2013年08月26日

ハングリー精神




昨日、オリンピック金メダリストの村田諒太選手が、
プロデビュー戦を勝利で飾りました!

しかし、確か・・・、
「1億円つまれてもプロにならない」
と言い放っていた筈。
そんな村田選手のアマチュア精神にある種の好感を持っていましたが・・・、
どういう気持ちの変化があってプロへの転向を決めたのか、ずっと気になっていました。

以下、小生のひとり言、であります。



妻子がいるというのに・・・、
職員として世話になってきた東洋大学を離れるというのか。
金メダリストの実績をもって「後進の育成」に尽力していくのではなかったのか。

さては・・・、
プロの世界の金や名声に目が眩み、道を誤ってしまったか!

申し訳ないが、
ハングリー精神もないまま、
オリンピック金メダリストの肩書きだけで、
プロの世界に通用する筈がない!

ましてや、
Wポイントの奪い合いWのオリンピックに対して、
W倒すか倒されるかWのプロの世界では、
似て非なるものがある。

そんな思いから、村田選手への好感度が薄れていた。

しかし、昨夜の「情熱大陸」というドキュメントを見て、
いささか浅薄ではあるが・・・彼がプロ転向へと変化していった過程を知り、再び、好感度が増していった。

先ず、プロ転向を否定していた理由は、
「プロに転向して、金メダルを傷つけるようなことがあってはならない」
とのアマチュア精神の強い思いがあったからとの事。
そんな彼からは、プロの世界をなめたような態度は微塵もなく、畏敬の念さえも伝わってきた。
そして、
「金メダルの栄光にすがって生きていくのではなく、その栄光を過去のものとして、新たに挑み続けることをしなければ何も生まれない」
との気持ちが芽生え、変化していったように推測された。

番組では、アマからプロへの変化の過程が明確には伝え切れてはいなかったが・・・、
彼の日常や稽古風景を追うことで、彼の人となり、彼を取り巻く環境、そして彼自身の内なる声が見る者には想像できた。

このままではいけない!
金メダルを取ったことで、そこがゴールではない。
まだ先がある。それは・・・大学で後進を育成することか?
違う・・・!
自らが闘うことだ。
プロに転向して、新たな闘いに挑むことだ!
例え、負けて、金メダリストの実力はこんなもんだ、と言われても構わない。そこですべてを失っても構わない。
自分には、やらなければならない闘いがある!
胸中で燃えたぎる情熱を、
更なる極みへと高めていき、
闘い続けなければならない宿命がある!

そんな叫び声が感じられた。



小生、恥ずかしながら、
一夜にして、村田諒太選手への見方が変わりました。

金メダリストという誇りを捨て去り、
プレッシャーに押しつぶされそうになりながら、
新たな世界へ飛び立とうとする!

その姿が、強く美しく潔く!
彼特有のWハングリー精神Wだと感じ入りました!

そして、
見守ってくれた妻子、
「明日のジョー」をプレゼントしてくれた親、
世話になった東洋大学・トレーナー等々、
関わった人々へのWやさしさWまでもが感じられました。

彼に、あの謙虚さと素直さがある限り、きっと伸びる!

今、置かれている環境を、
更なるハングリー精神に変えて、
金メダルに続いて、
世界チャンピオンベルトまでも勝ち取って欲しい!
いつしか、そう願っている自分がいました。



空手の世界も然り!
今、置かれている現状に満足するのではなく、
日々、更なる極みへと高めていき、精進を続けていかなければならない!
そう自戒しております!

押忍!



posted by 井上誠吾 at 10:24| 日記

2013年08月17日

感謝!




昨日で、映画公開が終了しました!

この猛暑の中、映画館まで、足を運んでいただいた方々、
感謝申し上げます!
ありがとうございました!

この映画に協力・協賛していただいたすべての方々、
ありがとうございました!

様々な形で協力していただいた誠真会館の指導員や道場生や保護者の方々、
ありがとうございました!

主演の菜 葉 菜さん&河合龍之介さん、そして、菅田俊さん、結城貴史さん、北林早苗さん、出演者すべての方々、
ありがとうございました!

福島から足を運んでいただいた門馬道場の門馬智幸師範、出演していただいた円谷隆政君、少年部や保護者の方々、
ありがとうございました!

何度も足を運んで観ていただいた志優会代表の新津茂男先生、協力支援も含め、映画も観ていただいた少年部や保護者の方々、
ありがとうございました!

