2013年11月30日

仁・おもいやりを忘れた日本人




誠真会館の道場理念に「仁」があります。

この「仁・おもいやり」の書道額が本部道場に先月まで掲げられていました。
10月までは「仁」を掲げ、11月からは「義」と続き、そして12月からは「礼」を、さらに順を追って「忠」「孝」「勇」「信」と掲げてまいります。
坂谷彦山九州本部長揮毫による既存の「初心」の文字と共に道場内でW凛とした空気Wを醸し出しています。
この「仁」〜「信」までの書を揮毫していただいたのは、
小生の故郷・福岡県宮若市の書道家であり、
手打ちうどん家 「余白」の女将さんでもある、
榎本芳江さんであります。

「余白」のうどん家は小生の実家の近くにあり、
テレビ朝日の「人生の楽園」で放送され、全国からうどんを食べにくるファンがいるという名物女将さんです。
小生も帰郷するたびに兄夫婦と共に伺っておりますが、
うどんといなり寿司が実に美味い!

店内には、女将さんの見事な書が展示されており、小生が感銘をしたことから──、
なんと「仁・おもいやり」「義・すじ道」「礼・人への敬い」「忠・人へのまごころ」「孝・人への善行」「勇・挫けないこころ」「信・欺かない生きかた」の文字を書いて送ってくださったというわけであります。
聞き及ぶところ、一度書いたものを気に入らない、と何回か書き直されてから、送っていただいたとのことです。 

心からの感謝、それに尽きます!

「おもてなし」が今年の流行語大賞の候補になっているようですが・・・、
女将さんの場合は「おもてなし」は当然のことであり、それ以上に、人が喜ぶことを思わずしてしまう、というもっと奥深い、ある種の「おもいやり」の精神にあふれているように感じております。

女将さんはこのブログもご覧になっているようなので、一言。
「女将さんのWおもいやりWをしっかりと受け止めました!
本当にありがとうございます!
12月に誠真会館九州大会がありますので、また美味しいうどんといなり寿司を食べさせて下さい!」

さて、それでは今回は、
「おもいやり」について、ひとり言、を思いつくままに呟かせて頂きます。




「仁」とは「おもいやり」と小生は捉えている。
日本人が世界に誇るべく美徳である!

残念ながら、フィリピンの台風災害では、
食料や物資が略奪されたり、我先に奪いあったり、殺人やレイプまでが横行しているらしい。

東日本大震災では、そんなことは一切なかった。
被災地では、
「互いに助け合う」
というWおもいやりWにあふれていた。

事実、福島県門馬道場では、門馬師範や先生方が、
道場の割れたガラス等々を片付け、いち早く近隣の被災した方々に宿泊場所として提供されている。
門馬師範自身の自宅が半壊している、にも拘らずである。

大震災で集まった義援金もまたWおもいやりWであった。
しかし、それを集めた国や日本赤十字の体たらくはWおもいやりWの欠片もないものだった。

そもそも国はWおもいやりWの使い方が間違っている。
例を挙げれば、米軍への「おもいやり予算」だ。
あの手の報道を耳にするたびに、あれは米軍へのWおもいやりWではなく、
WおもねりWになっているな、といつも毒づきたくなる。

思えば、子供の頃・・・つまり昭和30年代。
あの頃はまだ社会全体がWおもいやりWにあふれていたように思う。
どんなに貧しくても、心にゆとりがあって、自分さえ良ければいい、といった人間は少なかったように思う。

20才の頃、松本清張の小説「鬼畜」を読んだ。
当時は、親が子供を殺す、という余りにもおぞましい内容に衝撃を受け、言葉を失ってしまった。
しかし、今や親が子供を、子供が親を、殺す事件が頻繁に起こっている。
またか・・・と眉をしかめる程度の衝撃でしかなく、肉親までもが「おもいやり」を失いつつあるのが、悲しい現実である。

社会全体からWおもいやりWが欠落しつつある。
大震災や災害などの災いがなければWおもいやりWは生まれないのか・・・。
そうは思いたくない。
日本人にはWおもいやりWというあたたかい血が流れている筈である。

せめて、
誠真会館の道場からWおもいやりWをあふれさせたい。
そのためには、
「先ず隗より始めよ」
である。
小生自身が稽古に励み、道場生のためにWおもいやりWを込めた指導をする。
そして、そのWおもいやりWを受けた道場生が、家庭や隣近所や地域社会へとWおもいやりWを広げていき、善の連鎖となって社会全体に広がっていく。

そう強く願っている!




