2014年07月30日

子は宝!



少年部の合宿が終わった。
合宿先は、27日・28日と千葉の九十九里浜である。

合宿の目的は、
一つ・親元から離れ、自立心を生むこと。
二つ・上級生と下級生との交流で縦社会を体験すること。
三つ・都会から離れて、大自然を体感すること。
にある。

一つ目──
合宿では、自分のことは自分でやる事を厳しく伝えている。
例え、幼年部でも、稽古の仕度や部屋を出る時の忘れ物の確認など、班長や副班長に甘えることなく、自分でやらせている。

二つ目──
下級生が上級生の足枷にならないように行動し、
それを管理・指示する役目を班長・副班長等の上級生が担う。
昨今、失われつつある「長幼の序」を芽生えさせ、「縦社会」というものを経験させている。

三つ目──
大自然の中で稽古をして、「魚捕り」「いも掘り」「野菜狩り」「果物狩り」等々、自然の恵みを実感させる。

本来、三つ目の中に、「川遊びの飛び込み」「山遊びのターザン」などの危険な遊びも加えたいのであるが・・・、
これまで、合宿先の環境を視察しては、叶う場所がなく、残念ながら断念してきている。

今回も海辺ということもあり、
海に飛び込み、膝まで浸かって蹴りの稽古をしたり、と危険なこともW体感Wさせたかったが、遊泳禁止が多く、断念した。
常々、危険なことは道場の稽古でW体感Wしていることから、蓮沼ウォーターガーデンでの「プール遊び」を選択した。

さて合宿では、みんなの前で、
東伏見道場の油科勇斗(小4)にプレゼントを渡した。
その理由は──、
4月の型大会の終了後、
「一人の選手が自主的に周囲のゴミ拾いをしていた」
と愛知県の学習塾・桂野塾長より褒めて頂いたWあの選手Wだからである。

誰も観ていないところで、ゴミ拾いをする。
サッカーのワールドカップでは、
「試合終了後、サポーターがゴミ拾いをしていた」
と世界中から称賛されたが・・・、
油科勇斗は、そのようなニュースが流れる前から、人が見ていようが見ていまいが、黙々とゴミ拾いをしていたのである。

油科勇斗、素晴らしい!

それに引きかえ、本部の女子高学年は残念だった。
チェックアウトでホテルの部屋を出る際、
布団を敷き放しにしたまま退出してしまった。
「布団はキチンとたたんで、敷布は外して、出るように」
と前もって、注意をしていたのにも拘らずである。

実に残念であり、悲しい限りである!

合宿中は、木下先生から、
「本部の女子高学年は素晴らしいです」
と褒めて貰っていただけに・・・。

その褒めて貰った事とはWゲーム対戦W中のコメントで、
「誠真会館の先生からは、将来、何かに迷ったり、何かに困ったりした時に、悪いほうに行かないように、そして、どんな事でも乗り越えられるように、と指導して頂いています」
と答えたらしく、
「これには、一本勝ち、を上げました」
と木下先生が感心していただけに、残念でならない。

女子の高学年を呼んで、
「空手の稽古を通して、凛とした美しさの中に、礼儀作法を身につけてほしい」との旨を言って聞かせると、
素直に反省していた。
これを機会にして、
「強く、優しく、潔く、美しい女性に成長して欲しい!」
と願うばかりである。

子は宝!
合宿も、一つの成長の場である!

来年もまた、
「子供たちが厳しい中にも楽しめる!」
そんな合宿になるよう、
今年以上に、指導員たちがWゲームWやW試合対戦Wを考案してくれ、大奮闘してくれることを期待している。

少年部の皆さん、
そして、指導員の皆さん、
お疲れ様でした。
押忍!



