2014年02月25日

人徳を身につけてこそ!




先日、フルコンタクト空手の世界チャンピオンである
塚本徳臣先生と会食をしました。

この席には、かつてから、
「一緒に食事をしましよう」
とお誘いしていた福島門馬道場の門馬智幸師範も同席をしていただきました。

三人の会話は空手界ことから時事問題まで、大いに盛り上がりました。

その中で、塚本先生が、
「心をきれいにしていなければ強くなれない」
と語られました。
会うたびに、何回も口にされてきた言葉ですが、
聞くたびに、塚本先生の純粋さを感じずにいられません。

世界チャンピオンになるまでの道のりは、
筆舌に尽くしがたいものがあったに違いありません。
艱難辛苦を乗り越え、鍛えに鍛え、戦いに戦った末に、辿り着いたのが・・・、
「心をきれいにしていなければ強くなれない」
という言葉だったのであろう、と推察いたしました。

なんと、含蓄のある言葉でありましょう!
塚本徳臣先生の名前にある「徳」の文字があればこそ、
の名言でありましょう!

そして、門馬師範が、
「桃李(とうり)もの言わざれども下(した)自(おのずか)ら蹊(みち)を成す」
と語られました。

小生、正直申しまして、
この言葉の意味が分からず、恥を忍んで・・・
「あの・・・もう一度言っていただけますか?」
と聞き返しました。
すると、
「つまり、とくはこならず、ですよ」
「はい?」
と失礼にも再度聞き返す始末。
すると、
門馬師範はおだやかに、
「とくは人徳の徳、こは孤独の孤、徳は孤ならず、です」
と説明を。

「徳は孤ならず」か!
やっと判りました!

つまり、
「桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す」
とは、
「徳は孤ならず」
と同じ様な意味合いである、と仰られたのです。

自宅に帰って調べると、
「桃李もの言わざれども───」
とは、
「桃や李(すもも)は何も言わないが、美しい花に魅かれて人が集まり、その下には自然に道ができるように、徳のある人には自然に人が集まる」
という意味でありました。

勉強になりました!

ん?
そういえば・・・、
「徳は孤ならず」
のあとに何かあった筈だぞ、と気になりました。

調べてみると、
「徳は孤ならず、必ず隣あり」
でありました。

実は、この言葉、誠真会館を創立したばかりの頃、
創立したばかりだというのに、
道場生が集まらず、さらに某空手団体からの圧力もあり、
小生自身、金銭的にも、人間関係的にも、四面楚歌状態で、追い詰められていた時期だったのであります。

そんな小生を見て、
ある空手団体の先生が、
「徳は孤ならず、必ず隣あり」
と励ましの年賀状を送ってくださいました。

古い年賀状を取り出し、
「徳は孤ならず、必ず隣あり」
の文字を眺めました。

この言葉を忘れていたとは・・・、
賀状を送って頂いた先生に対して、なんと失礼なことか!
そして、己れ自身が情けなく・・・。
あらためて、徳を積まねば、と自戒いたしました!

それにしても、このたびは勉強になりました!
そして、楽しいひと時でありました!
塚本徳臣先生、
門馬智之師範、
ありがとうございました!

感謝の押忍!




posted by 井上誠吾 at 10:06| 日記

2014年02月11日

被災地を忘れない!




先週末、九州・長崎での上映が無事に終了しました!

坂谷彦山先生・桑岡隆太先生・坂谷久之先生、
そして、受付係として支えて頂いた坂谷家の女性の方々、
皆さん方のボランティア精神に深く感謝します!
本当にありがとうございました!

さらに、当日、観に来ていただいた皆さん、
心より、感謝申し上げます!

上映後、今回もまた何人かの方々から、
「涙があふれました」
「後半はずっと泣いていました」
「こんなにいい映画だったんですね」
等々と話しかけられ、確かな手応えを感じました。

彦山先生からは、
会場費・機材費等の費用を引くとプラスにはならないけど、
チャリティー募金・約3万5千円の義援金が作れました、
との旨、報告が入っています。
あらためて彦山先生はじめとする皆さん方のボランティア精神に深く感謝する次第であります!

義援金として、多いとか少ないとか、金額の多寡ではなく、
Wあの映画を一緒に共鳴した方々の善意の表れWであり、
その善意は、
「日本人として、あの震災は忘れていませんよ」
との思いとなって被災地に届くに違いありません!

義援金は長崎新聞を通じて被災地へ届くように致します。
坂谷久之先生の友人が長崎新聞の記者であり、
「きちんと被災地へ届けるようにします」
との言葉も頂戴しております。

被災地は、まだまだ復興してはいません。
いまだに30万人近い人々が避難生活をされています。

「リトルウイング 3月の子供たち 」は、
脚本家として、
空手家として、
そして、日本人として、
W復興支援と空手普及Wを通して、忘れてはならない大切なことを全編に散りばめて完成させた作品であります。

この企画意図をご理解の上、
「映画を上映して、義援金を被災地に贈りたい」
という方がおられましたら、
是非とも、本部道場へご連絡を下さい。

日本中どこで上映しても構いません。
上映料・版権料、等々は一切いただくことなく、無料で作品をお貸しいたします。
しかし、
W義援金として贈って頂くことが目的W
です。

あなたのボランティア精神を被災地に届けて下さい!

