2013年12月29日

九州第2回飛翔試合




誠真会館九州本部主催の飛翔試合が12月22日に開催されました。

帰京後、すぐにブログで報告しようとしたのですが・・・、
クリスマス会の準備・各道場の忘年会等々、連日連夜、何がしかの催事に追われ、あっという間に一週間が過ぎてしまいました。

本日も、各責任者との昼食会を終え、次の忘年会へ行く合間にこれを書いている状況でして、もし雑文になりましたら、お許し下さい。

そのような事情で、遅ればせながら──。
第2回飛翔試合に参加された選手の皆さん、スタッフ・審判の皆さん、お疲れ様でした!
各団体の師範・先生方、少年部保護者の皆さん、ご協力ご支援を頂き、ありがとうございました!

そして、主催者として大会準備を進めてこられた坂谷彦山先生、本当にお疲れ様でした!
大会を主催するということ自体が難事であり、その上に試合進行の監督から筆耕まで何役もこなされ、その働きに頭が下がりました。
心から、労をねぎらわせて頂きます。

そんな彦山先生に呼応するように、誠真会館九州本部の選手やスタッフ・審判の皆さんは大奮闘していました。
誠真会館の館長として、あらためて皆さんの働きに感謝すると共に心から労をねぎらわせて頂きます。

選手の皆さんは気合を込め、
全力を尽くした素晴らしい闘い内容でした!

大会終了後の挨拶でも、
「気合の気は、元気の気であり、元気があれば勇気が出る。
逆に、元気がなくなれば、弱気になり、病気になる」
と、申しましたが、
選手全員がそんな元気あふれる試合を展開していました。

さて、これは余談に近い話ですが・・・。
その挨拶の中で、小生の風邪、の話を持ち出しました。
「私は、普段は風邪をひかないように気を張っているけど、毎年、正月になると風邪をひきます。それは空手の指導がない、という気のゆるみから風邪をひいてしまうようです。そこで今年は、風邪をひかないように気合を入れます」
というようなことを話しました。

しかし、なんと・・・。
今、早くも、風邪をひきかけております。
皆さんの前であのように言った手前、ここはW気合を入れてW、今年の正月だけは風邪をひかないようにするぞ、と気を張っていきたいと思います。
どうなることやら・・・、
その結果は、後日のブログにて報告させて頂きます。

最後に、第2回飛翔試合では、
坂谷彦山先生はもちろんのこと、
桑岡隆太先生・町田勝先生・坂谷久之先生・坂谷朝男先生、
そして、一般道場生のスタッフ・審判の皆さん、
お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!

終了後は、
映画「リトルウイング」公開のお礼、次の公開のお願い、
等の用件で福岡の実家へ帰郷させて頂きましたが・・・、
桑岡先生には、加藤邦顕関東本部長を最後まで接待していただいたようで、心から感謝申し上げます。


あらためまして、
飛翔試合に関係されたすべての皆さんに、
感謝を込めて、押忍!




次回は、福岡の兄をはじめ、友人の方々と語った、
Wちょっといい話Wを書きたいと思っていますが・・・、
もうすぐ大晦日なので、その話は来年のどこかで、書かせて頂きます。
筑豊の人々や、
集団就職時代の人々には、涙を誘うかも。
乞うご期待を!





posted by 井上誠吾 at 15:35| 日記