2014年10月25日

天知る・地知る・我知る・人知る



安倍内閣の閣僚たちの辞任が続いたかと思うと、
今度は、後任の新閣僚さえもキナ臭い状況に向かっている。

「天知る・地知る・我知る・人知る」
とのことわざがある。
「誰も知らないからと、自分たちだけの秘密にしても、天地の神々も自分も相手も知っているのだから、悪事や不正は必ず露見する」という意味。

要は、
「お天道様が見てるから、悪いことはしてはいけないよ」
と母親たちから言われてきたことである。
こんな簡単で、
幼稚園や小学生でも理解できることを
政治家たちは見事に、呆れるほどにW実証Wしてくれる。

昔は、
「末は博士か大臣か」
と言ったものだが・・・、
博士のほうはノーベル賞受賞の偉業が続出しているのに、
かたや大臣はといえば、
「あんな人になっちゃいけないよ」
という世の中の悪い見本に成り下がっている。

つくづく思う。
人は何のために生まれてきたのか?
人はどう生きていくべきなのか?

かくいう小生自身、自戒の念を込めていうなら、
「人のために生きて、社会に有益なことを成して死ぬ」
と確信している。
昨日よりも、今日の自分が人に喜ばれているか、
今日よりも、明日の自分が社会に役立っているか、
と常に自分に問い続けていく。

ある友人から、
「そんな絵にかいたような理想が実現する筈はない」
「心根の美しさだけで生きていける世の中じゃない」
と言われたことがあるが・・・、

友人の言葉は、自分の心の鏡、である。

もし・・・、
己れの中に、損得勘定があるなら「理想の実現」はなく、
「心根の美しさ」も消し飛んでしまい、自分の周辺は、欲や業にまみれた人間で埋め尽くされてしまうであろう。

そうならないために、空手の修行がある!

弱い自分、醜い自分、卑怯な自分、と真摯に向き合い、
どんなに悲惨で過酷な境遇に陥ろうとも、
「お天道様は見ている」
と強く信じて、
「人に喜ばれるような自分になる」
そうすれば・・・、
友人の言葉も、
「絵にかいたような理想が実現するんだ」
「心根の美しさで生きていける世の中なんだ」
と変わるに違いない!

生きていれば、
曇りもあれば、雨も降れば、台風もやってくる。
しかし、
雲の上には、いつも、お天道様が輝いている!

今日も修行、生涯が修行、である。
押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:37| 日記

2014年10月16日

夢を追い続ける!



先週来より、所用が続いて、ブログが遅れてしまった。
週一回のブログの更新を義務付けているのだけど・・・。

ブログを見て頂いている方から、
「大体、土曜日に更新されているから楽しみに見ています」
とありがたい言葉を頂いたことがある。
実は、土曜日と決めているわけではなく、その週内で書けば良いのに、追われ追われて、週末になってしまうのである。

時々、Wモラトリアム人間Wになったのか、と思うが、
違う・・・。
何かが、違う。
そういえば・・・。

かつて、人生の先輩方と、よく交流させて貰っていたが、
先輩方は会えば口々に、
「最近、体力が落ちたな」
「おれは、1日に一つ以上の仕事はできなくなったよ」
「日常生活にスピード感がなくなった」
「頭のキレもなくなった」
「下のキレもなくなった」
「下のキレって?」
「下キレって、おれの場合は・・・尿失禁だよ」
と自虐ネタで笑わせておられた。

あの呵々大笑されていた先輩たちのほとんどが・・・、
もうすでに、あの世に召されている。

自分が、60才を過ぎた今・・・。
確かに、あの先輩方の感は否めない。
されど!
70才・80才で闘っている先輩たちも健在である!

これから超高齢化社会へと突入する。
我々が元気を出さないで、この日本はどうなる?
「無責任に老害をさらすことなかれ」
と自戒の念を込めている。

日本には晩年に活躍をした素晴らしい先達がいる。
一人は、江戸時代の測量家・伊能忠敬。
56才から測量を開始して72才まで、日本中を歩き続け、執念で日本地図を完成させている。
そして、もう一人は、小説家・松本清張。
40代半ばから作家活動を開始して、82才の死ぬ間際まで執筆活動を続けて読者を魅了した。

実は小生、50才過ぎたころから、この二人のW晩年への活力あふれる生き方Wが気になって仕方なかった。
伊能忠敬や松本清張からすると、小生など鼻たれ小僧だ。
少々、スローモーになり、ブログも遅れたりするが・・・、
まだまだ、夢もあるし、生き甲斐もある!

夢、生き甲斐、それは言わずもがな空手である!
あれもやらねば、これもやらねば、とやりたいことが次から次へと湧きあがってきて始末に困る。
すべてが達成できるかどうかは分らない。
しかし、
夢を追い続けていくことだけは間違いない!

死んだ時が、あきらめる時。
つまり、死ぬ時がくるまで、夢を追い続ける!

謙虚に、
そして、すべてに感謝し、
万感の押忍!