「おもいやり」から、このように呟きたくなりました。
誠真会館の道場生から、
WおもいやりWがあふれていくように、
今日も道場の稽古に向かいます。
押忍!




posted by 井上誠吾 at 11:36| 日記

2013年11月19日

勝者は自信に! 敗者は教訓に!




11月17日に、
日本空手連盟カップ・日本空手連盟交流試合、
両大会が無事に終了しました!

選手の皆さん、お疲れ様でした!
皆さん全員が全力を尽くして闘いを展開され、素晴らしい内容でした!
また少年部の保護者の皆さん、関係者の皆さん、
各団体の師範・先生方、
お疲れ様でした!

そして、大会スタッフ・審判の皆さん、
全参加選手たちが気持ちよく、思う存分に試合に臨むことが出来ました。
これは皆さん方のW縁の下の力持ちW的な働きがあったからこその成果であります。
心から、感謝いたします。
本当にありがとうございました!
お疲れ様でした!



大会の閉会の挨拶でも触れましたが、
勝者は、優勝した人のみ、一人しかいません。
あとは全員、敗北を喫したわけであります。

優勝した人は、
これを機に更なる自信をつけ、稽古に励んで下さい。

敗北した人は、
この悔しさを教訓にして、次へ向けての稽古に励んで下さい。

人はW闘うWという経験をすることが大切だと思います。
そこにはW痛い・辛い・怖い・苦しいWことが噴出し、それは即、自分自身の内面との闘いとなって襲い掛かってきます。
弱い自分から背を向けず、真正面から挑んでいく!
それこそが空手の大切な気構え・魂であります。

勝った人も、負けた人も、
試合で経験したことを、日常に活かして欲しい、と強く願っております。
少年部なら、勉強という場所に、
一般部なら、仕事という場所に、
前向きに日常生活のW闘いWの場で活かして欲しいのです。

空手という武道は、
日常に活かしてこそ、武道としての価値が発揮されます!




大会に関係されたすべての皆さん、
お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!
次回の大会へ向け、反省点を改善し、選手の皆さんが更に気持ちよく試合に臨めるよう努力してまいりたいと思っております!
感謝の押忍!




posted by 井上誠吾 at 10:47| 日記

2013年11月16日

気合を持って挑む!




明日、いよいよ日本空手連盟の大会であります!
なんと、選手の参加人数は過去最大の504名となりました。
これもひとえに、協力団体である志優会・新津代表はじめ、各参加団体の師範・先生方、そして、スタッフ・審判の皆さんのお陰であります。
こころから、感謝申し上げます!
そして、選手の皆さんは全力を尽くして闘って欲しい、と強く願っております!
以下、ひとり言です。




W気W──
これが勝敗を分ける。
気合のW気Wは、気持ちのW気Wである!

気持ちがなえてくると、
元気もなくなり、弱気になり、病気にもなる。
気持ちがみなぎってくると、
元気も出てきて、強気になって、勇気も生まれる。

あふれんばかりのW気Wの充実は、
凄まじい信念を生み、不可能な願いさえも成就する!

不可能を可能に変えた歴史上の人物の多くが、
自分を信じて、実現を信じて、
狂おしいまでに前向きに突き進み、目標を達成している!

自分の気持ち次第で、勝ちもすれば、負けもするのだ。

W気Wこそが、要である。
対戦する相手がW真の敵Wではない。
己れ自身のW弱気WこそがW最大の敵Wなのである!