最終日、お忙しい中、観に来ていただいた協賛のお三方、
西荻窪商店連合会の猪鼻会長、東京中央南ライオンズクラブの山口会長、丸美屋食品の小林取締役本部長、
ありがとうございました!
中でも、猪鼻会長は癌の手術で退院されたばかりだというのに観に来ていただき、返す言葉を失いました。
感謝と共に、お体をご自愛くださいますようお願い申し上げます!

そして、最終日を飾っていただいた寺島進さん!
関根大学さんと神名悠翔君!
トークショーや演武で盛り上げていただきました。
ありがとうございました!



東日本大震災が発生した時、
誠真会館としてボランティア活動しましょうとか、
誠真会館として義援金を募りましょうとか、
そのような声が上がりましたが、
空手団体・誠真会館として、
被災した人々が喜ぶボランティア活動が分からずに却下。
義援金も預かるわけにはいかないと却下。
ボランティア活動も義援金も個人でやって下さい、
と却下してきた。

却下する限りは、自分が有言実行すべき!
福島県いわき市へボランティア活動に参加した。
地獄図のような被災地を目の当たりにし、
大自然の圧倒的な破壊力の前に己れの無力さを実感し、
ただ、ただ、打ちひしがれた。

以来、自分に何ができるのか・・・!?
迷い、葛藤し、
紆余曲折を何度も繰り返し、
やっと辿り着き、完成に至ったのが、
「リトルウイング 3月の子供たち 」

途中、いく度となく、
製作を断念せざるを得ない状況まで追い詰められつつ、
そのたびに蘇るように生命力を発揮した映画。

よくぞ、完成してくれた、と思う。
それは、
この映画が社会的な意義を宿しているからではないか。

復興支援の映画、
空手普及の映画、
日本人が忘れつつある、強さ、優しさ、潔さ、それらを全編に散りばめた物語。
多くの人たちが泣いてくれた。
多くの人たちが感動してくれた。
この映画を被災した人々、仮設住宅で不自由な生活を強いられている人々に無料で公開していきたい!



人は、一人では何もできません。
皆さんの、ご支援・ご協力があったからこその渋谷でのロードショー公開でした!
おかげさまで、
以下の劇場にて、一般公開が決定しました!

読売ランド前 シネマバー ザ・グリソムギャングにて。
9月28日 に公開!

大阪第7芸術劇場・シアターセブンにて。
10月12日(土) 〜 10月25日(金) まで公開!

上記の劇場に近い方、
もしくは劇場近隣に声をかけても構わないような友人・知人・親戚の方がおられましたら、映画をご紹介下さい。



無事に、渋谷での21日間の公開が終了しました!
この映画に関係されたすべての皆さんに、
あらためて感謝いたします。
押忍!



posted by 井上誠吾 at 10:18| 日記

2013年08月15日

最終日・大いに盛り上げてやる!




いよいよ明日・16日(金)が、
「リトルウイング 3月の子供たち 」
の最終日です。

今日も号泣して帰るお客さんが何人かいました。
しかし、何のてらいもなく申します。
お客さんは会場の四分の一くらいしか埋っていません。
この状況を危惧したのが関根大学。俳優であり、赤羽道場責任者の彼があちこちに電話して、今更ながらに?──否、執拗なまでに集客活動をする始末。
その懸命な行為が嬉しい!

ありがたいことに、関根大学の呼びかけに応じてくれた人物がいました。
俳優・寺島進です。

嬉しかった!
関根大学と電話を代わり、
「最終日なんで、舞台挨拶をして貰えないだろうか?」
というと、多忙な中なのに、
「いいですよ」
と明るい声が返ってきました。

まだ売れていない頃の寺島進を知っていますが、
売れても尚、昔と少しも変わっていない。
謙虚で、素直で、明るい!
素晴らしい!

彼に、この映画の企画書を差し出した時、
「歌手はマイク一本で被災した人々を励ますことが出来るけど、俳優は何もできない。この映画に参加することで被災した人々を勇気づけられたら嬉しいです」
と言って、ボランティア出演を承諾してくれたのです。

あの瞬間は、
「こいつ、意気に感じる奴だな」
と感動したけど、
今日もまた・・・、
この男、何回、感動させてくれるんだ!




明日、その寺島進と関根大学と小生で、
トークショウを行います!
今から、お客さんに喜んで貰えるように構成を考えます。

まだ観ていない人は、先ずは一度、観て下さい。

昨日、観られた中年の奥さんが、
「今日で二回目なんですが、娘が妊娠中なので胎教に良いと思って連れてきました。連れて来て良かったです」
と母娘で泣きながら声をかけてこられました。

そういう映画なんです!