さて、今夜、
その夢を追い続ける若者の作品がNHKで放送されます。

前々回のブログで紹介させて頂いた、
たかせしゅうほう演出の「ただいま会議中」です。

第3話 10/16(木)24:20〜24:45
決戦 10/23(木)24:20〜24:45
木曜深夜放送で、日付的には金曜日。
チャンネル  NHK Eテレ(2ch 教育テレビ)

番組の中で2つの「5分企画」が対戦し、
投票タイムがあり、どちらが面白いか、スマホやPCから投票ができるそうです。

よかったら、夢を追い続ける若者を応援して下さい!
実際に、応援したくなるほど、たかせの作品は面白いです!



posted by 井上誠吾 at 12:31| 日記

2014年10月04日

幸も不幸もすべてが自分!



60才過ぎてから、
同年代の友人・知人たち、あるいは先輩たちのW生き様Wというものが、気になるようになってきた。

どん底から這い上がり、成功している人。
可もなく不可もなく、ごく平凡に生きている人。
将来を嘱望されていたのに失墜し、自殺してしまった人。
そして、
豊かな人生経験を活かしつつ創作活動に没頭するものの、志なかばにして病死する人。

一人ひとり、それぞれのW生き様Wがあって然り。
ただ悔やまれるのは・・・、
「失墜し、自殺した人」や「志なかばに病死した人」を間近に見てきて、彼らに大した力添えになれなかった事・・・残念で仕方ない!

人生とは何だろう・・・?

生きていくからには、
そして、何かを成そうとするからには、
当然の如く、ありとあらゆる障害が襲いかかってくる。
ゆえに、こう思う。
「どんな時でも心配せず、
すべてに感謝し、すべてを肯定し、
我欲をなくし、善を尽くそう! 」
と!

「すべてを肯定」することは非常に難しい。
その辺のところは──、
2010年3月13日の「人の一生」、3月21日の「人の一生・その2」、4月26日の「感謝の気持ち」、
等々で書いているので、よろしければ見て頂きたい。

「すべてを肯定」といえば、
最近、ある先輩から良い話を聞いた。
「前向きとは、未来へ向かっている人であり、
 後ろ向きとは、過去へ向かっている人なんだよ」
なるほど!

人は、今を生きている。
それは、そのまま、未来へと向かって生きている!

過去の栄光にすがったり、
過去の失敗にとらわれたり、
何かと過去にこだわる人がいるが・・・不幸なことである。
脳科学の本に、
「不安や恐怖は過去の記憶が作りだしたもの」
とある。
ならば、「今生きていることを楽しめば良い」のである!

過去ではなく、
今のWこの瞬間WこそがW明るい未来Wを作っている、と自覚して、「すべてを受け入れよう」と気持ちを切り替えれば良いのである。
例え、怪我をしたり、病気になったとしても、
例え、人に裏切られたり、人に騙されたとしても、
例え、仕事がうまくいかず、借金を背負ったとしても、
これは、
「天(神・仏)が自分を試しているチャンス」
だと捉えて、
「必ず良くなる!」
と前向きに考え、すべてを肯定し、まるで劇的な人生でも楽しむかのように対処すれば必ずW明るい未来Wはやってくる!

そういうW前向きな精神Wを培うために武道空手がある!

今日も稽古に励もう!
すべてを肯定し、感謝の押忍!


posted by 井上誠吾 at 12:15| 日記

2014年10月02日

NHkを見て下さい!


小生が殺陣や空手を教えていた、
たかせしゅうほう、という生徒の作品が、
NHKで放送され、脚本・演出家としても出演しますので、
是非とも、ご視聴下さい!

今日、10/2(木)から4週連続で放送されます。

視聴者投票というものがあるらしく、
それで勝利すれば、12週連続になるとのことで、
視聴され、投票をお願い出来れば嬉しく思います。
下記、番組の詳細です。

番組名「青山ワンセグ開発」

企画名「ただいま会議中」

<出演>
峯岸みなみ(AKB48)
うしろシティ、他

<脚本・演出>
たかせしゅうほう

日時(4週連続)

第1話 10/2(木)24:20〜24:45
第2話 10/9(木)24:20〜24:45
第3話 10/16(木)24:20〜24:45
決戦 10/23(木)24:20〜24:45

※木曜深夜放送で、日付的には金曜日です。
チャンネル  NHK Eテレ(2ch 教育テレビ)

番組の中で2つの「5分企画」が対戦し、
投票タイムがあり、どちらが面白いか、スマホやPCから投票ができるそうです。

たかせの企画は、「ただいま会議中」といものです。

4週終わって得票数が多い方が決勝ラウンドに進み、
そこでも勝利すれば12週レギュラー化となるそうです。

皆さんから、あたたかい応援を頂ければ、
たかせも益々創作意欲を燃やし、ご期待に添えるよう奮闘することと思います。
どうか、よろしくお願いいたします!



posted by 井上誠吾 at 12:25| 日記