すべては自分の心が作り出している。
相手が強く見えたり、弱く見えたりするのは、
相手がそう見せているのではなく、
自分が勝手にそう思い描いているだけのことである。

ならば、
自分にも出来る!
そう、思い描こう。

W気合Wを出し、
W勇気Wを振り絞り、
持てる能力をすべて発揮して、
真正面から、思う存分に闘って欲しい!




大会を前にして、そんなふうに思っております。

選手の皆さん、大健闘を祈っております!
応援する皆さん、よろしくお願いいたします!

そして、スタッフ・審判・各団体の師範・先生方、
選手の皆さんが思う存分に闘えるよう、
よろしくお願いいたします!
押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:18| 日記

2013年11月03日

先ずW挨拶Wより始めよ




このところ何かと所要や雑用に追われてしまい、ブログの更新が遅れました。
いつもご覧の方々には申し訳なく思っております。
それでも、こうしてご覧に来られているわけで、嬉しい限りであります。

さて、何から書こうか、と迷ってしまうのですが・・・
今回は「挨拶」をテーマに。

以下、ひとり言、であります。




挨拶ほど大切なものはない。
常日頃から少年部には、
「挨拶は、明るく元気よくするように」
と言っているのだが・・・、
時折、小声で元気のない挨拶をする子がいる。

ある子の場合は、スパーリングの稽古が怖いから、その心配が先に立って怖くて声も出ない、というもの。
これに対しては、
「やる前から余計な心配をするな」
と杞憂に終わらせることが出来るので良しとしよう。

また他にも、入門時は元気よく挨拶をしていたのに──、
初心を忘れてしまったり、
緊張感が薄れてしまったり、
惰性に流されてしまったり、
等々の理由で声が小さい子もいるが・・・これも良しとする。
その都度、注意をしていけば改善されるからだ。

問題なのは、中学生。
中学生にもなって、挨拶で注意されるのでは話にならない。

実は先日、中学生の稽古で挨拶について注意をした。
「背筋を伸ばして、きちんと挨拶をしろッ。挨拶されて嫌がる人なんか何処にもいないんだよ。挨拶が基本!」
さらに、言葉は激しくなり、
「空手を通して、恥ずかしくない生き方とか、心構えとかを身につけなきゃ、空手を習っている意味がないッ!」
と叱責へと変化。

しかし・・・、
今時、彼らは奇特な存在なのかもしれない、とも思う。

中学生という多感な時期に野球やサッカーではなく、
W空手という武道Wの稽古に励んでいるのだ。
野球やサッカーにあるゲーム性の楽しさなど空手には一切なく、あるのは、痛い・辛い・怖い・苦しいW稽古のみである。

その上に叱責されては、
「何が悲しくて生活指導されなきゃいけねぇんだよ」
と思っているかもしれない。
家庭で叱られることを体験していない子供たちには、
この厳しさの裏にある愛情を感じ取れないのかもしれない。

それでも、
厳しくすることで疎まれても構わない!
心地よいことだけを伝えるのが指導ではない!
と、心を鬼にして叱責をする。

彼らに望む。
痛い・辛い・怖い・苦しい稽古を乗り越えた者だけが知る
「達成感という至上の喜び」
を掴み取って欲しい、と!




そんなふうに思う今日この頃です、

10代から20代の自殺者が増加している日本です。
受験に失敗したからって
就職に失敗したからって、
会社にリストラされたからって、
自ら命を絶ったり、自暴自棄の犯罪に走らせるようなことがあってはなりません!

入門してきたからには厳しい稽古が待っています。
その稽古の中から、自分を見限ることなく、思い切って事に当たる精神を身につけて欲しい!

そのためにも、
「先ずW挨拶Wより始めよ」
であります。

それはそのまま、
「先ずW隗Wより始めよ」
で、小生自身が稽古に励むこと、でもあります。

押忍!




posted by 井上誠吾 at 12:19| 日記