追記。

それにしても、今回の合宿は忘れ物が多かった。
本部道場は二人のW忘れ物チャンピオンWが誕生し、
「ここまで連続して忘れ物すると、もう笑うしかない」
と加藤本部長を苦笑させていた。

しかし、あまり子供たちを責められたものではない。
先ず、かくいう小生からして、
常々、道場に持参すべきプリントを忘れたり、書類を忘れたり、そのたびに山内先生を苦笑させている。

実は今回、
W油科勇斗にプレゼントする拳サポーターW
も家に忘れてきていた。

そういえば、6・7年前の合宿では、
「ホテルに忘れ物するなよ」
と少年部には言っておいて、
小生が「ホテルに黒帯の忘れ物をする」という始末。

いやはや、
この「黒帯の忘れ物事件」こそ、書こうと思いつつ、
書くのを忘れたので、こうしてW追記Wしている滑稽なさま。

最近、人の名前もよく忘れるし・・・
小生もW忘れ物チャンピオンWの仲間入りだ!




posted by 井上誠吾 at 10:27| 日記

2014年07月26日

友達同士のケンカは、仲裁に入る・後編




前回の「武の国・日本」からの繋がりで書かせていただく。

マレーシア航空機撃墜事件は、
最悪の場合、世界大戦へ突入する危険性を孕んでいる。
「親ロシア派による誤爆」
である可能性が極めて高い中、各国の動きと思惑は──。

以下、なるべく平易な言い回しで書いてみた。




アメリカや西欧諸国は、、
「ロシアは真相解明に非協力的」「証拠隠蔽を図っている」
と責めたて、ロシアを孤立させようとしている。

かたやロシアは、
「ウクライナ軍と戦うための支援」
としてミサイルを親ロシア派へ与えたのに、
「まさか、民間機を撃墜する」
とは思いもしなかった。
ゆえに、
「ロシアは何も悪くない。ウクライナが悪い」
と潔くない。

一方、ウクライナは、
「親ロシア派をテロ組織に指定すべきだ」
と国連や西欧諸国に訴えている。

かく言う、ウクライナの大統領はチョコレート王で、
「チョコレートの品質が劣悪だとロシアから輸入禁止」
を告げられ、莫大な損失を受けた。
それ以来、西欧諸国へ急接近していった。

そもそもが、ウクライナという国は、
ソ連からの独立後、政治家が私腹を肥やし続け、汚職がまん延しており、ギリシャのように破たん寸前の国、なのである。

プーチン大統領は、そんな破たん寸前の国から、
「ロシア系住民を保護する」
と大義名分を立て、クリミアへ侵攻し、併合したものの、
ウクライナ東部に住むロシア系住民から、
「我々は保護してくれないのか」
との声があがった。
ウクライナ東部への侵攻は、ロシアの軍事力からして、クリミア侵攻と同様、たやすく制圧できた筈である。
しかし、プーチン大統領は、
「これ以上、世界から『独裁者』と批判されたくない」
との思いがある。
そこで、親ロシア派に対して、
「最低限の軍事支援を行うこと」
で、茶を濁してきた。

その軍事支援が、今回の悲劇を生むことになる。

ミサイルの扱いに精通していない親ロシア派が、
マレーシア航空機を軍用機とみて誤爆してしまったのだ!





このように、国家間の問題だというのに、
世界の指導者たちのW個人的で粗末な思惑Wが混在し、
「ウクライナ VS 親ロシア」の対立は、
「米国・西欧 VS ロシア」の対立へと発展し、更なる大きな戦争が危惧されている。

こんな事で大規模戦争に突入されては、各国の庶民たちは、
たまったものはない!

さて、日本は、どうする?
今こそ、武道・武士道精神を背景にすべきである!

あらためて、以下のW武の名言Wを書き留めたい。




「本当の勝利者は自分に克つ者で、
 私心をなくすことが必勝の条件である」

「高い地位を得るにしても、他人を踏み台にしたり、
 友人を売ってまで得たものは、勝利ではなく敗北である」

「敗れたる者を慈しみ、おごれる者を挫き、
 平和の道を立てること」

「惻隠の情。
W弱者をいたわる思いやりの心Wこそ、武の道である」

「自らを節すること厳しく、下位の者に仁慈を以てし、
 敵には憐みをかけ、私欲を忌み、公正を尊び、
 富貴よりも名誉を以て貴しとなす」

「負けるが勝ちであり、
 血を流さない勝利こそ最善の勝利である」




安倍さんが、ウクライナ問題について、
「欧米とロシアの間に入って仲介役になると表明した」
とのNHKのニュースは間違いであってほしくない。

マレーシア航空機撃墜事件により、
アメリカや西欧諸国がロシア叩きに走っても、
彼らと歩調を合わせる必要はない。

日本とロシアは今、友好な関係にある。
ゆえに、
「友達同士のケンカは、仲裁に入る」
であり、
世界で唯一W武の国・日本にしかできない平和Wを実現させるべきである!

