2014年01月11日

スマホは賢いけど、使い手が賢くない?!




突然ですが、
小生、スマートホンに変えてから約一年が経ちます。
実は、この一年近く、どれほど、このWスマホWとやらに悩みに悩まされてきたことか・・・。

「スマート(賢い)」と言うけれど、
こいつは本当に「スマート(賢い)」なのか?
それとも使いこなせない小生がスマートではないのか?
おそらく、後者でありましょう。
小生の周辺でも多くの人たちが使いこなしているのですから、こんなに便利な機械はないのでしょう。

しかし、小生にとってはこんなに不便なものはありません。

先ず、閉口させられたのは、
「何度か電話をかけましたけど、通じませんでした」
との各団体の師範や先生方からの報告でした。
どうやら、電源が入っていなかったようです。

電源など切った覚えがないのに、勝手に切れていたのです。
師範や先生方には、深くお詫びをしましたが・・・、
お忙しい中、お手数にも何度もお電話を頂戴し、その上にご心配までおかけして、今でも大変申し訳なく思っております。

それだけではなく、
さらに使いこなせない問題が続出しました。

携帯電話なら、マナーモード時の着信点滅があるのに、スマホはマナーモード時に電話が掛かってきても分からない。
同様にメールの着信もスマホを開かない限り分からない。
つまり、先方への返信の電話やメールが遅れてしまうという事です。

まだあります。
勝手に見知らぬ人に電話をしていたとか、
寝ていて、勝手に友人に電話をしていたとか、
電話中なのに勝手に電源が切れるとか、
メールを打つ際、文字入力に失敗して時間がかかるとか、
時間をかけないためにメール用タッチペンを千数百円で買ったけど、なんと百円ショップで売っていたとか、
せっかく道場生のF森さんがフェイスブックを設定してくれたのに、使いこなせずに、ログインできなくなったりとか、
もう散々な目に遭いました。

すべては、小生が何がしかの画面を触って、そうしてしまっているのでしょう。
要は、小生が賢くない、という事なのです。

賢くないから、電話とメールしか使いこなせない。
それにも関わらず、基本料金だけは高く支払っている、という無駄遣いをしているのであります。

そこで、昨日、スマホを解約し、
シニア向け携帯電話に機種変更をしました!

変更してから、まだ24時間未満しか経っていませんが、
文字もデッカク、メールボタンも凹凸があって使いやすい。
なんだか、久々に古女房の良さを実感したかのような気分に浸っております。

ともあれ、
これで、電話をかけてこられた方々に迷惑をかけるようなことはないかと思います。
ほら、今も、
「電話が入ったよ」
と古女房がピカピカと点滅しております。

そのようなわけでして、
フェイスブックで数ヶ月でしたが、交流をしていただいた方々、
残念ながら、お別れとなります。
しかし、電話かメールをいただければ、間違いなく返信ができますので、よろしくお願い致します!






posted by 井上誠吾 at 12:22| 日記