2014年09月27日

闘う福島県!



第10回全福島県大会に選手たちが参加してきた。

毎回、福島に足を運ぶたびに門馬道場の方々には頭が下がり、同時に勉強になっている。
これは門馬智幸師範の人望はもちろんのこと、先生方や保護者の方々の人柄のなせるわざだと思っている。

記念すべき第10回大会ということで、開会式では、
門馬道場の誕生から、今現在まで、この10年の歴史がスクリーンに流されていった。

その中で──、
あの大震災で被害を受けたにもかかわらず、
被災した人々に道場を提供したり、
震災10日後から稽古を再開し、道場生仲間の絆を深め、
一丸となって大震災と闘ってきた模様が流れされた。
そして、
映画「リトルウイング 3月の子供たち」への撮影協力の話も紹介されていた。

感慨深いものがあった・・・!
未だ、復興が遅々として進んでいない状況の中、
門馬道場の方々は、強く優しく、福島の地で闘っておられるのである!

映画の中のセリフで、
「空手で、もっともっと強くなって、それで福島を強くするの」
と門馬道場の円谷隆政くんに演じて貰ったが、
あの映画のまま、門馬道場は強くなり、
そして、隆政くん自身も益々強くなっていた!

現実の福島の地に、人間ドラマがあった!
その感動で、周囲を憚らず目頭が熱くなり、困ってしまった。

60才過ぎたころからか、どうも涙もろくなって困る。

式典では、加藤関東本部長の実母で、歌手の宇野ゆう子さんの歌声も披露された。
国旗掲揚で「君が代」を斉唱され、休憩時には、持ち歌の大ヒットアニメ「サザエさん」の歌を2曲を披露された。
息子の前で、そして会場に詰めかけた各団体・各道場の子供たちの前で、愛情込めて歌われる姿を見て、これまた目頭が熱くなった。

大石代悟師範も、目頭が熱くなった、と語っておられたが、
宇野ゆう子さんの歌声を聞いて、皆さんが喜ばれ、楽しまれたことも、また感動の出来事であった。

東日本大震災から、3年半が過ぎた今、
記念すべき第10回大会が過去最高の参加者の中、
盛大に開催され、見事なまでの進行で、無事に終了した。

門馬師範はじめ、スタッフとして活躍された先生方・保護者の方々、そして選手の皆さん、
第10回大会の開催、おめでとうございました!
そして、さまざまな感動をありがとうございました!

感謝の押忍!




posted by 井上誠吾 at 10:39| 日記