先日の新聞に、
「モスクワのマレーシア大使館やオランダ大使館では、
ロシア人たちが『私たちを許して』と、マレーシア航空機撃墜事件の犠牲者を悼んで花を供える姿が絶えない」
との記事があった。
「為政者たちよ、この庶民のW人間愛Wを見よ」である!

最後に、上杉鷹山公の言葉を紹介したい。
「人民の為に立てた、君主であり、
 君主の為に立てた、人民ではない」

ますます、
「武は、戈(ほこ)を止める」
で、なければならないと思う、昨今である。

またしても、ナガク・クドクなってしまった。
このような問題になると言及したくなる癖があり、どうか、ご理解いただき、お許しを!
最後まで、読んでいただき嬉しい限り、
心より、感謝の押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:31| 日記

2014年07月22日

武の国・日本



前回、予告した、
「友達同士のケンカは、仲裁に入る・後編」
を書くべきところ・・・、
マレーシア航空機撃墜事件が発生したことで、
「武の国・日本」
と題して、書かせて頂く。

先週の木曜日(17日)、
「マレーシア航空機がミサイル攻撃を受け、ウクライナ東部に墜落した。欧米諸国は親ロシア派による犯行と断定している」

真相は、まだ解明されてはいないが、
いずれにせよ、何の罪もない乗客・乗員298人が犠牲になったのは間違いのない事実である!

戦争の犠牲者は、今、この瞬間でも増え続けている。
今日の新聞は、イスラエル軍の攻撃によるパレスチナ人の死者数が今月8日の作戦開始以来540人となった、と掲載。

なんと、おぞましいことか・・・!

世界の為政者たちは、
どこまで戦争や紛争を続ければ気が済むというのか! 

正しい戦争や紛争など、あるわけがない!




新渡戸稲造の「武士道」の中に、
「敗れたる者を慈しみ、
 おごれる者を挫き、
 平和の道を立てること」
とある。

また新渡戸稲造は「自警録」の中で、
「本当の勝利者は自分に克つ者で、
 私心をなくすことが必勝の条件である」
と書き記している。

そして、尊敬して止まない上杉鷹山公は、
「国家と人民のために立てられている君主であり、
 君主のために立てられている国家や人民ではない」

また武士の訓戒には、
「自らを節すること厳しく、
 下位の者に仁慈を以てし、
 敵には憐みをかけ、私欲を忌み、公正を尊び、
 富貴よりも名誉を以て貴しとなす」
とある。




武の国・日本には、数多くの名言がある。

今、世界を混乱させている指導者たちは、
これらの名言をどう捉えることができるのであろう。
おそらく・・・、
私心に走り過ぎ、理解など到底できないのではなかろうか。

戦争や紛争は、
庶民が起こしているのではない!
国の指導者たちが起こしているのである!

世界の指導者たちを見ていると、
その品格や見識を疑いたくなる人物が多いように思える。

新渡戸稲造は、
「成功者と称する者の中にも、はなはだ怪しげな道を歩んで現在の地位を得た者がいる」
「高い地位を得るにしても、他人を踏み台にしたり、友人を売ってまで得たものは、勝利ではなく敗北である」
と、こうも書き記している。

