2013年08月07日

意気に感じる!




人との交流で、何が嬉しいかといえば、
意気に感じる!

互いの中にある゛心意気の共鳴!
やる気・気骨・気概、を持って前向きに生きているからこそ、熱い情熱となって理解しあえる!

そんな話を浅野プロデューサーから聞きました。

浅野Pの友人で、某流派の、否・・・。
ここはあえて流派を伏せず、極真空手のО氏、と個人名だけを伏せさせて頂きます。
浅野Pは、
そのО氏に「リトルウイング」の映画の話はしたものの、
「極真の黒帯なので観には来ないだろうな」
と思っていたそうです。
しかし、何人か連れて映画館に来てくれたので相当に嬉しかった、と笑みを漏らしていました。

さらに、映画を見終わったあと、
「これから合宿があり、大幅に遅れて参加する」
との事。
忙しい中、駆けつけてくれたらしい。

浅野Pが申し訳なく思っていると、
「合宿は毎年あるけど、こういう素晴らしい映画はそうはない。ましてや空手をやっている者なら、合宿はさておき観に来たくなるもの。合宿と君を天秤にかけて君を選んだよ」
そう言うと、遅れを取り戻すかのように合宿先へと向かって行ったそうです。

浅野Pは、
「流派を越えて、空手普及と復興支援の映画ということを理解してくれたようです。大変感動しました」
と話していました。

意気に感じる、話です!

浅野PとО氏、お二人の間に友情と信頼があるからこそ、
意気に感じて、流派の垣根を越え、合宿を遅らせてまでも、観に来てくれたのでありましょう。

今、小生は毎朝、渋谷の映画館で舞台挨拶をしていますが、
時々、浅野Pと同じように、
「まさか、来ることはないだろう」
と思っていた人が来てくれた時の感動は筆舌に尽くしがたいものがあります。


人というもの、
心底から、理解しあえる人、信頼しあえる人が、
一人でも、二人でもいれば、幸せだと思う。
それは、
金や地位や名誉にかえがたい、
人としての珠玉の感動だ。
その数が多ければ多いほど、
人は心豊かになれる。


そんなことを思いながら、
今朝も、舞台挨拶に立ちます。
意気に感じる出会い、があることを祈りつつ!





posted by 井上誠吾 at 08:40| 日記