2015年08月29日

本音について




何かと所用に追われている。

このところブログの更新が遅れ、
心配の声も届いており・・・申し訳ない限りである。

今日も所用で昼過ぎまで出かけていた。
しかし、これ以上のブログ更新の遅れは良くない。
「毎週土曜は更新日」と思っておられる方もいるほどである。
「なんとしても書くぞ」
と外出先から急いで戻ってきて、パソコンに向かっている。

しかし・・・書けない!

否、
書きたいことが山ほどあるのだが・・・、
どうも、W気軽Wに書けない。

W気軽Wに「本音をぽろり」と書こう、
と、2015年3月2日から新ブログを開始したのだが・・・。

当初は三日にあげず書いていた。
今、読み返しても・・・、
気軽過ぎるものから、一転して、気難しいものまであり、
試行錯誤していることが伺える。

そこで、今日は、その辺の事情を書き進めてみたい。

このブログは、様々な立場の方々が見ておられる。
空手に関わる方々はもちろんのことである。
そして、空手とは無関係の方々も見ておられる。
さらには、
教育関係、医学関係、政治関係、公務員関係、芸能関係、
小生が知る限りでも多士済々の顔が思い浮かんでくる。

それらの方々、すべてに伝わるように書く、となれば、
どうしても、日和見主義的な凡庸なものになってしまう。

それでなくても、知人の企業家にいわせると、
「まぁ、普通だね。もっと核心を突くほうがいいと思う」
と過激さを煽られる。
その反面、親しい関係者に言わせると、
「これ以上、特定したり断定したりの表現は避けたほうがいい」
と過激さを鎮められる。

どちらも正しい、と思っているのだが・・・。

もし、である。
究極の二者択一を迫られるならば、
前者の、「もっと核心を突く」ほうを選ぶであろう。

しかし、過激な物言いでは、
誠真会館の長として問題発言となるのは必至!

ま、過激さは、よしとはしないが・・・、
W切れ味の鋭さWは必要である!

その辺のさじ加減が難しく、
Wいまだ本音をぽろり足りえずW
の状況なのである。

ただ、言える事がある。
今、こうして、
「気軽に書けない」
という事を正直に書いているWこの内容Wこそ、
「本音をぽろり」
であることは間違いない。

W切れ味の鋭さWで、本音を書いていきたい!
まだまだ試行錯誤を重ねていくのかもしれないが・・・、
どうか、お付き合い願いたい。
押忍!





posted by 井上誠吾 at 13:51| 日記