ここまで書いて、次回の
「友達同士のケンカは、仲裁に入る・後編」
へ繋げていきたい。




posted by 井上誠吾 at 11:13| 日記

2014年07月15日

友達同士のケンカは、仲裁に入る・前篇



本題に入る前に、
今朝の、NHKニュースと新聞記事、二つを紹介したい。

NHKニュースで、安倍首相は、
「ウクライナ問題について、欧米とロシアの間に入って仲介役になると表明した」
との事で、
「いいぞ、安倍さん!」
と喜んだものの。

続いて新聞記事で、昨日の衆院予算委員会で安倍首相は、
「中東・ホルムズ海峡の機雷による封鎖は、日本経済に打撃を与える、との理由で、政府の判断次第で、武力行使の範囲が広がる可能性を示した」
との事で、
「やっぱりな、安倍さん・・・」
と、落胆した。
「政府の判断次第で」という、時の政権へ委ねる危険性や、信用性のなさ、曖昧さ、等々もさる事ながら、
「武力行使の範囲が広がる可能性を示した」ことに、
W危惧する問題Wが孕んでいるのである!

それにしても・・・、
新聞には、NHKニュースの「欧米とロシアのW仲介役Wになる」との喜ばしい記事が見当たらない。

なぜだ・・・?
夢だったのか・・・?
「いつも、そういうことばかり考えてるから、夢でも見たんじゃないの?」
と妻が言うので・・・そうかも知れない、思う。

だが、まてよ・・・、
やっぱり、NHKニュースで見た記憶は鮮明にある!

気になるので、近くの図書館へ行って調べた。
大手各新聞をすべて斜め読みしていったが・・・、
「安倍さんの仲介役」の記事など、どこも載せていない。
残るは日経新聞のみだが、
この新聞だけは、先ほどから70才近い老人が離さずに見入っている・・・日経だから、外交記事は少ないだろう・・・と思いつつ、図書館を出た。

帰宅して、すぐにNHKに電話を入れて、
今朝のニュースで「安倍さんの仲介役」の放送があったかどうか、訊いてみた。

案内係の女性は、ご年配のようで、デヴィ夫人みたいな声で気だるく応対するので・・・大丈夫かな・・・と心配しつつ、以下を伝えた。
「ウクライナ問題では、日本が仲介役になるべきと思っていただけに、今朝のニューを見て、大変喜びしました。もしかしたら起き掛けで、勘違いをしたか、あるいは夢だったかも知れません。お手数ですが、調べて貰えませんか?」
すると、一転、Wデヴィ夫人Wが大奮闘してくれた。

なんとWデヴィ夫人W、軽やかな口調で、
朝の番組を手元のモニターか何かで確認しながら、
「今、放送された内容を確認しています。およそ、何時頃に、ご視聴されたのか分りますでしょうか?」
との事。
「7時前後、だったかと思います」
と答えると、その時間帯をすべてをチェックしてくれ、
「ありましたッ。7時7分頃に安倍首相がウクライナ問題を語り、仲介役、のテロップも確認できます」
素晴らしい、Wデヴィ夫人Wの働きぶり!
まさか、ここまで調べてくれるとは思いもしなかっただけに
Wデヴィ夫人Wに感謝の気持ちを伝えて、電話を切った。

ん・・・?
Wデヴィ夫人Wの話が長すぎたかな・・・!?
ともあれ、NHKには、
問題発言を繰り返す籾井会長みたいなトップもいれば、
Wデヴィ夫人Wのような素晴らしい職員もいる、
という報告をさせていただき、本題へと戻ろう。

しかし・・・残念!
もう、そろそろ、お後がよろしいようで・・・。

最後に、今朝のNHKニュースで、
「いいぞ、安倍さん!」
と喜んだW仲介役Wこそが、
「友達同士のケンカは、仲裁に入る」
という事に通じ、共鳴するものである。

アメリカが、国際警察の力を弱め、
ヨーロッパ各国も、経済危機で弱体化し、
中国だけが、我が物顔で大国化していく中、
否、やがて中国は経済破綻を迎える、であろう中、
日本は、
「世界や近隣諸国が、どのように変化しようとも、
 けっして、ブレることなく、
 武は戈(ほこ)を止めるべき」
である。
W戦争請負人Wではなく、
W戦争仲裁人Wになるべきである!