人の作品を褒めない映画関係者の男が、
「井上さんの武道論は暑苦しく、気恥ずかしいほど純粋すぎるが、それを登場する子供たちが昇華させ、感動を生んでいる」
と呟きました。

そういう映画なんです!

小学3・4年生の息子と観に来た母親は、
「空手のことは何も知りませんでしたが、空手の素晴らしさが分かりました。この子にはやらせてみたいと思っています」
と涙ぐみながら声をかけてこられました。

そういう映画なんです!



明日の金曜が最終日!
大いに盛り上げて、お客さんに楽しんで貰います!

このブログをご覧の皆さんで、まだ観ていない人たちがおられましたら・・・、
空手普及の映画です。
震災復興支援の映画です。
仮設住宅には、まだ30万人もの人々が不自由な生活を強いられています。
この映画を被災地で無料公開していきたいのです。

皆さん方に、
一度でも観ていただくことで、
被災地での無料公開が可能になってきます。

劇場で待っております!



posted by 井上誠吾 at 21:04| 日記

2013年08月12日

感動した!



「リトルウイング 3月の子供たち 」
いよいよ、あと5日、16日(金)で終了となります。

昨日は、初日以来、久々に会場の8割方が埋まりました。
そのせいか、観ていただいたお客さんの反応がすごく、
「感動した!」
と様々な感想や励ましの言葉が届きました。
以下、その一部を伝えます。



女優・菜葉菜ちゃんの友人の声──。
「帰ってきてから、子供たちは空手ごっこをして遊んでいます。あの主人公の少年のように我が家の子供たちも真っ直ぐに育って欲しいです」

小生の妻の友人の声──。
「登場する子供たちが切なくて愛おしくて涙が溢れました。空手を知らなかった私が空手の良さを理解しました。ぜひ子供に習わせたいです」

映画関係者の声──。
「大震災の惨状を見せず、客に想像させる作り方に感心しました。被災した人々が観れば、強く生きようとする主人公たちに勇気付けられるでしょう」

小生の友人の声──。
「強い心を持つ大切さ、人はどう生きるべきか、いろいろと考えさせられました。復興支援に結びつくよう知り合いに声をかけていきます」



ほかにも、
「ラストへ向けて涙が止まらなかったです」
「心が洗われた気持ちになりました」
等々、沢山の言葉をいただきました!

また昨日は、
大和役の神名悠翔(誠真会館)とのトークショーを行いましたが、
トークをしている間、
会場に大和の4才役を演じた三ツ木一志(誠真会館)と、
道場生の祖母役を演じていただいた女優の北林早苗さん、
二人の顔が見えたので、急遽、登壇してもらい、トークショーを盛り上げてもらいました。

そして、ロビーに出ると、
お客さんから上記のような声が次から次へと届いたのです。

嬉しい事に、他団体の空手の先生の顔もありました!
なんと、道場生や保護者の方々を10人近く連れてきていただいておりました。
前回のブログ同様、これも「意気に感じる」であります。
心から感謝いたします!

そして、妙に気になる人が一人いました。
年の頃は30才過ぎの男性、
「素晴らしい映画です。感動しました!」
といろいろと話しかけてきました。
しかし、小生があわただしくお客さんを見送っている姿を見て、遠慮されたのか、途中から頭を下げて会場を去って行かれました。
俳優さんのような気もするし・・・、
映画関係者のような気もするし・・・、
もし、このブログをご覧になって、ご自身だと思い当たる方がおられましたら、ご一報下さい。
話が出来なかった失礼を詫びたいと思っております。



未だ、被災地では、
30万人の人々が仮設住宅で不自由な生活を強いられたままであります。

その人たちに、この映画を届けたい!

しかし、観客数が伸びず・・・、
それも適いません。
観た人たちが、こんなに感動してくれているにも拘らず、
己れの力不足が・・・!

また、この映画は、
俳優・スタッフ・空手関係者・商店街関係者・知人・友人・兄弟・親戚・等々のボランティア協力を得て完成したものです。

感謝の気持ちだけで、
復興支援など、ほど遠く・・・、
情けない限り!

昨日のように沢山のお客さんに観ていただきたい!
観れば、感動を実感できます!
小生は、16日まで、毎日、劇場に詰めております。
待っております!


posted by 井上誠吾 at 08:22| 日記

2013年08月07日

意気に感じる!




人との交流で、何が嬉しいかといえば、
意気に感じる!

