2014年08月29日

戦いすんで日が過ぎて・・・感動!



24日の日曜日は大会が重なった。
新極真ドリームカップと拳気道会ゲンキチャレンの大会。
大会には涙が付きもので、悔し涙あり、喜びの涙あり、感激の涙あり、といろいろな涙が会場のあちこちで見られる。

新極真の大会では悔し涙があった。
海外からも選手が参加する大きな大会だけに・・・誠真会館から参加した選手たちは緊張を隠せずにいたが、いざ試合となると、果敢に挑んでいった。

しかし・・・入賞者なし。
惜しむらくは、
「内容に勝って勝負に負けた」
と言える選手が二人いた。

されど、負けは負けである!
次回の試合では、油断をしないよう集中してほしい。

一方、拳気道会の大会では──、
誠真会館から数多くの優勝・準優勝・入賞者を輩出した!

その感動は、道場での優勝報告でも起こった。
ある少年部の言葉には、驚かされ、感心させられ、そして、感動させられた。

彼は、初級ながら上級クラスに出場しての優勝であった!
一回戦、二回戦と戦いの内容を詳細に報告していき、
勝ち上がった決勝戦では、茶帯の強い相手に対しても、
後ろ回し蹴りで「技あり」を取り、優勝!
「とても嬉しかったです」と素直な喜びを語った。
しかし、なんと最後に、
「道場生とか、保護者の方とか、沢山の人たちが僕のことを応援してくれていたことに気が付いて、それが一番嬉しくて、感動しました」
と、締めくくったのである。

これには、こちらのほうが感動させられた!
自分が優勝した喜びにW大はしゃぎWすることなく、
応援してくれた人々に感謝するW心根WがW武道の子Wだ!

春の型大会の際、
W会場でゴミ拾いをしていた油科勇斗W、と同様である。
勝つことは大事だが、何もそれがすべてではない!

その油科勇斗が所属する東伏見道場に、
彼がWゴミ拾いをしたご褒美Wの拳サポーターを合宿で渡し忘れていたので、届けに顔を出した。
その際──、
東伏見道場の少年部たちも、大会報告をしてくれた。
彼らのコメントにも、感心させられ、感動させられた!
試合内容・対戦相手の観察・自己分析、と素晴らしいコメントが続いたのである。

その素晴らしいコメントをした子たちを発表したいのだが、
枚数も限りがあるので控えさせて頂く。
しかし、あえて・・・、
一人だけ、この子だけは、発表しよう!
♪(ドラムロール)
W応援してくれた人々に感謝の気持ちを持った少年W
本部道場の三澤拓夢!

これからもW感謝する心Wを大切にして、頑張ってほしい!
拓夢は、最近ずっと勝ち続けているので、次はどんなコメントを残してくれるのか、今から楽しみである。
まさか、試合より、そっちのほうがプレッシャーかな?

いやいや、けっして、言葉を飾る必要はない!
試合中に、どう思ったか、どう感じたか、を素直に発表するだけで良いのだ。
人前で、堂々と自己表現ができるのも武道空手である!

飛翔する少年部に、応援の押忍!


posted by 井上誠吾 at 12:21| 日記