「武」の究極は「平和」である!
「和を以て貴しとなす」を世界に知らしめる役目が、
武の国・日本にある!



今朝の報道で、書く内容が変わってしまったので、
次回、再度、
「友達同士のケンカは、仲裁に入る」
の続きを書かせて頂く。


posted by 井上誠吾 at 13:12| 日記

2014年07月08日

日本国のケンカのあり方



前回のブログは、いろいろと反応があった。

知人からは、
@ 「中国が尖閣諸島に攻め込んだら、どうするんですか?」
また親しい友人からは、
A 「西沙諸島や南沙諸島で、中国の軍事介入が成功したら、日本のシーレーンは守れず、石油を輸入できなくなるよ」
さらに別の友人からは、
B 「中国や北朝鮮という身勝手な隣国がいる限り、抑止力として集団的自衛権は必要だと思いますが?」
と問いかけられた。

小生は右寄りでも左寄りでもない。
常にW武道哲学Wに照らし合わせて、世の中を見ている。

そこで、彼らには、あらかた以下の内容で返答をした。




「一つ  ケンカは、売られたら買う
 二つ  ケンカは、自分からは売らない
 三つ  友達同士のケンカは、仲裁に入る 」
これが一番わかりやすい。

中国が尖閣諸島に攻めてきたら、当然、戦う!
「一つ  ケンカは、売られたら買う」である。

政治家たちの「〜おそれ」は良くないだの、「明白な危険」は良いだの、言葉の言い廻しは、もう沢山である。
日本は戦後から「専守防衛」を貫いてきた国である。
つまり、
「攻撃されたら、反撃する」
それだけのこと!

そうした上で──、
@ の中国が尖閣に攻め込んだ場合は、日米安保の適用範囲であるから、日米が連携して中国に応戦する。
事実、これまで自衛隊と米軍は、尖閣を仮定して、離島奪還の合同軍事訓練を行ってきている。

自民党の国会議員が、
「北朝鮮から弾道ミサイルが発射された場合、標的が日本なのかアメリカなのか、迷っているうちに着弾してしまっては遅いから、集団的自衛権が必要なんです」
とテレビで言っていたが、
何をほざくか!
「日本だろうが、アメリカだろうが、方角が日本上空に向いていたら、専守防衛で、即刻、撃ち落とせ!」
とテレビ向かって叫んでいた。
何かにつけ、拡大解釈をする安倍政権なんだから、
「専守防衛を拡大解釈しろよ」
と言いたい。

A の西沙・南沙への中国軍事介入について──。
中国による西沙や南沙への身勝手な領有権主張を認めると、日本の原油輸送のシーレーンを奪われる恐れがある。
ゆえに、日本は、
「西沙や南沙への中国の軍事介入は絶対に許さない」
フィリピンやベトナムや東南アジ諸国と連携を取り、対中国の外交政策を強硬に打ち出していく。
それでも中国が軍事介入し、シーレーンを封鎖する暴挙に出た場合はW原油の届かない日本は死を意味するWので、
「ケンカは、売られたら買う」
米国をはじめ、東南アジ諸国と連携して、W応戦Wすべきである。

B 中国や北朝鮮に対して抑止力となるについて──。
確かに、集団的自衛権は中国や北朝鮮に対して、抑止力の効果を発揮するであろう。
しかし、「二つ  ケンカは、自分からは売らない」である。

その為に「専守防衛」と「有事法(侵略を受けた際に定める法律)」を拡大解釈する。
中国や北朝鮮に対して、
「絶対に日本への侵略を許さない」
軍事協力体制を米国との間で強化しつつ、
「侵略に対する軍事的なW有事W法案」
を作成すべきである。
そうすれば、特に中国に対しては大きな抑止力となる筈だ。

今回、何が問題なのかと言うと、
将来、「集団的自衛権」の名の下で、日本が戦争に加担する可能性がある、ということである。
安倍さんは「戦争にはならない」と否定しているが・・・、
何を根拠に断言できるのか・・・安倍さんの政治見識を疑いたくなる。

過去の例から見て、誰もが想像がつく。
アメリカは国際警察を自任して、さんざん世界各地の戦争や紛争に武力介入してきた国である。
しかし・・・湾岸やイラクの惨状を見よ!
「世界の警察官の役目を果たした」といえるであろうか?!

