2013年09月30日

全福島県空手道大会




「オリンピックと繁栄」
を書く予定でしたが、昨日、大きな大会がありましたので、報告をさせて頂きます。

大会とは門馬智幸師範主催の全福島県空手道大会です。
北は北海道から、南は関西圏や北陸圏からも参加者が集いました。
門馬師範の指揮のもと、門馬道場の道場生の皆さんや少年部保護者の皆さんが大会スタッフとして、役割分担をしっかりと把握され、見事な運営でありました。

何かと門馬道場の方々とは顔を会わせる機会が多く、親しくさせていただいておりますが・・・、
それにしても、スタッフの仕事をされている間にも関わらず、小生の顔を見かけると駆け寄ってきては挨拶をされていく。
皆さんの礼儀正しさ・実直さ・素朴さは、人柄に現れており、見ているだけで心が和んできます。

それは今回、新津茂男代表率いる志優会の皆さんにも同様のことを感じました。
選手はもちろん、セコンドの方々も、小生のもとへ次々と来られ、挨拶をされていかれました。
失礼な話ですが・・・、
一瞬、門馬道場の方か志優会の方か、迷ってしまった時があり、それほど人柄が似通っておられます。
いや、同様に見えるのは、老いらくゆえの認識力の低下だ、と言われればそれまでのこと・・・、
門馬道場と志優会の皆さん方が素晴らしい人柄であることに間違いはありません。

それはW門馬師範と新津代表の人徳Wの賜物でしょう。
誠真会館の館長として、大変勉強になりました!

また今大会でも、
志優会の選手たちが大活躍をされたこと、
大変嬉しく思いました!


W勉強WとW嬉しさWといえば──、
今大会に出場した誠真会館の少年部からも教わりました。
五人の少年部が参加したのですが、
優勝が二人、三位が二人。
残る一人は大健闘の末、準決勝目前の四回戦で敗退。
と立派な戦績を残しました

特に三位に入賞したS君には感動させられました。
実は、大会会場に入った際に、緊張と恐怖から、すでに泣き顔になっていたのです。
それでも一つ一つ、試合に挑んでいき、
準決勝まで勝ちあがり、なんと対戦相手はいつも道場で稽古をしている仲間、誠真会館の道場生のH君。
このH君、各大会において負け知らずの連戦連勝中。
H君が優勝できなかったのは一学年上のクラスに出場させた時のみ、という猛者です。

S君にとって、H君との準決勝は恐怖の極み!
二人のご両親・道場生仲間・保護者の方々、が固唾を呑む中、静かに試合が進行。
やがて、
「どっちも頑張れ!」
とセコンドの声。
若干だが、S君への声援が多かったのは、判官贔屓か。
それにしてもS君、恐怖に打ち勝った!
道場で完膚なきまでにやられ、時には壁際まで追い込まれているH君に対し、真っ向から勝負をし、一歩も引くことなく、戦った!
5-0の判定で負けたものの、攻防の技といい、フットワークといい、道場で見せたことのない素晴らしい試合運びであった!

続いて、三位決定戦に挑んでいき、技ありを取っての勝利!
その顔からは、朝見せていた泣き顔はすっかりと消え、三位入賞の嬉しさに鼻の穴を膨らませていました。

時に、子供は急成長します。
ダメな子供なんて、どこにもいない。
やる気さえあれば、人は必ず成長する、ということをあらためて教えてくれました!

S君だけではなく、今大会に参加した五人の少年部は、それぞれが大健闘をしました!
そして、少年部の保護者の方々が自分の子供以外の子供たちを懸命になって応援するという、保護者間の交流が見えてきて、嬉しく思いました。

遠い福島の地まで、家族でやってきて、互いに応援しあう。
五人の子供たちは、そんな親御さんたちの姿を見て、人と人とのコミュニケーションの大切さを学び取ったに違いありません。

この大会の模様は、10月20日(日)午後4時25分から、30分番組で福島中央テレビ局で放送されます。
福島にお住まいの方はもちろん、知人・親戚の方がおられましたら、是非ともお知らせしていただければ嬉しく思います。

全福島大会に関係されたすべての皆さん、
お疲れ様でした!
福島の震災復興を祈りつつ、感謝の押忍!




posted by 井上誠吾 at 11:47| 日記