2014年06月27日

年老いた天使を想う



福島原発行動隊の山田恭暉名誉会長が、
17日の深夜に亡くなった、との連絡が入ってきた。

福島原発行動隊とは──、
3・11の大震災により、福島原発事故が発生したことから、翌月の4月に結成された奉仕団体である。
「若い作業員に被爆させないため、被曝の感受性が少ない高齢者が原発事故の収束作業をボランティアで行おう」
というものである。
小生も、その一員として結成した翌月の5月に登録している。

山田さんとは、結成して間もない頃、
新橋にある古い木造建物の二階に事務所が開設された時、差し入れを届けて、意見交換をさせていただいた。
それをきっかけに、国会の議員会館で行われる院内集会や、さらには電話でも、さまざまな意見を述べさせていただいた。( 詳しくは、「年老いた天使たち」と題して数回に分けてブログに書いているので、よろしければ検索を願いたい )

以前から、山田さんが病気であることは、ご本人から聞いてはいたが・・・、
志半ばにして、どれほど無念だったことか!
その無念さを嘲笑うかのように、政府も東電も対策を怠り、今なお放射能汚染は拡大し、問題は山積したままだ。

つい先日も、中間貯蔵施設をめぐって、
「最後は金目でしょ」
と石原発言で施設のある自治体を怒らせてしまったばかり。
そして昨日、電力9社が一斉に株主総会を開き、原発再稼働の方針を固めた。

この国のお偉いさんの頭の中はいったいどうなっているのか?
中間貯蔵施設問題が紛糾している中、
核のゴミの最終処分場も決まっていない、というのに、
原発を再稼働する!?

日本を核のゴミで汚染大国にしたいのか!

どこまで欲に走れば気が済むんだ、
W原子力ムラWの利権に貪り続ける悪魔たちよ!

某新聞が、
「原発のある自治体への交付金や負担金、事故コストなどの間接費、使用済み核燃料の処理や保管費、などは一部しか計算されておらず、国家ぐるみの粉飾決算がされている」
と経済学者の論説を載せていた。

別の新聞では、
「アベノミクスが多少の成果を上げているのは、金融緩和の影響もあるが、海外から物を買わないと円安にはならない。買ったのは石炭や石油などの火力発電の燃料。原発を停止して、火力発電の燃料輸入を増大させたことが日本経済が好調している原因である」
と載っていた。

つまり、原発ゼロのほうが経済が潤い、安全だというのだ。

W原子力ムラWに関わる人間たちは、
「原発を動かさないと、家庭の電気料金が上がる」
といっているが、
「原発を動かさないと、我々の権益が下がる」
というのが本音なのである。

亡くなった山田さんは、
福島原発では、400社以上の会社が利権を分け合うW多重下請け構造Wに問題がある、として、
そんなW原子力ムラWの利権にメスを入れようとしていた。

残り少ない命を、
社会奉仕するために燃やし続けた年老いた天使!
「年老いた」は失礼かも知れないが、
小生も還暦を過ぎており、W仲間Wということで許しを乞う。

年老いた天使は、
W原子力ムラWの悪魔たちと戦い、亡くなった。
しかし、
死後の世界では──
「天使は最強であり、悪魔たちが恐れをなす」
という。

年老いた天使に、合掌!


posted by 井上誠吾 at 11:48| 日記