互いの中にある゛心意気の共鳴!
やる気・気骨・気概、を持って前向きに生きているからこそ、熱い情熱となって理解しあえる!

そんな話を浅野プロデューサーから聞きました。

浅野Pの友人で、某流派の、否・・・。
ここはあえて流派を伏せず、極真空手のО氏、と個人名だけを伏せさせて頂きます。
浅野Pは、
そのО氏に「リトルウイング」の映画の話はしたものの、
「極真の黒帯なので観には来ないだろうな」
と思っていたそうです。
しかし、何人か連れて映画館に来てくれたので相当に嬉しかった、と笑みを漏らしていました。

さらに、映画を見終わったあと、
「これから合宿があり、大幅に遅れて参加する」
との事。
忙しい中、駆けつけてくれたらしい。

浅野Pが申し訳なく思っていると、
「合宿は毎年あるけど、こういう素晴らしい映画はそうはない。ましてや空手をやっている者なら、合宿はさておき観に来たくなるもの。合宿と君を天秤にかけて君を選んだよ」
そう言うと、遅れを取り戻すかのように合宿先へと向かって行ったそうです。

浅野Pは、
「流派を越えて、空手普及と復興支援の映画ということを理解してくれたようです。大変感動しました」
と話していました。

意気に感じる、話です!

浅野PとО氏、お二人の間に友情と信頼があるからこそ、
意気に感じて、流派の垣根を越え、合宿を遅らせてまでも、観に来てくれたのでありましょう。

今、小生は毎朝、渋谷の映画館で舞台挨拶をしていますが、
時々、浅野Pと同じように、
「まさか、来ることはないだろう」
と思っていた人が来てくれた時の感動は筆舌に尽くしがたいものがあります。


人というもの、
心底から、理解しあえる人、信頼しあえる人が、
一人でも、二人でもいれば、幸せだと思う。
それは、
金や地位や名誉にかえがたい、
人としての珠玉の感動だ。
その数が多ければ多いほど、
人は心豊かになれる。


そんなことを思いながら、
今朝も、舞台挨拶に立ちます。
意気に感じる出会い、があることを祈りつつ!





posted by 井上誠吾 at 08:40| 日記

2013年08月05日

一般部合宿




8月3日・4日と、
一般部の合宿に行ってきました。
行き先は少年部の合宿と同じ尾瀬片品です。
宿泊場所も少年部の合宿から数分離れたところにある旅館です。

もう恒例となっている文星芸大付属高校の高校生たちとの合同合宿です。
中田裕市先生が指導する空手部の面々は実に爽やかです。
若さ、とは素晴らしい!

毎年、顔を合わせるたびに、
下級生だった子が上級生となり、
上級生だった子が酒を飲める年となるのを見ていると、
その成長に目を細めたくなります。

゛少年部の成長とは別の
゛大人へ向かう眩しいばかりの成長とでも言うか、
純朴であり、素直であり、逞しくもある輝き!

還暦を過ぎた者には、
見ているだけで元気を与えてくれる輝かしい存在です。
ありがとう!

一般部の方々も楽しめたのではないか、と思っております。
なにせ、一般部合宿といえば──、
広間で小生と朝方まで飲み明かす、というのが恒例でした。
しかし、
この2・3年は、年のせいか、徹夜で飲む、ということが体力的に出来なくなったのであります。
今回も12時を過ぎたので、
「一度、ここでお開きにして、飲みたい人は残って下さい」
というと、皆さん、三々五々、部屋に戻っていき・・・、
ん・・・?
気がつけば、残ったのは、小生一人だけ。

確かに、徹夜は辛いけど、もう少しはイケるぜ・・・。
二・三人くらいは残ると思ったのになぁ・・・。

寂しい〜ッ!

そういえば、今年はA木氏が仕事で参加していない。
A木氏が参加していたら、もう一時間ほど付き合ってくれたのではないか・・・などと思いつつ、
寂しさをつれづれに自分の部屋へと戻っていく。

しかし、お陰で、
毎年、酔拳状態で朝練を行っていたが、
今年は、スッキリと絶好調!

一般部合宿は、飲みニケーションも楽しみの一つですが、
徹夜で飲むのは御免蒙りたい、と思っている人が多いはず。
今年は、12時過ぎでお開き、が正解だったようです!

来年も、少年部ともども更に充実した合宿にすべく、企画を練っていきたい、と思っています!

合宿に参加した皆さん、
゛楽しくも厳しい合宿だったのではないか、と思っております。
来年もいい汗をかきましょう!
お疲れ様でした!



posted by 井上誠吾 at 08:55| 日記