
「剣道・相撲・バスケ等々の指導者による体罰問題」
等々の問題を取り上げ、
「武道団体が腐りきり、学校の指導者の体たらくが続出する今こそ、誠真会館は武道空手の普及に専念すべき」
との方向を示しました。

そこで、「文武両道クラス」を設けました。

「文武両道」とは、
けっして難しいものではありません。
また、右よりの思想でもない、と断言します。
「強く、優しく、潔い」とは何か?
空手の稽古を通して実体験していくことで理解していけるように指導します。

第一回の「文武両道クラス」は、
何人かの少年部や保護者の方に感想を聞いたところ、
「良かった!」との評価を頂いております。

第二回・三回と、回を追うごとに、
「参加して良かった!」
との声が届くように内容を充実させていきます。
親子一緒に道場へ顔を出していただき、武道に触れることで、子育ての一助になれば、この上なく嬉しく思います。

またナガクなりました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
押忍!



posted by 井上誠吾 at 14:10| 日記