ちなみに、
国や公的機関や日本赤十字社、等々に義援金を贈るのは、いかがなものかと・・・。
既に、報道されているのでご存知かと思いますが、
震災とは関係のない予算に回されたり、
不正使用されたりしますので、
ご注意を!

今回のように新聞社を経由したり、
直接、被災地の施設などにWタイガーマスクよろしく゛贈るほうが的確かと思います。

最後に、
長崎での映画上映に関係されたすべての皆さん、
本当にありがとうございました!
お疲れ様でした!

感謝の押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:23| 日記

2014年02月05日

長崎市で映画上映!



誠真会館九州本部が上映委員会となり、
映画「リトルウイング 3月の子供たち」を
長崎国際会議場ブリックホールにて、
今週末の2月8日(土)、
1回目 11:00〜 
2回目 14:00〜 
と上映いたします。

坂谷彦山九州本部長を中心にして、
桑岡隆太先生や坂谷久之先生方によって上映へ向けて精力的に活動が行われております。

この映画は、
東日本大震災の復興支援と空手普及を目的に製作したものです。

大震災が発生した時、
誠真会館でもボランティア活動や義援金活動を募りましょう、との声が上がりました。
しかし、
誠真会館の館長として、それを却下しました。

理由は、あの広大な被災地のどこに行って、何ができるというのか?
哀しいかな、空手団体としてW被災した人々に喜んでもらえるようなボランティア活動Wは何一つ思い浮かびませんでした。
そして、義援金ですが・・・、
空手団体として預かりたくはなかったので、個人で然るべき公的機関に送金してほしい、との旨を伝えました。
空手団体としては、ボランティア活動も義援金も行わず、それらは個人でやってほしい、と却下したのです。

小生自身、個人で福島県いわき市のボランティア活動に参加をしましたが・・・、
大震災の圧倒的な破壊力を前にして、個人の無力さを痛いほど思い知らされ、言葉を失ってしまいました。

以来・・・、
自分に何ができるのか?
あれこれと模索しながら、やっと辿り着いたのが・・・、
この映画でした。

大震災復興支援の映画です。
そして、空手普及の映画です。
多くの俳優やスタッフが、この企画に共鳴し、ボランティアで参加してくれたことから、映画は完成しました。
俳優の寺島進氏が、
「大震災後に、歌手がマイク一本で被災した人々を励ましているというのに、俳優の自分は何もできなかった。この映画に参加することで、少しでも被災した人々を励ますことができたら嬉しいです」
と俳優やスタッフの気持ちを代弁していました。

同様の思いで、坂谷彦山先生・桑岡隆太先生・坂谷久之先生方が上映へ向けて動いておられます。

九州方面の皆さん、
チケットはまだまた沢山あります。

小生も舞台挨拶をさせて頂きます。
そして、誠真会館九州本部の少年部の演武も披露すべく準備をしているようです。
九州方面の皆さん、この週末は、
是非とも、国際会議場ブリックホールにお越し頂き、
映画「リトルウイング 3月の子供たち」を
ご覧下さいませ!



posted by 井上誠吾 at 09:53| 日記

2014年02月01日

善因善果




少年部の稽古では事あるたびに、
「武・空手の稽古は勿論のこと、文・勉学にも励むこと」
つまり、文武両道を説いています。

特に、毎週土曜日の文武両道クラスでは、
親子で参加する護身術コーナーもあることから、
親御さん方にも、
「なぜ、文武両道が必要なのか?」
を理解していただこうと指導に努めております。

その文武両道クラスにて、
先週、文Wの指導として「善因善果」の話をした事から、
以下、思うままに述べたいと思います。





「善因善果」
と釈迦が説いている。
「よい行いをすれば、よい結果が返ってくる」
という説法である。

さらに「悪因悪果」、そして「自因自果」と続く。
「悪いことをすれば悪い結果を招く」「自分で行ったものは、自分に結果となって返ってくる」との事。
見事なまでに、簡素で解りやすい教えである。

少年部には、
「空手で強くなった分だけ、人に優しくしよう。弟とか妹とか、自分より小さい子に優しくしよう。それができたら、お父さんやお母さんや家族に、そして友だちに、と喜ばれることをしよう」
さらに、それができたら、
「隣近所とか、学校とか、親戚の家とか、いろんな場所で、人に喜ばれることをしよう」
と話しかけている。

しかし、案外、いざ実践するとなると、難しいものである!
一日一善、というが・・・、
その一善を実践している人がいれば尊敬に値する。

ま、しかし、堅苦しく考える必要はない。
子供は、Wよく学んで、よく食べていればW、充分に親を喜ばせているだろうし、
親もまたWよく学んで、よく働いていればW、充分に家族を喜ばせ、社会にも貢献しているであろう。

要は、
心根が善であれば、自然と「善因善果」を成している筈だ。

その心根を磨くのに、欠くことができないのが、
「文武両道」
という日本が誇るべく文化である!
そう確信している。



さて、
かくいう小生でありますが、
「少年部にしろ、一般部にしろ、指導している最中は、持てる全ての力を注ぎこんで道場生の皆さんに向き合うこと」
を第一と捉えております。
人は、
「善よりも悪に傾く」
と申します。

だからこそ、
生涯が、
空手の修行であり、
文武両道の実践でなければならない、と戒めております。

今日の土曜日、また文武両道クラスに全力を尽くします!
押忍!




posted by 井上誠吾 at 11:07| 日記