2014年01月25日

個人的な見解のオハナシ




スマホからシニア用携帯に機種変更したものの、
これさえも使いこなせないのか・・・!?
と、自分に呆れ返っております。

何人かの方から電話やメールを頂いていたのに、まったく気が付かないでいました。
スマホからシニア携帯まで、重ね重ねご迷惑をおかけして申し訳ありません。
この場をお借りして、電話やメールが繋がらない、というお方には深くお詫び申し上げます!




都心を歩いている際───、
丁度、通りかかりにW犬がお父さんWの携帯ショップがあったので、女性店員さんに見てもらうと、
「故障している可能性があります」
「おいッ、買ったばかりなのに故障はないよ」
とツッコミたくなると、
「もしくは、登録しているものを一度すべて消して、設定をやり直す必要があるのかも知れません」
そんなニュアンスの説明をして店の奥へと入っていった。

こっちは時間がないんだから、早くしてほしいよなぁ・・・。
やがて、インカムで誰かと何やら話をしながら出てきたが、
「もう少々お待ち下さい」
と今度はW犬のお父さんWよろしくウロウロしている。

続いて、カウンター前の電話を取ると、スッと座り込んで何やら小声で話を始める。
相手はカスタマーセンターみたいな所なのか、どこなのか? 
誰と話しているかなど知る由もないが、こちらからは女性店員さんの頭部しか見えない。

それにしても、いつまでWお座りWしているんだい?
まるで、W犬のお父さんWからペロペロと顔をなめられているかのような姿勢のままで話しを続けている。
時間がないというのに、早くしてくれ!

小生の心の叫びに、女性店員さんがスッと立ち上がると、
なんと、W犬のお父さんWになっていた!

そんなCMもありかな、なんて想像していると・・・。

やがて、W犬のお父さんWが、
否、W女性店員さんWがスッと立ち上がり、
「お客様、やはり故障か、設定をやり直すか、ですね」
「おい、さんざん待たせておいて、結局はソコかよッ」

普通なら、そんなツッコミをしたくなる場面だが、
「そうですか、それじゃ今日は時間がないので、この携帯を買ったショップに持って行って見てもらいます」
と女性店員さんに微笑みかけ、気分よくショップを出た。

あれほど待たされて、なぜ気分が良いのか?
実は、その女性店員さんは、
W素朴で田舎者っぽい可愛い女性Wだったのである!
おそらく新人であろう。
仕事慣れしていないから、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしては、インカムや電話で専門的な指示を受けながら、小生みたいな初老客のとんちんかんな質問に誠実に応えようとしていたのではないか、と推測している。



そんなこんなで、
今日か明日にでも、機種変更した携帯ショップで、もう一度、何が原因なのか聞きに行きたいと思います。

なんだ、今回のブログは、
「素朴で田舎者っぽい可愛い女性なら、許す」
という話なのか?
と問われる御仁もおられるかと思いますが・・・、
その通りです。

たとえ今は仕事ができなくても、
W素朴で田舎者っぽい可愛い女性Wが一生懸命に働いていると、
「やがて君は、きっとW職場の華Wになる」
と応援したくなるという、
ごくごく個人的な見解のオハナシであります。

お後がよろしいようで!
失礼しました!






posted by 井上誠吾 at 11:26| 日記