これから、湾岸やイラクで、
あるいは、イスラエルやパレスチナ、等々で、
さらに戦火が悪化していけば・・・一体、どうなる?
日本はアメリカのW戦争下請け人Wとなる可能性が非常に高いのである。

子供たちのために、
戦争だけは絶対に許してはいけない!

日本は「専守防衛」を貫いてきた。
「攻撃されたら、反撃する」
それで充分である!

そこで、三つめの、
「友達同士のケンカは、仲裁に入る」
これが、日本の大命題であり、大難題でもある!

しかし、それも、
武道・武士道精神に照らし合わせれば解決の道はある!





ここまで書いて、またナガク・シツコクなってしまった。
この三つめの、
「友達同士のケンカは、仲裁に入る」
については──、
次回へと繋げていきたい。


posted by 井上誠吾 at 10:09| 日記

2014年07月01日

一緒にケンカしよう、だと?!



今日、集団的自衛権の行使容認を閣議決定するらしい。

どんでもないことである!
友達から、
「あいつとケンカするから、一緒にケンカしてくれ」
と頼まれたら、
「分った、任せておけ」
と一緒になってケンカをするというのか!

分別ある人間なら、
「ちょっと待て、ケンカなんかするんじゃないよ」
と仲裁に入るであろう。

「個人のケンカ」を「国のケンカ」に置き換えると、
それは「戦争」となる。
アメリカという友人に「戦争」に誘われたら、
「一緒になって戦争する」
という法案が今日にでも閣議決定するのである。

このままでは日本の子供たちが戦争に巻き込まれてしまう。
なんとか、阻止しなければならない!

幸い、閣議決定したとしても、
国会審議を経なければ、法律としてはまだ成立に至らない。
さらに、
「地方議会で反対し、慎重な対応を求める動きが拡大中」
との報道もあるので、
国民の議論が沸騰し、その声を反映するような国会審議となること、を大いに期待したい!

徳川家康の言葉に、
「勝つことばかりを知り、負けることを知らなければ、害はその身に及ぶ」
とある。
アメリカは負け知らずの国である。ベトナム戦争は「名誉ある撤退」であり、負けとは認めていない。
湾岸、イラク、アフガン、と戦争を続けてきたアメリカ。
その結果、テロの標的として常に脅かされている。

まさに徳川家康いうところの「害はその身に及ぶ」である!

日本がWアメリカの戦争下請け人Wになってしまえば、
アメリカと同様にテロの標的となりうる!

オリンピック誘致で「世界一安全な国」と謳っていたが、
そうは、テロリストどもが許さない。
オリンピック会場は恰好のテロの標的となりうるのだ!

さらに、恐ろしいことがある。
全国各地にある原発54基を標的にされた場合である!
海辺に建設されている原発は、海から、簡単に攻撃をされてしまうが、どうやって防ぐというのか?

現にアメリカは、
「世界貿易センタービルに飛行機が突入する!」
という前代未聞のテロ攻撃を受けている。
日本の原発が、そうならない、とは誰が証明できる。

テロ対策の弱い日本など、赤子の手をひねるようなものだ。
そもそも日本政府も東京都も、オリンピック開催予算として、莫大なテロ対策費など計上してはいない。

新渡戸稲造の本の中に、
「一人の利益は万人の利益、
 一人の苦しみは万人の苦しみ、
 一人の喜びは万人の喜びと考えれば、
 世界は美しい調和に達する」
とあり、さらに、
「本当の勝利者は、自分に克つ者で、私心をなくすこと」
とある。

以前にも書いたが、
安倍さんは新渡戸稲造の爪の垢を煎じて飲むべし!
そして、
「和をもって尊しとなす」
W戦争を回避できる日本へWと外交力を磨くべきである!


posted by 井上誠吾 at 12:31| 日記